• CBD
  • CBDについての最新注目情報を配信します。All you need to know about CBD.
  • HOME
  • 記事
  • CBD
  • 【CBDワックス人気おすすめ商品ランキングTOP6】高濃度のCBDを摂取したいならCBDワックスで決まり!
CBDワックスランキング

【CBDワックス人気おすすめ商品ランキングTOP6】高濃度のCBDを摂取したいならCBDワックスで決まり!

不眠解消やリラックス効果が高められると、近年世界中から注目されている大麻の主成分CBDには、CBDワックスと呼ばれるものがあります。

日本で発売しているものはあまり多くありませんが、とても人気の高い商品です。

人気の秘密はどんなところなのか、おすすめポイントと併せてみていきましょう。

CBDワックスとは?

 CBDワックスは、CBDオイルCBDリキッドと比べて粘り気があります。また、見た目はCBDオイルやCBDリキッドと大差ありません。

CBDワックスの最大の特徴は、他のCBD製品と比較しても圧倒的に濃度が高いことで、発売しているCBDワックスのほとんどが濃度50%以上の商品です。

成分にCBDしか入っていないアイソレートは比較的濃度が高い傾向にありますが、他の成分も入っていて濃度が高い商品はとても稀です。

実際にCBDワックスのほとんどが、他の成分が入っているブロードスペクトラムかフルスペクトラムになっています。

高濃度ではありますが、CBDワックスの価格は他の形態と比較しても高すぎるということはなく、費用対効果が高い傾向にあるのでコスパの高いCBD製品を求めている人には、特におすすめです。

CBDワックスがおすすめな理由

CBDワックスには他のCBD製品ではあまりみられない、おすすめのポイントがあります。それぞれの特徴と併せてみていきましょう。

高濃度なCBD 

前述のように高濃度CBDの製品が多くあります。CBDアイソレート以外でここまでの濃度は類をみません。

高濃度CBDは、勢い良くCBDを吸引するとむせることがありますが、ゆっくり吸えばむせずに少量で大きな満足感を感じられるのです。

しかし、CBD初心者には刺激が強く感じてしまうこともあるため、少しずつ試してみるのがおすすめ。

さまざまなフレーバーがある

CBD自体には特有の苦味があり、慣れるまでは少し辛い人もいるかもしれません。特にCBDオイルはCBDの風味をそのまま感じる商品なので、風味が苦手な人は摂取し続けることが難しい人もいるでしょう。

そのような人に特におすすめしたいポイントが、フレーバーがたくさんあることです。マンゴーや柑橘類がベースとなったフルーツフレーバーや、すっきりしたい人に向けたミントフレーバーなど馴染みのあるフレーバーがほとんど。

自分の好きなフレーバーでCBDを楽しむことができるため、よりリラックス気分で楽しめます。

スターターセットがある

CBDワックスには、気化吸引ができる専用機器とCBDワックスがセットになったお得なスターターセットがあります。

セットの場合はヴェポライザーやコイル、CBDワックスを取るための匙などひとつひとつ購入する必要はありません。必要な道具は全て入っているので、届いたらスイッチを入れて吸うだけでOKです。

同じ喫煙タイプのCBDリキッドでは、カートリッジタイプと使い切りタイプがメジャーで、それぞれ汎用性はあまりありません。

しかし、CBDワックスのスターターセットに入っているヴェポライザーは、どのCBDワックスにも使えます。そのため、スターターセットのCBDワックスが終わった後でも使用できるため、無駄になりません。

摂取方法

CBDワックスの摂取方法は3つあります。他のCBD形状では摂取方法は1種であることが多く、摂取方法を選べる形態はあまりありません。

摂取方法により効果を感じられるまでのスピードや効果の持続時間が異なるため、自分の求めている効果に合わせて選ぶことをおすすめします。

気化吸引 

専用の機器にCBDワックスをセットして、熱を加えたときにでる水蒸気を吸引する方法です。

吸い方のポイントは、しっかりと肺に溜めてから鼻から吐き出すこと。そうすることで肺にある毛細血管から直接吸収させると同時に、鼻の粘膜からも吸収でき即効性があります。

効果がでるまでの時間が2~15分までと速い分、持続時間も2~4時間と短めですが集中力を高めたいときや、心を落ち着けたいときにおすすめです。

経皮吸収 

効果を出したい部分に直接塗る方法です。CBD特有の風味が苦手な人や、CBDを口から摂取することに抵抗がある人におすすめ。

ただし、少しベタつくのでCBDワックスを塗った後に、パウダーなどを叩くと良いでしょう。

また皮膚にあるカンナビノイド受容体に直接作用する方法のため、血管内にCBDは入り込みません。

そのため、全身には回らず効果は局所的です。ただ、塗布した患部へ届く割合は高く、塗布した分だけ効果を感じられるといわれています。

効果を感じるまで15~30分で効果の持続時間も5~8時間と長いため、筋肉痛や関節痛といった局所的な痛みにおすすめです。

舌下摂取

 CBD製品の摂取方法の中で一番メジャーな摂取方法です。舌の裏にCBDを垂らしてしばらくそのままにしておいた後、飲み込みます。

すぐに飲み込まず舌の裏におくことで、舌の裏にある血管からCBDを吸収させ、全身に届きやすくなるのです。また血管へ直接届けるため、効果がでるまでの時間も比較的早く15~30分程度。

しかし、普通に口に入れてから飲み込む経口摂取や前述の気化吸引と異なり、内蔵を経由する量が少量で摂取量のほとんどが分解されずに体内に残るため、効果の持続時間も長く4~6時間といわれています。

深い睡眠を得たいときや、毎日継続して摂取する人に向いている摂取方法です。

CBDワックスは2種類

 CBDワックスの種類は大きく分けて2種類あります。効果は変わりませんが、摂取方法が少し異なるので購入の際の参考にしてください。

ジェル

 CBDワックスで一番売られているのは、ジェルタイプです。見た目はCBDオイルのように濃い茶色で、CBDオイルよりも粘り気があります。

摂取方法は、前述の3種類全てに対応可能ですがCBDが入っている容器によっては液漏れがしてしまうことも…。

そのため、持ち運びには適していません。

固形 

結晶状のCBDワックスです。熱をかけると溶けますが、ジェルよりも粘り気は少なめ。ジェル状のものと区別するために、「CBDシャッター」と呼ばれることもあります。

主な摂取方法は気化吸引で、好きな大きさに砕いて専用の機器にセットすればOKです。熱を加えることで溶け、通常の気化吸引と同様に吸引することが可能。

また、固形なため液漏れが起きず、持ち運びに適しています。しかし、固形の状態では摂取方法が気化吸引に限られるというデメリットも。

経皮吸収や舌下摂取をおこないたい場合は、固形ではなくジェル状のCBDワックスを選ぶようにしてください。

喫煙場所について

2018年7月に健康増進法が改正されたことにより、制限される喫煙場所の範囲が広くなりました。

CBDは水蒸気を吸うものになりますが、喫煙になるのでしょうか?

答えは「いいえ」です。ニコチンやタールなどの有害物質が含まれないため、路上で吸ったところで喫煙扱いにはならず、健康増進法違反にはなりません。

ただし、見た目が喫煙しているように見えてしまったりするなど心証が悪く喫煙場所は限られます。特にJRの駅は、CBDなどのヴェポライザーで吸うものも禁止されているところもあるのです。

そのため、電子タバコや葉巻タバコと同じように喫煙所で吸うことをおすすめします。

注意点 

CBDワックスを使用する上で注意した方が良い点が3つあります。

抽出方法について 

日本で販売しているCBDは、アメリカ食品薬品局(FDA)にて認められた超臨界二酸化炭素抽出法もしくは、安全で比較的安価にできるエタノール抽出法で抽出したCBDを使用しています。

どちらの抽出方法も安全性が高く安心して摂取できますが、海外製のCBDにはBHO抽出法という抽出方法が使用されている可能性があるのです。BHO抽出法は、炭化水素であるブタンを使用しています。

ブタン自体には毒性がないといわれることが多い一方、依存性があるともいわれているため取らないに越したことはありません。

BHO抽出法で抽出されたCBDを使用している場合、ブタンが残っている可能性もあり、身体に害になる恐れがあります。

今はまだBHO抽出法で抽出したCBDは輸入されていませんが、昨今CBDの人気は高まっているため、今後さらに多くの海外製CBDが輸入されるでしょう。

その際に、抽出方法についてもよく確認をして選ぶことをおすすめします。

保管場所について 

CBDは熱に弱い性質があります。高温にかけないようにすることはもちろん、直射日光にも当たらないように注意して保管してください。

また、直射日光や蛍光灯の光などに当て続けると変色する可能性もあります。成分には特に影響がないといわれていますが、こちらも避けた方が良いでしょう。

冷やしてはいけない

ジェルタイプのCBDワックスは、冷えると固まります。そのため冷蔵庫には入れず、室温で保管するようにしてください。

もし固まってしまった場合は、湯煎にかけると溶けて元どおりになります。また湯煎にかけるときは、沸騰する手前でとろ火程度にしCBDワックスを容器ごといれればOKです。

しかし、前述の通りCBDは高温に弱いため、温度管理には十分注意をしてください。

おすすめCBDワックスランキング

ここでは、CBDワックス製品の中でもおすすめのものを紹介します。 

6位:アステカ CBDワックス 

イギリスのCBDブランドで、イギリスで初めてフルスペクトラム製法を導入しました。どの商品も高濃度でフレーバーの種類が多いのが特徴です。

抽出方法には、超臨界二酸化炭素抽出法を使用。大麻草を育てる土壌からオーガニックにこだわっていて、ヨーロッパでは一番人気のCBDブランドとなっています。

フレーバーは、爽やかな味が特徴のスキトルズや、甘い香りのジェラートなど、そのときの気分に併せやすい6種類です。

テルペンが含まれているブロードスペクトラム処方で、少量でもCBDの効果を感じられるため、初心者にもおすすめ!

CBD含有率

90%

価格

9,800円

内容量

1g

CBDの種類

ブロードスペクトラム

CBDワックスの形態

固形

フレーバー

オージークッシュ、スキトルズ、スーパーレモンヘイズ、グランドダディーパープル、ジェラート、マンゴークッシュ

5位:アステカ CBDワックス ヴェポライザーセット 

CBDワックスとヴェポライザーがセットになった商品です。同梱のヴェポライザーは、熱に弱いCBDの成分のことを考えて温度調整機能がついています。

また、ヴェポライザーに付属されているコイルには、ムラなく熱することができる作りになっているため、初心者でも失敗知らずです。

CBDワックスをヴェポライザーに入れるときに手こずりがちなCBDワックスの充填も、無駄なく簡単にできる設計がされています。

CBDワックスは前述と同じものなので、安全性やフレーバーも間違いない商品です。

CBD含有率

90%

価格

12,980円

内容量

1g

CBDの種類

ブロードスペクトラム

CBDワックスの形態

固形

フレーバー

オージークッシュ、スーパーレモンヘイズ、グランドダディーパープル、マンゴークッシュ、スキトルズ、

4位:CannaTech CBDワックス

日本国内で販売されることを念頭に置いた上で、CBD原料の輸入をおこない、国内で生産をおこなっています。

日本での販売を考えて生産されているということは、違法成分であるTHCの除去を一番に考えているということです。

国によってはTHC含有率が0.1%以下だとTHCフリーと謳えるなどというところもあるので、日本での販売をメインで作られたCBDワックスの安全性はとても高いといえるでしょう。

また、フレーバーも柑橘系やベリー系といったフルーツフレーバーを中心に豊富。苦味が苦手な人は特に試してもらいたい商品です。

必要な成分と不要な成分を分ける特殊技術により、雑味が最小限に抑えられているため、どのフレーバーも苦味を感じにくくなっているところも大きなポイント!

CBD含有率

90%

価格

5,480円

内容量

1g

CBDの種類

ブロードスペクトラム

CBDワックスの形態

固形

フレーバー

オージークッシュ、ベリージェラート、ストロベリーカフ、スーパーレモンヘイズ、グリーンクラック

3位:NATUuR CBDワックス 

おそらくCBDワックスの中で最高濃度の製品でしょう。CBD含有率が99%なのにテルペンも入っているなんて、最強のCBD製品といっても過言ではないかもしれません。発売当初は品切れ状態が続いていたということにも納得ですね。

ただし、濃度が高い分、喉への刺激も強く慣れていないとむせてしまうかもしれません。ほのかにレモンフレーバーの爽やかさは感じられますが、CBD特有の風味が残っています。

CBDの風味が苦手な人はご注意ください。今までCBDの効果を感じづらかった人や物足りなかった人には、ぜひ試してもらいたい製品です。

CBD含有率

99%

価格

7,700円

内容量

0.5g

CBDの種類

ブロードスペクトラム

CBDワックスの形態

固形

フレーバー

スーパーレモンヘイズ

2位:VMCオリジナル CBDワックス

ディスティレートと呼ばれる抽出方法で抽出したCBDを使用しています。

ディスティレートには蒸留という意味があり、沸点の違いを利用して不純物を取り除く方法。

沸点の低いテルペンは、この方法だけだと蒸発してなくなってしまいます。

そこで、使われるのがディスティレートです。ディスティレートを使うことでテルペンの効果を生かしながらも不純物を取り除くことが可能です。

テルペンは植物の精油にも含まれている香り高い成分で、リラックス効果もありアロマテラピーや香水に配合されています。

多量にテルペンが配合された本製品は、リラックスしたいときにおすすめの商品です。

CBD含有率

94%

価格

8,480円

内容量

1g

CBDの種類

ブロードスペクトラム

CBDワックスの形態

ジェル

フレーバー

オージークッシュ、スーパーレモンヘイズ、グリーンクラック、グランドダディーパープル、マンゴークッシュ、ゴーストトレインヘイズxアムネシア、ナチュラルテルペン

1位:Pharma Hemp CBDワックス ヴェポライザーセット

CBDをワックスとヴェポライザーのスターターセットです。

PharmaHempは、創業1965年でCBDメーカーの中では老舗で、昔から殺虫剤や重金属を一切使っていない畑で作られた大麻草を使用し、種子から出荷までの全工程で綿密なテストをおこなっています。

抽出方法も化学物質を使用しない超臨界Co2抽出法で、安心の100%有機栽培です。また付属のヴェポライザーは、USB充電が付いていて外出先でも電池残量を気にせず使用可能。

ヴェポライザーのコイルには、QDCコイルを使用し雑味の少なくしています。そのため、今まで吸うと喉に痛みを感じていた人も吸いやすくなっているはずです。

そのほかにも、CBDの成分を壊さないように温度調整機能がついていて、4秒ごとに電圧の調整をおこなう波加熱機能も装備されています。この波加熱機能がついていることでリズミカルに吸引でき、よりリラックス感を得ることが可能。

CBD含有率

68.2%

価格

23,800円

内容量

3g

CBDの種類

フルスペクトラム

CBDワックスの形態

ジェル

フレーバー

オリジナル

Pharma Hemp ファーマヘンプ フルスペクトラム CBDWAX ジェルワックス 3g & ヴェポライザー 510 Yocan Apex エイペックス VAPE スターターセット
created by Rinker

CBDはワックスで楽しもう!

CBDワックスはなんといっても高濃度な点が特徴的な商品です。

CBDワックスのほとんどにアントラージュ効果が期待できるテルペンが含まれているため、CBDの効果を存分に感じたい人には打ってつけ。

フレーバー付きのものも多く発売されていて、一概にCBD濃度が高いからといってCBD特有の味が強いということもいえません。

CBD初心者、経験者問わず満足できるのがCBDワックスです。スターターセットなどを活用して自分に合ったものを探してみてください。

マリファナJP 国内最大の大麻総合メディア
大麻に関する正しい知識、正しい情報を発信し、医療用大麻、産業用大麻、嗜好用大麻等 多岐にわたり世界中の人々から必要とされている大麻を伝える、日本人のためのメディアです。マリファナJPでは大麻の関連の情報の発信をしていますが、大麻取締法を犯す事を「扇動、教唆、示唆、ほう助」する内容ではございません。日本では大麻の所持、栽培は違法ですので絶対に使用しないでください。

The following two tabs change content below.

佐々木優輔

CBD歴3年で数々のメディアでCBDに関しての記事を作成しています。最近では、周囲の人に対してCBDの魅力を伝える活動も個人的に実施中。
CBDリキッドランキング

関連記事一覧