• About Marijuana
  • マリファナの吸い方や基本情報を配信 All the basics for marijuana
CBN

大麻の主成分の1つのCBNって何??

大麻

大麻には様々な化学物質が存在します。

有名な化学物質としては、テトラヒドロカンナビノール(THC)やカンナビジオール(CBD)がよく取り上げられます。

大麻を吸ったことがなくても、この化学物質名を聞いたことがある人も多いのではないでしょうか?

しかし、テトラヒドロカンナビノール(THC)やカンナビジオール(CBD)以外でも医療に応用できる可能性がある化学物質があります。

それが今回紹介するカンナビノール(CBN)です。

テトラカンナビノールやカンナビジオールより知名度はありませんが、現在様々な効果があることが分かってきました。

そこで今回はカンナビノールの効果をご紹介していきましょう。

 

カンナビノール(CBN)とは何か?

大麻を吸う男性

そもそもカンナビノール(CBN)とはどういったものなのでしょうか?

カンナビノール(CBN)は大麻内に微量しか存在しない化学物質で、テトラヒドロカンナビノール(THC)を酸化することによって生まれる副産物です。

大麻の梱包が上手くいかずに空気に触れた場合、製造した大麻を長期間保管した場合でもカンナビノール(CBN)濃度が高くなります。

大麻が空気に触れると、大麻内に存在するテトラヒドロカンナビノール(THC)が徐々に酸化されていき、カンナビノール(CBN)に変化します。

そのため、古い大麻や空気に触れた大麻はカンナビノール(CBN)濃度が高くなるということですね。

カンナビノール(CBN)の効果とは?

睡眠中の女性

いよいよカンナビノール(CBN)の効果について迫っていきましょう。

様々な研究によって、カンナビノール(CBN)には以下の効果があることが分かってきました。

・鎮痛効果

・睡眠導入効果

・骨細胞の成長促進

・抗菌作用

・抗炎症作用

・抗けいれん作用

・食欲刺激効果

となります。

カンナビノール(CBN)で睡眠障害が解決する?

カンナビノール(CBN)で最も効果があるといわれているのは、鎮静効果(睡眠導入効果)です。

Steep Hillの研究によると、5mgのCBNは10mgのジアゼパム(鎮静剤)と同程度の効果があることが分かっています。

カンナビノール(CBN)のこの鎮静効果は他のカンナビノイドよりも強力で、不眠症などの睡眠障害を抱えている人には画期的な物質です。

カンナビノールで睡眠障害が解決する?

睡眠薬
From qlifepro

カンナビノール(CBN)で最も効果があるといわれているのは、鎮静効果(睡眠導入効果)です。

Steep Hillの研究によると、5mgのCBNは10mgのジアゼパム(鎮静剤)と同程度の効果があることが分かっています。

カンナビノール(CBN)のこの鎮静効果は他のカンナビノイドよりも強力で、不眠症などの睡眠障害を抱えている人には画期的な物質です。

カンナビノール(CBN)には依存性がない?

悪寒を感じている女性

 

ジアゼパムなどの鎮静薬は使用することによって、中毒症状を起こしてしまうことがあります。

ジアゼパムで中毒症状になった場合、運動失調・低体温・嘔吐・頻脈などの症状があらわれ、重篤な場合になると昏睡・呼吸停止などの死の危険もあります。

しかし、カンナビノールにはそのような中毒性はほとんどないといわれています。

そのため、カンナビノール(CBN)は既存の鎮静薬で中毒症状に陥った人が安心して使用できる治療薬としての可能性があります。

研究が進んでカンナビノール(CBN)の作用機序や効果が明確となれば、鎮静薬の基準がカンナビノールに置き換わることになるかもしれません。

大麻にはカンナビノール(CBN)は微量しか含まれていない

しかし、カンナビノールにもデメリットがあります。

大麻にはカンナビノール(CBN)は微量しか含まれていません。

乾燥させた大麻の花ではTHC(テトラヒドロカンナビノール)濃度が30%を超えることもありますが、カンナビノール(CBN)濃度は1%以下の場合がほとんどです。

普通に大麻を吸ったとしても、大麻内に含まれるカンナビノール(CBN)が微量であるため、カンナビノール(CBN)の効果を得ることはほとんどないでしょう。

カンナビノール(CBN)を利用したい場合はどうすればいい?

それではカンナビノール(CBN)を利用したい場合はどうすればいいのでしょうか?

1番簡単な方法は、大麻を空気中に触れさせればいいのです。

先ほどお話したように、大麻内のテトラヒドロカンナビノール(THC)が空気によって酸化されれば、カンナビノール(CBN)に変化します。

ということは、意図的に乾燥大麻を長時間空気中に放置すれば、カンナビノール(CBN)濃度が増えるということですね。

 

カンナビノール(CBN)を含む製品を使った方がラク!

残念ながら、単純に乾燥大麻を空気中に放置したとしても大麻内のカンナビノール(CBN)は微量しか増えることはないでしょう。

空気中に放置することによるカンナビノール(CBN)濃度のデータなども存在しません。

それならばカンナビノール(CBN)を含む製品を利用した方が、簡単かつ確実に大量のカンナビノール(CBN)を摂取できます。

しかし、カンナビノール(CBN)の存在や効果がほとんど認知されていないので、カンナビノールを大量に含む製品はありません。

これから研究が進んでいけば、その有効性が明確となりカンナビノールを多く含む製品が作られていくと思います。

その製品ができるまでは、やはり乾燥大麻を空気中に放置してカンナビノール濃度を含んだ大麻から摂取するしかないようですね。

まとめ

カンナビノール(CBN)の効果を知っていただけたでしょうか?

カンナビノール(CBN)は鎮静効果などがあるため、世界中の関心が集められています。

今後カンナビノール(CBN)の研究が進んで治療薬が開発されれば、睡眠障害や不安症、うつ病などで苦しんでいる多くの人を助けることができる可能性があります。

早くカンナビノール(CBN)が製品化されてほしいですね!

The following two tabs change content below.

K

マリファナJP代表のKです。 日本経済に新しいマーケットを誕生させると共に、日本人に大麻の素晴らしさを伝え、1人でも多くの日本人に大麻に対する正しい理解をしてもらえる様に現在活動しております。

関連記事一覧

  1. この記事へのコメントはありません。