• 品種紹介
  • マリファナの品種図鑑を配信 A wiki for marijuana strains
大麻

ホワイトウィドウ|WHITE WIDOW【大麻品種図鑑】

品種情報

大麻

【名前】WHITE WIDOW|ホワイトウィドウ

【種類】サティバ優勢ハイブリッド
Sativa60% Indica40%

【遺伝子】
(親)ブラジル原産のインディカ種×南インドの在来種
(子)レモンタイクッシュ(Lemon Thai Kush)ホワイトキャッスル(White Castle)

【THC】20%と強めな品種

【CBD】0%

【主な効果】活動的、多幸感、高揚感、眠気、食欲

【医療効果】疼痛、吐き気、不安

【副作用】口の渇き、不眠症

【香り】

Earthy(土っぽい香り)
Pine(松の香り)
Frower(花っぽい香り)

【栽培情報】
難易度→かんたん

開花日→7~9週間

収穫量→1平方フィートあたり約37〜55グラム

高さ→76㎝ー190㎝

品種詳細

大麻

ホワイト・ウィドウは、伝説的な品種であり、強力なエネルギー効果を持つ、サティバ主要の品種です。インディカ種のブラジリアンとサティバ種のサウスインディアンの在来種を掛け合わせたものとして、1990年代にオランダの退役軍人グリーンハウス・シードによって作られました。当時の大麻市場は『ノーザン・ライツ』や『ヘイズ』のような初期のハイブリッドが中心でしたが、その後に『ホワイト・ウィドウ』が伝説的な品種の仲間入りを果たし、1995年の『ハイタイムズ・カナビス・カップ』のはじめての優勝や、数々の賞を受賞しています。

栽培に関して、カビにも耐性あるので、屋外での栽培も可能として選択肢の一つになっています。ただし気候としては約20度〜26度ほどの気候がベストです。サティバが優勢の品種ではありますが成長期はインディカのような成長の仕方をします。

葉は生い茂り、高さも180㎝を超えることはあまりありません。室内では9〜10週間ほどで開花し、収穫量は約35g〜55gを1平方メートルで期待できます。ホワイトウィドーはオランダでの研究と計画的栽培の優れた成果を発見しています。

バッズの粘り気も非常に強いこの品種は、平均的なTHCが20%と高い濃度で、脳内を高揚感で満たします。大量に摂取した場合には、気が遠くなったりなどしますが、 ほとんどのユーザーは平常を保ち、周囲の環境にも注意を払うことが可能です。この品種には熱狂的なファンが多く、効果に対しても非常に人気を集めています。

気分はすぐに高揚し、簡潔で日常的な作業や、複雑な問題解決する際にも思考が働くなどと集中力が発揮されると報告されています。創造性にも長けている品種で、これまで見えなかった境地を切り開くことができるとし、一種の即興的な思考の連想を引き起こします。

五感に関しての作用も十分に発揮し、音楽や芸術に対し大きく反応を示し、身体は幸福感を覚え満足感を得ることは必須です。脳への影響が大きいため、ふとした緊張感などは身体的より心理的な助けになることが多いです。また、一点に集中することで、注意欠陥障害には大きな効果をもたらします。

疲労やうつ病にも効果があり、さらに偏頭痛の緩和にも効果的です。ですが逆に思考の世界に入りすぎるとバッドトリップにつながることも多く報告されているので注意です。

大麻効果グラフ
大麻効果グラフ
大麻効果グラフ

関連記事一覧