タバコを断る図

禁煙したい人必見!CBDがタバコを止める鍵

さっそくですが、あなたはタバコをやめたいですか?最近は、法律や条例によって、街中で喫煙することができなくなりました。また、さまざまな医学的研究で喫煙の恐ろしさも明らかになっています。

そのような世の中の流れから、禁煙を始めた人もいるでしょう。禁煙外来に通う、禁煙パッチを使うなど禁煙を試みた人も多いかと思います。しかし、タバコは中毒性が強く、なかなかやめられるものではありません。

「色々試したけど、結局タバコをやめられなかった…。」と悩んでいる人が多いのではないでしょうか。そんな人にはCBDが助けになるかもしれません。近年の研究で、CBDが禁煙に効果があることがわかってきました。

CBDを使うと、タバコを吸いたくなる衝動を抑えてくれる可能性があります。あなたもCBDを使えば、長年苦しんでいた禁煙にあっさり成功してしまうかも。今回は、CBDの禁煙効果についてまとめてみます。

大麻とジョイントとCBDオイル

2013年のAddictive Behaviorsジャーナルにて発表された研究では、CBD吸入器を与えた喫煙者とプラセボを与えた喫煙者を比較してみました。その結果、CBD吸入器を与えた喫煙者のタバコ消費量は、プラセボを与えた喫煙者よりも約40%も減少することがわかりました。残念ながら、その研究では、CBDが喫煙者にどのように作用して禁煙を促したかのメカニズムを解明することができませんでした。

しかし、University College Londonの学生であるChandni Hindochaはこの研究に目をつけて、さらなる研究を行いました。その研究を行う前に彼は、CBDのこの働きのメカニズムについて、以下のような仮説を立てました。

「喫煙者は、なんらかのきっかけ(店でタバコを見かけた、喫煙シーンをTVで見た)でタバコを吸いたくなる衝動に駆られることがある。これは、タバコに自然と注意を向けてしまって起こるもの。CBDはこの注意力に作用しているのではないか?」

このような仮説から、Hindochaは次の研究を行いました。

CBDはタバコに対する注意力を下げる働きがある

煙草

Hindochaの新しい研究では、30人の喫煙者に一晩喫煙をやめてもらい、800ミリグラムのCBDを摂取した場合と摂取しない場合の差を調査しました。そして研究者らは、喫煙者の注意力を測定しながら、喫煙者にタバコをテーマにした写真とそれ以外の写真が混在している写真集を見せました。

その結果、CBDを摂取しなかった喫煙者は、CBDを与えた喫煙者よりもタバコをテーマにした写真に注意を向けていました。やはり喫煙者のタバコに対する注意力にCBDは、作用するようです。しかし、CBDは、タバコに対する欲求や禁断症状などに影響は与えませんでした。

要するにタバコに対する注意力のみを抑えるということです。CBDと禁煙の効果は、まだ具体的なメカニズムがわかっていないため、現在でも研究が進められています。

日本でCBDを使えるのか?

CBDオイル

CBDは、大麻から抽出される成分ですが、THCのようにハイになる効果はありません。そのため、日本でも販売が許可されており、誰でも購入が可能になっています。秋葉原などに行くと、CBDリキッドと呼ばれる液体のCBDを販売しているお店が数多くあります。

CBDリキッドは、直接摂取するのではなく、VAPEと呼ばれる電子タバコに入れて電気の力で気化させます。その時に発生した水蒸気を吸って、タバコのように楽しむのです。CBDリキッドはチョコレート、タバコ、オレンジ、アップルなど数えきれないほどの種類があります。

CBDリキッドは禁煙に効果的で、ストレスなく禁煙することができます。その理由をいくつかあげていきます。

理由①:ニコチンやタールが含まれていない

多くのCBDリキッドには依存性がある成分であるニコチンやタールなどが含まれていません。そのため、タバコのように依存性になることはなく、VAPEの利用回数を増やせば自然と喫煙回数が減っていき、そのままタバコをやめることができます。

理由②:タバコの禁断症状を抑える

喫煙をやめてしまうと、禁断症状が現れます。タバコの禁断症状としてよく起こるのが「不安感」。それに耐えきれず、再度喫煙してしまう人も多いです。CBDは、不安を抑える効果があります。そのため、CBDを摂取することでタバコの禁断症状を抑えることができます。

理由③:ストレスの緩和

喫煙者は、仕事やプライベートなどのストレスをタバコによって解消していました。しかし、そのストレス解消は、ニコチンによるまやかしのようなものです。禁煙すると、その禁断症状によってさらに大きなストレスがかかってしまいます。

CBDならばそのような心配はありません。ヒトはECS(エンド・カンナビノイド・システム)という身体調節機能があり、感情抑制や免疫調整などさまざまなことをECSで調節しています。ストレスがかかると、ECSの働きが弱くなって、イライラや不安などが起こってしまいます。

そんな時にCBDを摂取すると、ECSの働きが戻り、イライラや不安が解消されます。また、CBDは、神経興奮を抑えるので、リラックス効果もあります。よって、CBDは、身体の調子を取り戻し、日々のストレスも解消してくれます。

[関連記事]何かと大麻と比較される、社会、人体に最も悪影響を与えている「アルコール」という「薬物」