• CBD
  • CBDについての最新注目情報を配信します。All you need to know about CBD.
  • HOME
  • 記事
  • CBD
  • フルスペクトラムCBDとは何?他のCBD製品とどう違うのか?

フルスペクトラムCBDとは何?他のCBD製品とどう違うのか?

日本で購入出来るCBD製品は増え、お値段もお手ごろなものも多くなりました。

どの製品を買うかと調べいていると、よく目にする言葉「フルスペクトラム」「アイソレート」

今回は、CBDを知る上での基本知識、フルスペクトラムとアイソレートについて調べてみました。

フルスペクトラムCBDとは?

大麻に含まれるカンナビノイドは100種類以上あると言われ、CBDはそのカンナビノイドの代表的な成分です。

フルスペクトラムCBDとは、大麻から抽出されたカンナビノイド成分をそのまま抽出し、特定成分の分離を行わない、生搾り製法のことをいいます。

大麻の持つCBDを含めた天然由来成分が全部、ギュギュッと詰まった状態です。(※日本では「ハイになる」成分であるTHCは除外されます。)

分かりやすい例えで言うなら、

フルスペクトラム:オレンジをジューサーに入れて絞った生搾りオレンジジュース
アイソレート:ビタミンC入りのオレンジ果汁ドリンク

このような違いです。パッと見ただけだと、両方ともオレンジジュースなのですが、本来のバランスが取れたオレンジの成分を摂取するのは、生搾りオレンジジュースの方が確実なのは一目瞭然です。

フルスペクトラムCBDに入っている成分

「では、生搾りと例えたフルスペクトラムCBDは、CBD以外にどんな成分が入っているのでしょうか?」

大麻に含まれるカンナビノイドには、代表的なものとして、次のような物があります。

・THC
・CBG
・CBC
・CBN
・CBL
・CBE
・CBT
など

今回は比較的研究の進んでいるカンナビノイド成分についてご紹介します。

THC(テトラヒドロカンナビノール)

THCは、向精神作用を有するカンナビノイドです。日本では、THC=薬物と捉えられていますが、医療大麻が合法なアメリカなどでは医療目的で使用されています。

THCは幅広い医療用途を有しており、以下の症状に効果的であることが明らかになっています。

・PTSD
・神経障害性および慢性の痛み
・不眠症
・吐き気
・炎症
・関節炎
・偏頭痛
・癌
・クローン病
・線維筋痛症
・アルツハイマー病
・多発性硬化症
・緑内障
・ADHD
・睡眠時無呼吸
・食欲不振

CBG(カンナビゲロール)

植物体内でTHC、CBD、CBCの前駆物質(それぞれの物質が生成される前段階)。

主に抗菌作用を持ち、炎症を抑え、ガン腫瘍を抑制し、骨の成長促進をすることが研究で明らかになっています。

GW製薬によると、CBGは、うつ病の治療に有効であるということが示されています。

CBC(カンナビクロメン)

CBCは、THCやCBDとは異なる構造を持っています。

研究はまだ発展途上ですが、CBCは、疼痛の軽減、炎症を抑える、骨の成長促進の作用があります。

神経変性疾患(アルツハイマー病、パーキンソン病など)の治療への応用も期待されています。

CBN(カンナビノール)

CBNは、THCの分解によって生まれる副産物です。CBNは、THCの10分の1程度の精神作用があり、痛みの緩和、炎症を抑える、睡眠補助の作用が明らかになっています。

さらに、カンナビノイド成分以外には、エッセンシャルオイルとなるテルペン、フラボノイド、ビタミン、タンパク質、脂肪酸なども含まれています。

単一CBD vs フルスペクトラムCBD

THC

それでは、フルスペクトラムではない、単一のCBDとの違いは何でしょうか?

まずは研究が進んでいる代表的なCBDの効能についてみていきましょう。

  • 制吐作用:悪心、嘔吐に効果
  • 抗けいれん作用:けいれん発作に効果
  • 抗精神障害作用:精神疾患に効果
  • 抗炎症作用:炎症性疾患に効果
  • 抗酸化作用:神経変性疾患に効果
  • 抗がん作用:腫瘍、がん細胞に効果
  • 抗精神(抗不安)作用、抗うつ病作用:不安症、うつ病に効果

具体的なCBDの医療的効果については、以下のような疾患について研究されています。

  • 依存症
  • 筋萎縮性側索硬化症(ALS)
  • ぜんそく
  • 自閉症・アルツハイマー病
  • 不安神経症
  • ADHD
  • 関節炎
  • 自己免疫疾患
  • がん
  • うつ病
  • 自己免疫疾患
  • 糖尿病
  • 線胃筋痛症
  • 炎症性腸疾患
  • 片頭痛
  • 多発性硬化症(MS)
  • ニューロパチー
  • 肥満
  • パーキンソン病
  • 疼痛
  • 心的外傷後ストレス障害(PTSD)
  • 統合失調症
  • 発作性疾患(てんかん症候群)
  • 皮膚病
  • 睡眠障害

など多方面から注目されています。また、ヒトだけでなく、ペットにも効果があるため、近年ではペット用のCBD製品も多く販売されています。

このような、多くの効果が期待されているCBDですが、ルミール・ハヌスとイスラエルのヘブライ大学の二人の研究者によると、単一のCBD摂取は、一定の量に達すると治療効果が大幅に減少することが分かっています。

これは、単体CBDの釣鐘容量反応と呼ばれています。

CBDは、他のカンナビノイドと共存することで、CBDの用量反応が向上し、腫瘍細胞に対する抗増殖効果や、膀胱収縮に対する抑制効果を立証した報告も裏付けられています。

単一のCBDだけで摂取するよりも、CBDを含めた多成分の抽出物と一緒に摂取した方が、治療的な優位性高まることが、様々な研究で明らかになっています。

この働きのことを、「アントラージュ効果」といいます。

フルスペクトラムCBDのメリット

大麻の化学成分のすべてが合わさったフルスペクトラムは、単一CBDで消費されるCBDアイソレートよりも、医薬品または健康補助食品として、より効果的に機能するという証拠があります。

もちろんアイソレートには独自の利点がありますが、フルスペクトラムは、単一CBDのアイソレートよりも優れている可能性があります。

フルスペクトラムCBDでは、用量が増えれば反応も増えるといった明確な相関関係があり、少量の著しい鎮痛作用が得られるのに対して、単一CBDで同じ作用を得るためには、はるかに多くの量が必要なことが分かっています。

また、大麻に含まれる香り成分、テルペンは、アロマオイルとして使われる発揮性物質で、リラックス効果、鎮静効果、抗アレルギー効果などの作用があります。

テルペンの例として、このようなテルペンの働きを借りて、カンナビノイドの働きを増加させることも、アントラージュ効果のひとつといえます。

ブロードスペクトラムCBDとは?

美女

ブロードスペクトラムCBDとは、フルスペクトラムCBD」と「CBDアイソレート」を少し混ぜたような方法で製造されています。

とはいえ、実はブロードスペクトラムの具体的な基準はありません。

各ウェブサイトに記載されている内容をまとめると、2つのパターンに分かれることがわかりました。

  1. CBDアイソレートに、他のカンナビノイド成分を混ぜたもの
  2. フルスペクトラム=THCを含んだ抽出成分として定義した際に、THCを完全に抜いたもの

このように、ブロードスペクトラムは曖昧な定義にあるため、各成分についてしっかり見極める必要があります。

国内におけるフルスペクトラムCBD

CBDオイル

日本国内では、THCは麻薬取締法の取締対象になっています。

一方、諸外国では、THC濃度基準を1〜0.3%と定めているため、輸入した製品に微量のTHCが含まれている可能性もあります。

CBD製品は、国内へ輸入する際に、厚生労働省の認可を経て税関で実物の検査を通した上で販売しているので安心ですが、こういった諸外国と日本の法律の違いを理解した上で使用することは、消費者の認識にも関わってくる内容です。

上記にも記載した通り、CBDの有用性においてはフルスペクトラムCBDが優位です。

しかし、こういった日本の法律の回避のために、曖昧なTHCを一切含まないことが明らかなCBDアイソレートを用いて、国内でCBD製品を製造している会社も多いのが現状です。

その場合、「フルスペクトラムCBD」とは記載されていないため、見分けることも容易です。

各製品とも、アントラージュ効果を用いて、テルペンを含有し、効果効能を謳っている製品も多いため、国内で法律の心配をせず、安心して使用することができます。

まだまだ新しい分野のCBDは、知識があるかないか、が非常に重要になってきます。CBD製品を購入の際はぜひ、事前にリサーチを行ってみましょう。

マリファナJP 国内最大の大麻総合メディア
大麻に関する正しい知識、正しい情報を発信し、医療用大麻、産業用大麻、嗜好用大麻等 多岐にわたり世界中の人々から必要とされている大麻を伝える、日本人のためのメディアです。マリファナJPでは大麻の関連の情報の発信をしていますが、大麻取締法を犯す事を「扇動、教唆、示唆、ほう助」する内容ではございません。日本では大麻の所持、栽培は違法ですので絶対に使用しないでください。

The following two tabs change content below.

K

マリファナJP代表のKです。 日本経済に新しいマーケットを誕生させると共に、日本人に大麻の素晴らしさを伝え、1人でも多くの日本人に大麻に対する正しい理解をしてもらえる様に現在活動しております。

関連記事一覧