• コラム
  • マリファナについての最新注目情報を配信します。All you need to know about marijuana.
美女たち

大麻を吸った時にむせてしまう4つの理由

多くの大麻愛好家は、大麻を吸った時にむせてしまうという経験があると思います。喉にドンと重い圧がかかったような経験があるかと思います。ですが、どうして咳をしてしまうのでしょうか。

今回は大麻を吸った際にむせてしまう4つの原因を解説していきます。お楽しみください。

1.大麻の煙

bongを吸う女性

大麻の煙には、タバコと同じ発がん物質や刺激物質が多く含まれています。一般的に煙は肺にタールを蓄積してしまいます。煙を吸いこむことにより、咳を誘発し炎症を引き起こしています。煙や大麻の小さな粒子などを吸い込んだ際に喉を傷つけ、そして肺の組織を傷つけています。

人間の体は、異物を体内に入れることに反発し耐性をつけようとします。この反発が咳につながります。これは体の生理現象であり、粘液や他の刺激物を取り除こうと働きます。そこで近年では、ベイプやバブラーそしてボングからの喫煙に変更している大麻愛好者も増えています。

2.大麻を燃やすことによる熱


bongに氷
From bigdaddysmoke

どの喫煙具を使用しても、過度な熱は咳を引き起こす可能性があります。DABの場合だと加熱時に538度まで一瞬で加熱され、この高温の状態が肺にはかなりの負担がかかり、更に高温の煙を吸い込んでいます。この加熱により喉や肺の敏感な組織に刺激を与えています。

この刺激が咳を引き起こす要因のひとつです。氷をボングに入れると、煙の温度が一気に低下し、喫煙が通常より快適になります。低温でDABを加熱したり、ベイプの温度を低温に設定をしたりすると、咳が軽減されることもあります。

3.大麻の量

大麻を日頃から摂取している方であれば、おそらく1日に大量の大麻を摂取しても、慣れがあるので平気でしょう。ですが、日頃から摂取していない場合は、自身の体に合わせた適切な量を摂取することをオススメします。十人十色でそれぞれの人により肺の許容量が異なります。

自身の肺の許容量より多くの煙を吸いこめば咳をしてしまうのは不可避です。そんな中、ボングなどで許容量をオーバーした状態で大麻を吸っている場合があるかもしれません。どちらの方法だとしても、熱をより細かく調整して、吸い込む煙の量を制限することができますが、喫煙する量が増えることがよくあります。

ワックスは使用量の調節も効くので効果的です。自分にあったボングなどを使用することで誤った量を吸い込むのを防ぐことができます。

4.大麻に付着している刺激物

最後に、質の悪い大麻を喫煙してる場合は、確実に咳を引き起こします。うどんこ病、残留農薬、ホコリ、そしてその他の不規則な粒子が芽に付着すると、喫煙が実にひどいものになる可能性があります。大麻が作り出す樹脂には粘着性があります。

大麻を吸うとき、大麻樹脂にくっついた粘着物と一緒に成長した物質を一緒に吸っている可能性があります。あなたが大麻を喫煙した時に刺激的と感じる時は、成長過程で何かが悪かったという兆候です。

このような問題を回避するには、製品の出所をちゃんと把握するようにしておくといいでしょう。カビや残留農薬はアレルギー反応を引き起こし、不快な咳を引き起こすことがあります。残念なことに、このような粗悪品は健康へ有害な影響を与える可能性があります。

誰もが大麻を喫煙するのに人それぞれ好きな喫煙方法があります。咳をしたくないのであれば、食用や、低温気化が喉や肺に最も優しいものになります。しかし、どのように喫煙方法を使用しようと関係なく、高品質の製品を見つけることが大麻を楽しめる一番の方法といえるでしょう。

[関連記事]大麻に賞味期限ってあるの?大麻を新鮮に正しく保存する方法

MarijuanaJP|マリファナJP 国内最大の大麻専門メディア
大麻に関する正しい知識、正しい情報を発信し、医療用大麻、産業用大麻、嗜好用大麻等 多岐にわたり世界中の人々から必要とされている大麻を伝える、日本人のためのメディアです。
マリファナJPでは大麻の関連の情報の発信をしていますが、大麻取締法を犯す事を「扇動、教唆、示唆、ほう助」する内容ではございません。

日本では大麻の所持、栽培は違法ですので絶対に使用しないでください。

The following two tabs change content below.

K

マリファナJP代表のKです。 日本経済に新しいマーケットを誕生させると共に、日本人に大麻の素晴らしさを伝え、1人でも多くの日本人に大麻に対する正しい理解をしてもらえる様に現在活動しております。
CURA セレクトCBDオイル1000mg

関連記事一覧

  1. この記事へのコメントはありません。