• HOME
  • 記事
  • PRODUCT
  • 【2021年版】おすすめ人気CBDカードリッジ7選!コスパやメリット・デメリットを解説!
CBDカードリッジ おすすめ

【2021年版】おすすめ人気CBDカードリッジ7選!コスパやメリット・デメリットを解説!

CBDに興味を持って、これから始めたいとお考えの方で「使い方のハードルが高いなぁ」と感じているかもしれません。

CBDリキッドの場合、VAPEと呼ばれる専用機器を使用して、CBDを摂取していくので不慣れな方には、難しく感じてしますでしょう。

そこでおすすめなのが初心者の方でも簡単に使える「CBDカートリッジ」です。

今回はCBDカートリッジのメリットやデメリット、おすすめ商品について解説していきます。

CBDについては以下の記事で解説しています。

CBDカートリッジの概要

CBDリキッド

まずは、CBDカートリッジについて簡単に説明していきます。CBDカートリッジは、CBDリキッドが最初から充填されているカートリッジのことです。

本来、CBDリキッドを使用する際には、VAPEに液体状のCBDリキッドを充填しなければなりません。不慣れな方だと充填時にCBDリキッドがこぼれてしまい、非常にもったいないです。

CBDカートリッジは、あらかじめリキッドがカートリッジに充填された状態になっています。

そのため、カートリッジを専用のVAPEにセットするだけで、CBDの吸引が可能です。余計な手間がなく、初心者でも扱いやすいということで人気を集めています。

CBDカートリッジのメリット

CBDカートリッジのメリットとしては以下の2点が挙げられます。

  • 初心者でも扱いやすい
  • 濃度の高いCBDも豊富に揃っている

それぞれのポイントについて詳しく見ていきましょう。

①初心者でも扱いやすい

CBDカートリッジは、CBDリキッドが充填されたカートリッジをVAPE本体にセットするだけと、使い方が非常に簡単です。

初めてCBDを使う方でも扱いやすく、使用に迷うこともないでしょう。使い終わった際にも、カートリッジを本体から取り外して、新しいカートリッジをセットすれば再び使えます。

使い方が簡単で扱いやすいため、初めてのCBDにもおすすめです。

②濃度の高いCBDも豊富に揃っている

CBDカートリッジには、CBD濃度10%以上の高濃度な商品のラインナップが豊富に揃っています。

中には、50%、60%といったCBDカートリッジもあるので、より強い使用感を求める方におすすめです。

使いやすさにおいては初心者にも易しく、上級者向けの高濃度商品も揃っているのが、CBDカートリッジの魅力と言えるでしょう。

CBDカートリッジのデメリット

CBDカートリッジのデメリットとしては以下の2点が挙げられます。

  • 量が少ない
  • 蒸気摂取が苦手な人に向いていない

それぞれのポイントについて詳しく見ていきましょう。

①量が少ない

CBDカートリッジは、1本あたりの内容量が0.5~1.0ml程度と少ないものが多いです。

CBDリキッドでは10ml前後の内容量で販売されていることが多く、それと比較すると内容量が少なく感じてしまうでしょう。

ただ、イメージとしては何度も繰り返しリキッドを充填して使用するCBDリキッドに対して、CBDカートリッジは使い捨てです。

購入する頻度は高くなるものの、コスパを考えればそこまで悪くないと言えます。

②蒸気摂取が苦手な人に向いていない

CBDカートリッジは、CBDリキッドと同様にVAPEを使用して発生させた蒸気を吸引し、肺からCBDを摂取していきます。

喫煙経験がない方にとっては、この蒸気摂取が苦手に感じてしまうかもしれません。

肺に入れた際に咳き込んでしまったり、喉が痛くなったりする可能性もあります。肺に蒸気を留めてCBD摂取するにもコツが必要です。

蒸気摂取が苦手な方はCBDオイルなど、舌下・経口摂取できるものを選んでみましょう。

CBDカートリッジの使い方

CBDリキッド

CBDカートリッジの使い方について解説します。商品によって細かい部分は異なりますが、一般的な使い方について見ていきましょう。

まずCBDカートリッジを始めるに当たって「スターターキット」と呼ばれる商品を購入します。スターターキットには「CBDカートリッジ」と「VAPE本体」などが含まれています。

VAPE本体にCBDカートリッジをセットし、電源を入れて吸口から蒸気を吸引していき、蒸気を肺に留めてから吐き出すだけです。

吸引を繰り返してカートリッジの中身が空になったら、VAPE本体から取り外して捨ててください。

次回からは、CBDカートリッジのみを購入して、同様に使っていくことができます。

CBDカートリッジの選び方

CBDリキッド

CBDカートリッジを選ぶときは以下のポイントに注目してみてください。

  • CBD濃度
  • コスパ
  • スターターセットの価格

それぞれのポイントについて詳しく見ていきましょう。

①CBD濃度

CBDカートリッジには、さまざまな濃度の商品がラインナップされています。

自分の身体や使用歴に合わせて、適した濃度のCBDカートリッジを購入してみてください。

パフの回数などでもCBDの摂取量をコントロールできるので、日々使う中で自分に合う摂取量を見つけてみましょう。

②コスパ

CBDを使い続ける中で重要となるのがコスパです。

CBDカートリッジ1個でどれぐらいの期間使えるのか、期間あたりのコストやCBD含有量あたりの価格などを検討しながら、コスパの良い商品を選んでみてください。

ただ、価格が安ければ良いというだけでなく、高価なCBDカートリッジでもフルスペクトラムなど、より高い効果が得られやすい商品もあります。

価格に見合った効果が得られて、無理なく続けられる商品を使っていきましょう。

③スターターセットの価格

CBDカートリッジを初めて使う場合、CBDカートリッジに加えて、VAPE本体がセットになったスターターキットを購入します。

このセット価格についてもチェックしておきましょう。

CBDカートリッジのコスパだけでなく、VAPE本体も含めた場合のコスパでも選んでください。

CBDスターターキットを楽天で探す

おすすめのCBDカートリッジ7選

ここからはおすすめのCBDカートリッジを7つ紹介していきます。

今回ご紹介するのは以下の7商品です。

  1. CHILLAXY
  2. PharmaHemp
  3. AZTEC
  4. +WEED
  5. NATUuR
  6. KOi
  7. CANNERGY

それぞれどのような特徴があるのか見ていきましょう。

CHILLAXY 510規格CBDリキッド

CBD濃度30%CBD含有量300mg
内容量 1.0mlフルスペクトラム

フレーバー 13種類価格4,400円

CHILLAXYのCBDカートリッジは、CBD濃度30%で内容量1.0mlならが1個当たり4,400円というコスパの高さが魅力です。

しかも、フレーバーが13種類も揃っており、フルーツ系、ミント系など豊富に揃っています。 カリフォルニアで人気のオージークッシュとラ・コンフィデンタルを掛け合わしたインディカ種「キングルイ13世」を再現したフレーバーもあります。

スターターキットを購入しても合計7,700円で収まるリーズナブルさが始めやすくておすすめです。

CHILLAXY 510規格CBDリキッドはこちら

②PharmaHemp

CBD濃度

40%

CBD含有量

400mg

内容量

1.0ml

フルスペクトラム

フレーバー

6種類

価格

14,800円

PharmaHempのCBDカートリッジは、CBD濃度40%でフルスペクトラムとスペックの高さが魅力です。

価格は高いものの、厳格な製品管理や原材料へのこだわりによって、高品質な商品を提供しています。

6種類のフレーバーもラインナップされているので、好みに合わせて選べます。

③AZTEC

CBD濃度

55%

CBD含有量

275mg

内容量

0.5ml

フルスペクトラム

フレーバー

3種類

価格

8,800円

AZTECのCBDカートリッジは、CBD濃度55%と高水準な上にフルスペクトラムの商品です。

ヨーロッパで人気のブランドでもあり、オーガニックな環境で栽培された原料を使っています。

3種類のフレーバーがあり、本格的なフルーツの香りが再現されています。

④+WEED

CBD濃度

60%

CBD含有量

内容量

フルスペクトラム

フレーバー

 1種類

価格

7700円

+WEEDのCBDカートリッジは、60%というCBD濃度の高さ魅力の商品です。

価格もリーズナブルでフルスペクトラムなので、非常にコスパの高い商品といえるでしょう。

この他にも、CBD濃度ごとに10~60%までの商品がラインナップされているので、自分に合ったものが選べます。

定期で購入した場合は、以下の特典が受けられます。(最低3回の定期購入が必要)

  • 【特典1】プラスウィードキットを初回時にセットでお届け。
  • 【特典2】ステップアップ割引3%OFF【最大10%OFF】。
  • 【特典3】送料無料。
  • 【特典4】3%のポイント付与。

+WEEDのCBDカートリッジはこちら

⑤NATUuR

CBD濃度

50%

CBD含有量

250mg

内容量

0.5ml

フルスペクトラム

フレーバー

5種類

価格

6,380円

NATUuRはオランダのCBDブランドで、こちらのCBDカートリッジはCBD濃度50%でリーズナブルな価格が魅力です。

フレーバーも5種類ラインナップされており、フルーツやアロマ系の香りなど幅広く揃っています。

created by Rinker
¥6,380 (2021/04/14 21:22:42時点 楽天市場調べ-詳細)

⑥KOi

CBD濃度

50%

CBD含有量

500mg

内容量

1.0ml

フルスペクトラム

フレーバー

1種類

価格

7,980円

KOiのCBDカートリッジは内容量1.0mlで8,000円以内というリーズナブルな価格が魅力です。

CBDカートリッジの中ではかなりコスパが高い商品でもあり、CBD濃度50%+フルスペクトラムと高い効果も得られます。

⑦CANNERGY

CBD濃度

15%

CBD含有量

150mg

内容量

1.0ml

フルスペクトラム

フレーバー

3種類

価格

6,050円

CANNERGYのCBDカートリッジは、価格もリーズナブルでCBD濃度もそこまで高くないため、初心者の方でも使いやすいのが魅力です。

CBD濃度は15%以外にも5%、10%がラインナップされているので、自分に合ったものを選べるでしょう。

スターターキットも安く手に入るので、これからCBDを始めてみようと思っている方におすすめです。

CANNERGYのCBDカートリッジはこちら

まとめ:CBDカートリッジは初心者でも気軽に使えておすすめ!

CBDカートリッジは、CBDリキッドをVAPEに充填する手間がなく、初心者でも手軽に使えるのでおすすめです。CBD濃度の高い商品や各種フレーバーの商品も揃っています。

CBDに興味がある方や初めてCBDを使ってみるという方は、ぜひCBDカートリッジを選んでみてください。

マリファナJP 国内最大の大麻総合メディア
大麻に関する正しい知識、正しい情報を発信し、医療用大麻、産業用大麻、嗜好用大麻等 多岐にわたり世界中の人々から必要とされている大麻を伝える、日本人のためのメディアです。マリファナJPでは大麻の関連の情報の発信をしていますが、大麻取締法を犯す事を「扇動、教唆、示唆、ほう助」する内容ではございません。日本では大麻の所持、栽培は違法ですので絶対に使用しないでください。

The following two tabs change content below.

Kohei

マリファナJP代表のKです。 日本経済に新しいマーケットを誕生させると共に、日本人に大麻の素晴らしさを伝え、1人でも多くの日本人に大麻に対する正しい理解をしてもらえる様に現在活動しております。
CBDリキッドランキング

関連記事一覧