• CBD
  • CBDについての最新注目情報を配信します。All you need to know about CBD.
  • HOME
  • 記事
  • CBD
  • 【おすすめ高濃度CBDリキッドランキングTOP5】CBDリキッドの効果や特徴を徹底解説!
CBDリキッドランキング

【おすすめ高濃度CBDリキッドランキングTOP5】CBDリキッドの効果や特徴を徹底解説!

世界中から注目されているCBD。オイルやリキッド、さらには食料までさまざまな形態で発売されるようになりました。

ただ、形態ごとにそれぞれ向いている人やおすすめの摂取タイミングが異なります。

その中で今回おすすめしたいのがCBDリキッドです。リキッドは一見ハードルが高そうに感じますが、意外とお手軽。

本項では、CBDリキッドの魅力とおすすめCBDリキッドランキングについて紹介していきます。

CBDリキッドとは? 

CBDリキッド

CBDリキッドとは、その名の通り大麻の主成分であるCBDが含まれた液体のことです。

日本で一番有名なCBDの形態はオイルですが、CBDオイルよりも高濃度のものが多く、CBDの効果を強く感じたい人にはとても人気があります。

また、CBD特有のクセも少ないため、実はCBD初心者にもおすすめの形態でもあるのです。

CBDリキッドの成分

多くのCBDリキッドは、「プロピレングリコール(PG)」と「ベジタブルグリセリン(VG)」、「香料」、そして「CBD」を成分としています。

PGとは食品添加物の一種で、毒性が低いため防カビ剤や防腐剤など幅広く使われている成分です。また、食品以外にも化粧品の保湿剤として配合されることが多く、身の回りの多くのものに使用されています。

ちなみに、PGによって人間に健康被害が出ることはないですが、猫は別です。猫がPGを摂取すると溶血性貧血という病気になり、発作や嘔吐、昏睡状態に陥ることもあります。

そのため、猫がいる空間ではCBDリキッドは使用せずに、離れて使用するようにしましょう。

また、VGはベジタブルと名前についている通り、植物性のグリセリンです。VGも食品添加物として使用されたり、目薬や脳圧降下薬などの医療品として使用されています。

VGを沸点(290℃)まで熱すると毒性の物質「アクロレイン」に変化するといわれていますが、電子タバコやヴェポライザーでの使用ではアクロレインへの変化はみられていません。

VGをCBDリキッドに配合することでミストの量が多くなる特性もあり、ミスト多めが好きな人にはVG配合のリキッドが好まれています。

CBDリキッドの使い方

専用の器具にリキッドを充填し、熱をかけると気化して蒸気がでてくるので、この蒸気を吸引します。熱をかけて燃やす葉タバコとは異なり、リキッドを気化させて蒸気を吸うため、身体に害がある成分が発生しません。

ただし、熱をかけすぎてCBDの燃焼点である235℃以上になると有害物質が発生する恐れがあります。リキッド専用の器具には、温度調整機能がついているものがあるので安全に使いたい人は、それらを使うと良いでしょう。

正しく使えば安全ですが、使い方を間違えると身体に害となるので十分注意して使用してください。

CBDリキッドのメリット

リキッドをヴェポライザーなどの専用器具で吸引する摂取方法を気化吸引と呼びます。この気化吸引の特徴は、なにより即効性があることです。

早いときは30秒~1分で効果を感じることができます。一番流通しているCBDオイルは30分程度かかるといわれているため、その速さは一目瞭然ですね。

しかも、全身に行き渡る割合を表す体内バイオアベイラビリティも、30~40%と他の摂取方法と比べて高い割合を示しています。

つまり、他の摂取方法よりも無駄になるCBDが少ないということです。

CBDリキッドのデメリット

CBDリキッドのメインの摂取方法である気化吸引のデメリットは、持続時間が短いことです。効き目が速い分、オイルと比較すると約半分程度の時間だといわれています。

短いといっても2~4時間は持続するので、集中したいときや睡眠導入剤のような役割で使用するには、十分だといえるでしょう。また、気化吸引するためにはCBDリキッドの他に、専用の機器が必要となります。

加えて専用機器の掃除や部品の交換など、メンテナンスをおこなわなくてはなりません。汚れた状態で吸うのは、CBDの交換を半減させてしまうこともあるため、メンテナンスはこまめにおこなうことをおすすめします。

CBDリキッドの吸引方法

CBDリキッドの吸引機器は、大きく分けて3種類あります。それぞれの特徴をみていきましょう。

リキッド注入式

リキッド注入式は、専用機器にCBDリキッドを充填する、CBDリキッドを吸引する上で一番メジャーな方法です。

専用機器のメンテナンスをこまめにおこなう必要があるため手間はかかりますが、一度購入するとCBDリキッドがなくなるまで吸い続けられます。

10mlのCBDリキッドであれば約20日間持つといわれているため、初期費用はかかりますが長期的にみると一番コスパが良い方法です。

カートリッジ取り替え式

カートリッジのタンク部分にCBDリキッドが入っているので、それを専用機器に取り付けるだけで吸い始めることができます。タンクに入ってる量をすべて使い切るまで特に手を加える必要はありません。

CBDリキッドがすべてなくなったら、容器をそのまま捨てるだけでメンテナンスが不要で持ち運びにも適した方法です。

また、CBDリキッドが入ったカートリッジと専用器具がセットで販売されていて、バラバラで買うよりも安く初期費用は抑えられます。

しかし、CBDリキッド単体で買うよりも割高になってしまうため、ランニングコストがかかるというデメリットは避けられません。

使い切りタイプ

スイッチを入れて吸うだけでOKです。道具を買い揃える必要もセットする必要もありません。手間がかからず、とてもお手軽な商品です。

ただし、CBDリキッドを吸い終えた後もヴェポライザー部分を使い回すことができないため、ランニングコストがかかります。

安いものだと3,000円程度で購入することができることから、一度CBDリキッドを試してみたい人におすすめ!

喫煙器具の種類と特徴 

CBDリキッド用の専用機器は、「ヴェポライザー」と呼ばれるものです。ヴェポライザー本体に好みのアトマイザーをつけたり、ミストの量を調整したりと、カスタマイズが可能なものもあります。

CBD吸引機器 ヴェポライザー

ヴェポライザー(VAPE)は、電子タバコの一種です。タバコ葉を燃やして出た煙を吸うIQOSやgloといった加熱式電子タバコとは異なり、液体を熱すると出てくる水蒸気を吸います。

吸うのは水蒸気なので、有害物質が少なく比較的健康的で喉や肺にも優しい吸引方法です。

また、フレーバー付きのものも多くさまざまなフレーバーを楽しめたり、水蒸気の量を調整できるものがあったりと、自分の好みに合わせてカスタマイズできるのもメリットのひとつ。

しかし、充填するのがリキッドということもあり液漏れがしやすいこと、アトマイザーを定期的に掃除する必要があるといったデメリットもあります。

アトマイザーとは?

CBDリキッドを水蒸気化させる部分のことをアトマイザーと呼びます。吸い口、リキッドを貯めるタンク、コイルと呼ばれる加熱部分の3つのパーツで構成されたユニットです。

ミストの量を調整しているのがコイル。電流が流れにくいとミストが少なく、流れやすいとミストが大きくなります。

電流の流れやすさを抵抗値といい、その数字をみるとアトマイザーの仕様が分かるようになっているのです。

高濃度CBDリキッドに向いている人

高濃度CBDリキッドをおすすめしたい人の特徴をふたつお伝えします。当てはまる人は、CBDリキッドを試してみてください。

はやくCBDの効果を感じたい人 

前述の通りCBDリキッドの摂取方法である気化吸引は、全身に到達する割合を示した体内バイオアベイラビリティが高い摂取方法です。

摂取した量の30~40%が全身に到達するといわれています

効果がでるまでの時間も非常に早いため、集中力をあげたいときや急な頭痛のときなどに使用することがおすすめ!

CBDにリラックス効果を求めている人 

CBDは摂取量によって効果が変わる性質があり、高用量だとリラックス効果が期待できます。

そのため、高濃度CBDリキッドは一回で比較的多量のCBDを摂取できることから、リラックスや安眠効果が期待できるのです。

濃度は高めでもミスト化して吸うため、とても口当たりが良く、さらにさまざまなフレーバーがついていてCBD特有のクセはあまり感じません。

吸い方のポイント

高濃度CBDリキッドを吸うときに意識したいポイントを3つお伝えします。

いきおいよく吸わない

高濃度CBDリキッドは、低濃度のものと比較してむせやすい特徴があります。むせてしまうと体内に吸収されずに吸引したミストが体外へでてしまうため、無駄になってしまうのです。

CBDリキッドのミストを無駄にしないためにも、ゆっくりと吸うようにしてください。

肺にしっかり留める

ゆっくりと吸引したミストは、肺にしっかりと留めるようにしましょう。肺に留めることで、毛細血管からCBDの成分が吸収され、血流にのって全身に届けることが可能です。

また、息を止める時間を少しでも長くすることで肺への滞留時間が長くなるため、より効果が期待できます。

鼻から吐き出す

そして最後に吐き出すときは、口からではなく鼻から吐き出すようにしてください。鼻から吐き出すことで、鼻の粘膜からもCBD成分が吸収され、無駄になる量が少なくなります。

どこでも吸える?

2020年4月に施行された「改正健康増進法」 により、タバコを吸える場所が今まで以上に厳しくなりました。これは紙巻きのタバコも電子タバコも同様です。

ここで気になるのがCBD用のヴェポライザー。CBDリキッド用ヴェポライザーも電子タバコと見た目は同じで、煙を口から吐き出します。

これは、改正健康増進法に該当するのでしょうか?

答えはNOです。

ニコチンやタールなどの有害物質が含まれないことから、受動喫煙防止条例に該当しないため。カフェなどの禁煙席で吸うことは、法律的に問題ありません。

ただし見た目は電子タバコと変わりがないため、周りからは電子タバコだと思われることがあるので、喫煙所で吸うようにしたほうが良いでしょう。

また、JRの駅など場所によってはヴェポライザーも喫煙所以外の使用を禁止しているところもあります。

CBDを無駄にしないために気を付けたいこと

注意事項

CBDの吸い方によっては、無駄になってしまう場合があります。

しかし下記を意識するだけで、CBDが無駄になりません。無駄にしたくない人は試してみてください。

温度管理をしっかりおこなう

 CBDは熱に弱い性質があり、燃焼点である235℃以上に加熱すると有害物質がでてくるといわれています。そのため、CBDの高温加熱は厳禁です。

しかし、だからといって低温タイプのVAPEの場合は、CBDが蒸気にならず吸うことができません。

CBDが気化する温度は160~180℃です。このあたりの温度に調整できるVAPEを選ぶことをおすすめします。

高抵抗値のコイルを使用する 

電流の流れ妨げる力を数値化を数値化したのが抵抗値とお伝えしました。この抵抗値は、ミストの量とフレーバーに関係してきます。

例えば、抵抗値を低くするとフレーバー成分は飛び、蒸気の量は増える爆煙タイプに、抵抗値を高くすればゆっくりと加熱することでフレーバーをしっかり感じることが可能。

ただし、フレーバー成分とともにCBD成分も飛ぶといわれています。そのような理由からCBDをリキッドで効率良く吸うには、CBD成分が飛びづらい高抵抗のコイルが適しているということです。

高濃度CBDリキッドおすすめランキングTOP3

CBDリキッド

ここでは、CBDリキッドの中でも高濃度のものを中心におすすめの商品を紹介していきます。

第1位 AZTEC CBDリキッド3本セット

イギリスにあるロンドンのCBDブランドです。フルスペクトラム製法をイギリスで初めて導入したブランドで、フランスのオーガニックな土壌で栽培された大麻草を使用しています。

抽出方法も身体に害が少ないといわれる超臨界CO2抽出で、ヨーロッパの人気No.1となりました。

また、この商品はバッテリーが同梱されたカートリッジ方式。そのため届いたらすぐ吸える上に、バッテリーには3段階の温度管理機能がついているため、CBDを無駄なく吸うことができます。

フレーバーは人気のO.G.KUSHです。控えめなCBD特有の匂いや味のなかに柑橘系の爽やかな香りがします。

CBD含有率

55%

内容量

0.5ml

価格

26,800円

CBDの種類

フルスペクトラム

CBD吸引方法

カートリッジ形式

第2位 CBD リキッド Koi Spectrum Cartridge C7 バッテリーセット koi スペクトラム カートリッジ 1.0ml 500mg 50%

同梱のバッテリーに取り付けるだけですぐに吸えるカートリッジ形式です。Koi Spectrum社のCBDリキッドは、PGを使用していません。

つまり、猫を飼っている人や猫がいる環境で吸っても問題がないというわけです。愛猫家にはとてもありがたい成分となっています。

ほかにもPGを使用していないメリットは、喉が乾きづらいということ。PGには吸湿性があり、PG配合のCBDリキッドを吸っていると喉が乾くという人も多かったようです。

ただ、CBD特有の青臭さや、いわゆるキック感があるのでCBD初心者よりも慣れている人のほうが向いているかもしれません。

CBD含有率

50%

内容量

1ml

価格

8,980円

CBDの種類

フルスペクトラム

CBD吸引方法

カートリッジ形式

第3位 CANNABEES STRAW

CANNABEESは日本のメーカーで、日本の法律に合うように、日本人の生活や口に合うように製品作りを行っているメーカーです。アメリカ食品医薬局(FDA)認可の施設で検査された原料を日本に輸入した後に加工をしています。

香料も天然素材から採れたものを使用していて、少しでも身体に悪いと思われる成分は入っていません。

また、初心者やCBD特有の味が苦手な人が手に取りやすいように、苦味を排除しフレーバーが口のなかにふわっと香るように作られました。

特に甘い香りが心も癒してくれるベリーフレーバーは、人気がとても高い商品です。スイッチなどでの操作は不要で吸うだけでOK。そのため、気軽にCBDを楽しむことができます。

CBD含有率

60%

内容量

1ml

価格

17,600円

CBDの種類

フルスペクトラム

CBD吸引方法

使い捨て形式

フレーバー

ベリー、メンソール

第4位 AZTECA CBDリキッド

前述のようにAZTECAのCBDに対する品質は、商品が変わっても全く問題ありません。中身はもちろんですが、パッケージも他のメーカーのCBD製品と異なり缶に入っています。

アフターユースもでき、飾っているだけでもおしゃれに仕上がりそうです。

また、高濃度CBDリキッドのなかで7種類ものフレーバーが揃っているのは、AZTECAだけかもしれません。甘すぎずフルーツ本来の味を活かしたフレーバーは、どれも大人気で、発売後は入荷してもすぐ売り切れていました。

甘いのが好きな人にはスイートストロベリー、すっきりさせたい人にはアイスミント、定番はオージークッシュがそれぞれ人気です。

CBD含有率

20%

内容量

10ml

価格

24,800円

CBDの種類

フルスペクトラム

CBD吸引方法

注入式

フレーバー

オージークッシュ、クラッシュヘンプ、グランドダディパープル、アイスミント、マンゴークッシュ、サワーディーゼル、スーパーレモンヘイズ、スイートストロベリー、スキトルズ

〜番外編〜Canna Tech CBDパウダー

どうしてもCBDリキッドの濃度が足りない、高濃度のCBDリキッドを試してみたいという人には、自作のCBDリキッドがおすすめです。

作り方はお手持ちのCBDリキッドに混ぜるだけなので、とっても簡単。

カートリッジ方式や使い捨てのものには使えませんが、注入式のものであればパウダーを入れて混ぜたCBDリキッドをVAPEに入れればOKです。

CBDリキッド以外にも、飲み物や食べ物にけるだけでいいので、とても汎用性があります。

CBD含有率

99%

内容量

1g

価格

6,980円

CBDの種類

アイソレート

まとめ

高濃度のCBDリキッドについて紹介しました。使い捨てのものがあったりと、意外にCBDリキッドはお手軽だということをお分かりいただけたでしょうか。

口の中に垂らすCBDオイルと異なり、CBDリキッドを人前で吸っていても違和感がありません。自宅はもちろん、出先や人前でも吸いやすいCBDリキッドを試してみてください。

マリファナJP 国内最大の大麻総合メディア
大麻に関する正しい知識、正しい情報を発信し、医療用大麻、産業用大麻、嗜好用大麻等 多岐にわたり世界中の人々から必要とされている大麻を伝える、日本人のためのメディアです。マリファナJPでは大麻の関連の情報の発信をしていますが、大麻取締法を犯す事を「扇動、教唆、示唆、ほう助」する内容ではございません。日本では大麻の所持、栽培は違法ですので絶対に使用しないでください。

The following two tabs change content below.

佐々木優輔

CBD歴3年で数々のメディアでCBDに関しての記事を作成しています。最近では、周囲の人に対してCBDの魅力を伝える活動も個人的に実施中。
CBDリキッドランキング

関連記事一覧