大麻国旗

ワシントンで人気の大麻の品種(マリファナ)Best10

ワシントン州では2012年に医療目的はもちろんのこと、娯楽目的のマリファナ使用が合法となり、1オンス(約28g)までの所持が可能となりました。もちろん成人していて、ルールさえ守っていればマリファナを吸っても何も咎められません。

 

今回はワシントン州の大麻販売店(ディスペンサリー)のメニューを調査し、州内で最も多く販売されている大麻をランキング形式でご紹介させていただきます!

大麻
leafly

カルフォルニア生まれのBlue Dream(ブルードリーム)は西海岸で誕生したストレインの中でも伝説的な地位を確立しています。

サティバ60%インディカ40%の非常にバランスのとれたサティバ優勢のハイブリッド種で、リラックス効果が抜群なのは言うまでもありませんが、集中力を高める効果もあるので「アクティブに過ごしたい」「創作活動をしたい」という方々に最適です。また、医療面ではストレスの解消、痛みの緩和や不眠症の治療に適しています。

⑧でご紹介させていただく「Blueberry(ブルーベリー)」の遺伝子を受け継いでいると言うこともあり、その香りは甘いブルーベリーパイのような香りがします。西海岸生まれの伝説的なストレイン。その勢いは止まる所を知りません…。

 

②Dutch Treat(ダッチトリート)・ハイブリッド種

大麻
leafly

Dutch Treat(ダッチトリート)はオランダのアムステルダムで大人気のインディカ優勢のハイブリット種です。

非常にリラックス効果があるため、ストレスの解消、うつ病、食欲不振や不眠症などの治療にはもってこいです。また、眠くなりやすいので、日中ではなく夜間の摂取をおすすめします。

松(パイン)のような香りとユーカリの木の甘い香りを感じることができます。ワシントンの人々もみんな大好きな「オランダのご馳走」です。

 

③Green Crack(グリーンクラック)・サティバ種

大麻
leafly

GreenCrack(グリーンクラック)、その名前だけを聞くとハードドラッグように思われがちですが、長年人気を博し続けているサティバ種で、大麻愛好家としても知られるラッパー、Snoop Dogg(スヌープドッグ)”が名付け親と言われています。

効果としては長時間ハイな状態が続き、アクティブかつクリエイティブになります。ストレスの解消、うつ病、ADHDや偏頭痛の治療に良いとされています。

効果だけでなく、特徴的なのはその香りです。完熟したマンゴーのような甘い香りとライムのような柑橘の香りはワシントンの人々たちだけではなく、世界中の愛好家に愛されています。

④OG Kush(オージークッシュ)・インディカ種

大麻
leafly

”OG kush”、大麻愛好家であれば知らない人はいないであろうストレイン。世界で最も有名な大麻といっても過言ではないでしょう。

効果としては多幸感を感じることができるだけでなく、非常にあなたをリラックスさせてくれるでしょう。また、その効果からうつ病、偏頭痛やADHDの治療にも適しており、医療面で非常に優れた大麻です。

その香りは特徴的で、“松(パイン)”のような香りがすることで知られています。

 

⑤Super Lemon Haze(スーパーレモンヘイズ)・サティバ種

大麻
leafly

Lemon Skunk(レモンスカンク)Super Silver Haze(スーパーシルバーへイズ)の交配により誕生したサティバ種です。親株のSuper Silver Haze(スーパーシルバーヘイズ)同様にこのストレインも2008年にカンナビスカップを制しています。

この大麻を摂取すると非常にエネルギッシュになり、クリエイティブな思考にもなるため、1日の始まりと同時に吸いたい大麻です。また、その効果はうつ病やストレスの解消に最適です。

レモンのような柑橘の香りやトロピカルフルーツを感じさせるアロマの香りを感じさせるテイストは長年多くの大麻愛好家を魅了し続けています。

 

⑥Cinex(シネックス)・サティバ種

大麻
leafly

Cinderella99(シンデレラ99)Vortex(ヴォルテックス)の交配によって誕生したサティバ種です。

摂取後は気分がハイになり、前向きな考えをすることができるでしょう。また非常にクリエイティブになりますので創作活動には最適です。その効果は医療面でも注目されており、うつ病やADHDの治療にも適しています。

ワシントンの人々はコーヒーと同じくらい、Cinex(シネックス)を愛しているそうです。気分をガラッと変えたい時、落ち込んでいる時にぜひ摂取していただきたいストレインです。

 

⑦Grape Ape(グレープエイプ)・インディカ種

大麻
leafly

Grape Ape(グレープエイプ)はMendocino Purps、スカンク種、アフガニ種の交配によって誕生したインディカ種です。

その効果は痛みの緩和、ストレスの解消や不眠症、うつ病の治療に最適です。リラックス効果が非常に高く、すぐに眠くなってしまう人も多いでしょう。そのため、日中ではなく、夕方~夜間の摂取をおすすめします。

甘く濃厚なグレープの香りとほのかにベリーの香りを感じることのできるテイスト。ワシントンの人々が最も愛しているインディカ種と言っても過言ではないでしょう。

 

⑧Blueberry(ブルーベリー)・インディカ種

大麻
leafly

2,000年のカンナビスカップで優勝して以来、何年もの間人気を維持し続けているインディカ種です。

リラックス効果が強く、不眠症、慢性疲労、慢性ストレス、うつ病、偏頭痛などを解消するために最適と言われており、医療面での効果を期待できます。

名前の通り、フレッシュなブルーベリーの甘い香りを感じさせるテイスト。効果だけでなくテイストでも人々を魅了する大麻です。

 

⑨Sour Diesel(サワーディーゼル)・サティバ種

大麻
leafly

サワーディーゼルはサティバ種で、起源についてはChemdawg 91×スカンク×(オーロラ)という説もありますが未だに真相は解明されてはいません。

非常に即効性のある大麻で、摂取後すぐに気分が上がり、脳も活性化しクリエイティブな考えを生み出すでしょう。またその効果はうつ病、ストレス、慢性病などの解消に最適と言われています。一方でハイになる効果が非常に強いため、不眠症の治療には不向きとされていますのでご注意を…。

名前の通り、ツンとしたディーゼルや柑橘系の酸味を感じさせるテイスト。この大麻の持つ即効性とヘッドハイは誕生以来多くの大麻愛好家に支持されています。

 

⑩GSC(ガールスカウトクッキーズ)・ハイブリッド種

大麻
leafly

GSCとよく訳されるこの品種ですが、正式名はGirl Scout Cookies(ガールスカウトクッキーズ)といいます。

THC含有量が最大28%と非常に高いことが特徴的なインディカ優勢のハイブリッド種で、2013年のカンナビスカップ(ハイブリッド部門)で優勝したほか、数々の大会で表彰されている世界的に人気のある品種です。

ストレス、激しい痛み、吐き気、および食欲不振の解消に向いていることから、メディカルユーザーにも非常に人気があります。リラックス効果に優れていることから、夕方〜夜間の摂取をオススメします。

マリファナJP 大麻(マリファナ)専門のメディア
大麻に関する正しい知識、正しい情報を発信し、医療用大麻、産業用大麻、嗜好用大麻等 多岐にわたり世界中の人々から必要とされている大麻を伝える、日本人のためのメディアです。

関連記事一覧

  1. この記事へのコメントはありません。