カナダ国旗を持つ男性

日本人は知らない、大麻を合法化するメリット・デメリット

カナダ国旗を持つ男性
the-liberty

近年世界各国で大麻が合法化されています。

2018年1月では米カリフォルニア州、2018年10月ではカナダで大麻が合法化されました。

世界中の国が大麻合法化へと舵を切っているのです。

各国がこぞって大麻を合法化するには、それなりのメリットがあるためでしょう。

一方日本では大麻の所持・栽培・輸出入などが大麻取締法で規制されており、大麻は違法薬物として扱われています。

しかし世界の流れにのって、大麻が合法化になる日も来るかもしれません。

そこで今回は日本が大麻を合法化した場合のメリット・デメリットをお話していきます。

 

大麻草
forbesjapan

大麻には様々な恩恵やメリットがあるため、各国が大麻を合法化する動きになっています。

大麻合法化にはどのようなメリットがあるのでしょうか?

メリット①:税収の増加

現在日本で大麻に代わる嗜好品と言えば、「酒」と「たばこ」でしょう。

これらの嗜好品には税金がかけられており、国の大切な収入源となっています。

平成28年の国税収入で「酒」と「たばこ」が占める割合は約4%です。

酒税が約2.2%、たばこ税等が約1.7%となります。

金額にしてみると酒税では1兆3,590億円、タバコ税等では1兆658億円です。

すさまじい金額ですね…。

このように嗜好品では多くの税金をかけることができるため、大麻を合法化すると多額の税金を課すことができます。

大麻は違法であるため、合法化されれば酒やタバコをしのぐ可能性があります。

ちなみに2012年に大麻が合法化されたコロラド州では、マリファナの税収が2014年に6,700万ドル(約67億円)から2018年では2億6,600万ドル(約266億円)に増加しています。

 

メリット②:医療機関で医療用大麻を処方できる

大麻が合法化されれば、医療機関でも大麻を「薬」として処方できるようになります。

医療用大麻の効果としては、

鎮痛作用・鎮静作用・抗がん効果・食欲増進作用

など様々な効果があるとされています。

そして効果がある病気としては、

てんかん・アルツハイマー・がん・アレルギー・うつ病・緑内障

など日本でも多くの患者さんがいる病気に効果があると報告されています。

さらに医療用大麻には、効果以外にも多くの利点があるのです。

・治療法がない病気や疾患に対して、治療法となる可能性がある

・大麻は薬の開発のように莫大な時間やお金はかからず、製造も安価で簡単にできる

・大麻自体は副作用(依存症や中毒など)が少ないと言われており、副作用を心配する必要がない

・品種が多いため、病気の症状などによって処方する大麻を変更できる

・接種は吸引や服用など他の薬と変わらず、子供から大人まで簡単に使用することができる

医療用大麻は今まで治せなかった病気を完治または緩和させる効果がある可能性があり、多くの患者さんを救うことができるかもしれません。

 

メリット③:犯罪の減少

日本では暴力団やマフィアなどの犯罪組織が中心に大麻の密造・密売を行っています。

日本で大麻が合法化されれば、犯罪組織が大麻を製造してもほとんどお金になりません。

そうなれば、犯罪組織の資金源が減り、ゆくゆくは犯罪組織壊滅につながるかもしれません。

また大麻は鎮静作用があるため、怒りなどの感情で衝動的な行動を起こしにくくなります。

実際大麻を合法化したコロラド州などでは、殺人や性犯罪などの犯罪が減少したという報告もされています。

大麻を合法化によって、治安の良い世の中になるかもしれません。

 

メリット④:経済の発展

大麻が合法化になれば、大麻利用を目的とした観光客なども増加します。

大麻を求めて他国の外国人が日本に集まるので、多くの外貨や現金を手に入れることができます。

また観光客が増加すれば、大麻だけではなく飲食やホテル、娯楽施設などへの利益にもつながります。

さらに大麻合法化は新たな雇用創出にもなります。

大麻を利用するにあたっては製造工場、販売所、吸引場所などが必要になってきます。

そうなれば、そこで作業や仕事をする人も出てきます。

仕事をしたくてもできなかった人へ新しい仕事も提供することができます。

「大麻を合法化するデメリット」

大麻を吸う男性

先ほどまで大麻合法化のメリットをあげてきましたが、やはり大麻を合法化することにもデメリットが存在します。

デメリット①:依存者が増加する可能性がある。

一般的に大麻は依存性が少ないと言われていますが、もちろん依存性が全くないわけではありません。

大麻使用者の9%、タバコの喫煙者は32%、コカイン使用者は20%、アルコールを好む人は15%が依存症になることが最新の研究で発表されています。

現在アメリカではCUD(大麻使用障害)、つまり大麻の依存性に悩まされている人々が増加しているという事実もあり、依存性が少ないとは言え、無視することのできる問題ではありません。

デメリット②:環境破壊

大麻製造には、水と電気が必要となります。

大麻製造を水耕栽培で行うこともあるため、その時に大量の水が必要となるのです。

そして電気ですが、大麻を大量に製造するためには、大麻の成長を促進させなければなりません。

大麻の成長促進には日光が重要となってきますが、その代用として用いられるのが蛍光灯です。

蛍光灯を日光の代用とすることで、屋外で製造するよりも早く大量に大麻を製造することができます。

大量の大麻を製造する時には大量の蛍光灯が必要となりますから、多くの電気を消費してしまうということですね。

大量の水と電気を使用することで、それらを作り出す環境に悪影響を及ぼし、環境破壊につながる危険性があります。

しかし、大麻は野外で栽培した場合、放射性物質によって汚染された土壌をクリーンにしてくれる事実も近年の研究で明らかになっています。また、大麻は他の植物よりも二酸化炭素の吸収量が多く、排出する酸素の量も多いといった面もあり、一概に環境破壊につながるとは言い切れないのも事実です。

デメリット③:子供の大麻問題

アメリカなどの大麻合法化国では子供の誤飲や誤食が大きな問題になっています。

最近では大麻がクッキーやブラウニー、飲料として加工されて販売されることも多くなってきました。

そのため、子供が間違って誤飲や誤食してしまい、救急搬送されるケースが増加しています。

症状も呼吸困難や昏睡など重篤なものも多く、一歩間違えば命の危険もあります。

また体が成熟しきっていない子供が大麻を使用することは、他の病気を誘発する原因にもなります。

完全に成熟しきっていない脳に大麻の影響があると、記憶や集中力に悪影響があると言われています。

将来的に精神病などになってしまうリスクも高まってしまうようです。

 

まとめ

大麻の合法化のメリットデメリットを分かっていただけたでしょうか。

大麻には様々なメリットがある分、やはりデメリットも存在します。

しかし人口減少により雇用が少なくなっていき、経済成長が止まっている日本には大麻の合法化は窮地を救う1手になるのかもしれません。

ぜひ日本政府が主体となって、大麻合法化の是非を話し合ってほしいですね。

※この記事は、読者の方々に大麻取締法を犯す事を「扇動、教唆、示唆、ほう助」する内容ではございません。とにかく何があっても自己責任でお願いいたします!

マリファナJP 大麻(マリファナ)専門のメディア
大麻に関する正しい知識、正しい情報を発信し、医療用大麻、産業用大麻、嗜好用大麻等 多岐にわたり世界中の人々から必要とされている大麻を伝える、日本人のためのメディアです。

関連記事一覧

  1. imavegetarianmf

    はじめまして。記事を読ませて頂きました。
    デメリットに関してなのですが、仮に日本が原子力発電を一切無くし太陽光発電や、風力発電を取り入れた場合環境破壊には繋がらないと思いました。むしろ、大麻は野外で栽培すれば放射性物質によって汚染された土壌をクリーンにしてくれる事も研究結果で出ていますし、他の植物よりも二酸化炭素の吸収量が多いのでもちろん吐き出す酸素も多いです。なので、環境破壊は少しニュアンスが違うのではないでしょうか。

    • K

      コメントありがとうございます。
      失礼いたしました。確かにそうですね。記事訂正致しました。