中国

中国がアメリカの大麻合法化を恐れる最大の理由

中国政府は西洋での大麻の合法化を恐れています。中国は国内外で産業用大麻や医療大麻を大量に生産しているのに、なぜ心配する必要があるのでしょうか。中国は国連の麻薬成分物質条約に署名し、1985年に大麻が違法指定されました。

しかし、漢方材料や麻布、種子、大麻油として利用される歴史は長く、生産農家も多く、産業用大麻では、世界市場の50%を占める世界最大の生産国となっています。また、中国は世界の麻の半分以上を主に織物用に生産しており、さらに驚くべきことに、世界の大麻特許の半分以上を保有しています。中国は嗜好用、医療用大麻を合法化していませんが、それにもかかわらず、中国では政府の認可を受けたものも受けていないものも含め、多くの大麻が生まれ育っています。

中国は、世界の人々が評価する以上に先見性を持っており、大麻に関して「静観する」アプローチを取っているようです。アメリカの一部の州やカナダなどが嗜好用大麻を合法化している一方で、中国は産業用大麻を革新的なプロセスで低価格、大量生産していることで知られています。

[関連記事]世界がまだ知らない、合法的な大麻帝国としての中国の横顔

タバコを吸う中国人

CNNによると、中国の麻薬取締当局高官は、カナダと米国の一部で嗜好用大麻が合法化されたことで、国内に密輸される麻薬の量が急増したと非難し、大麻は「中国に対する新たな脅威」だと述べました。北京で記者会見した劉越鎮・中国麻薬統制委員会副主任によると、2018年の中国の大麻使用者は25%以上増加し、約24,000人に達しました。中国共産党の独裁政権の下で繁栄している国家としては、個人が大麻を使用し、大麻の禁止に疑問を持つことは良いことではありません。

中国には違法薬物取引に対する最も厳しい刑罰がいくつかあり、50グラム以上所持すると死刑になる可能性があります。それにもかかわらず、最近は医療目的であれ娯楽目的であれ、大麻の需要が高まっているようです。しかし、これは中国が西側での合法化を恐れている本当の理由ではありません。

中国が恐れている、アメリカの連邦法レベルでの大麻合法化

アメリカ

中国は世界の大麻特許の半分以上を保有しています。これは、おそらく中国が大麻の医薬用途にフォーカスしていることを意味しています。中国は大麻の医療用途の研究に取り組んでいる科学者のチームがあり、彼らが何を研究しているのかは公表されていませんが、中国が大麻の世界市場を支配することに関して、本気だということはわかっています。

現在、中国は大麻の研究に時間をかけています。アメリカは依然として大麻を連邦レベルの「違法なカテゴリー」に分類しているため、中国は研究を急ぐ必要はありません。しかし、連邦レベルで大麻が合法化になり、革新的な企業が大麻の研究開発に数十億ドルを投資するようになったらどうなるでしょうか。

中国はアメリカの連邦レベルで大麻を解禁されることを一番恐れています。もし米国がこの規制を撤廃すれば、中国は西側の大麻市場に追いつく時間があるのでしょうか。もちろん、中国には低コストで従業員を雇用し、官民一体で一夜にして大麻市場を作り出す能力があります。

Forbsによると、世界の大麻市場は77億ドル(8400億円)までに上り、今後年間平均60%の成長率が予想されており、2021年には314億ドル(約3.4兆円)にまで成長する見通しです。中国は長い間、産業用大麻の栽培で主要な役割を果たしてきました。しかしこうした背景を受け、アメリカ国内では、トランプ大統領に対して、中国製大麻に関税を掛けるようにとの求める声があります。

SNS上では「中国は大麻市場で大きな利益を得ています。大麻市場をコントロールしてほしい」との声も上がっています。中国にとって、アメリカ、メキシコ、カナダは巨大な競合国になり得ます。実際、米国・メキシコ・カナダ間での新NAFTAが発行されれば、中国の生産量は数年で激減するでしょう。

一方で、メキシコでは安い労働力、米国とカナダでは一流の加工と開発、そして3国間のグローバルな貿易が可能です。

 

まとめ

私たちが理解しなければならないことの一つは、中国人が長い間黙っていないということです。アメリカが連邦レベルで大麻の合法化が遅れるにつれ、アジアでの大麻取引が活発になるでしょう。アメリカはすでに中国の産業用大麻と競っています。

またアメリカで国会議員たちが大麻の合法化について議論している一方で、中国はたくさんの特許を取得し、世界中で起こる大麻合法化に備えています。まだ大麻の合法化に反対している人々にとって、彼らは全体像を見失っています。アメリカの大麻合法化に関して中国が抱く唯一の懸念は、連邦レベルで大麻を合法化するかどうかということです。

世界の大麻市場への参入を検討している国にとって今重要なのは、大麻業界を確立し、研究開発を積極的に行い、世界の大麻市場における自分たちの利益を主張することだと思います。

【関連記事】世界がまだ知らない、合法的な大麻帝国としての中国の横顔