• COLUMN
  • マリファナについての最新注目情報を配信します。All you need to know about marijuana.
  • HOME
  • 記事
  • COLUMN
  • エンドカンナビノイドシステム(ECS)とは?CBDとの関係も徹底解説

エンドカンナビノイドシステム(ECS)とは?CBDとの関係も徹底解説

最終更新日 2020-10-16

エンドカンナビノイドシステム(ECS)という言葉を初めて聞いた人も多いのではないでしょうか?

あまり聞き慣れない言葉ですが、人間が生きていく上でとても大切なシステムです。

しかし、現代社会では日頃のストレスなどからその働きが弱まっている人も少なくありません。

本頁では、私たちの生活にエンドカンナビノイドシステムがどのように関わっているのか、動きを活性化させるためにはどうしたら良いのか説明します。

エンドカンナビノイドシステム(ECS)とは?

エンドカンナビノイドシステムとは、人間の体内に元から備わっている身体調整機能です。この機能は、1990年代に発見されました。人間の生態系機能を保つために重要な役割を担っていることがわかっています。

仕組み

エンドカンナビノイドシステムとは、カンナビノイド受容体と内因性カンナビノイドの総称です。カンナビノイド受容体に、内因性カンナビノイドが届くことでエンドカンナビノイドシステムが活性化します。

「記憶」や「食欲」「骨の健康」や「新しい細胞の形成」「ホルモンバランス」などを調整するために必要な機能です。ストレスや体調によってバランスが崩れることで様々な病気を引き起こすといわれているほど、エンドカンナビノイドシステムは生きていく上で欠かせません。

そのバランスを保つためには、カンナビノイドが十分にカンナビノイド受容体に届けられることが重要です。カンナビノイド受容体はCB1受容体とCB2受容体の2種があり、全身のさまざまなところに存在しています。

受容体によって関係する機能が異なるため、それぞれの特徴をみていきましょう。

CB1受容体

「記憶」「食欲」「鎮痛」「睡眠」「感情」に関係があり、「脳」や「中枢神経」「消化管」「膵臓などの臓器」「骨」などに存在している受容体です。中枢神経系で神経伝達物質の調整をおこなっています。

CB2受容体

炎症の軽減や免疫反応の調整に関係があり、末梢神経、免疫系、消化管内に存在している受容体です。免疫機能や炎症の防御に関わっています。

効果

エンドカンナビノイドシステムが作用することで、ホメオスタシスの維持が可能です。

ホメオスタシスとは恒常性を意味し、心身のバランスが通常の状態であることをいいます。

つまり、エンドカンナビノイドシステムには、身体の状態をニュートラルに保つ役割があるということです。

例えば、暑い時には汗をかいて体温を通常の状態にします。これもエンドカンナビノイドシステムの働きによって起きる調整のひとつなのです。

カンナビノイドの種類

エンドカンナビノイドシステムに働きかけるカンナビノイドには、いくつかの種類があります。

内因性カンナビノイド

体内でつくられるカンナビノイドです。全部で10種類程ある中から、特に重要な二つを紹介します。

アナンダミド(N-アラキドノイルエタノールアミン)

CB1受容体に作用するカンナビノイドです。神経が興奮しすぎることを抑制するなどの特徴があります。麻薬のような陶酔感や聴覚の鋭敏化は生じることはありません。

2-アラキドノイルグリセロール(2-AG)

CB2受容体に作用するカンナビノイドです。神経の昂りや、脂質代謝、肥満等の生活習慣病と関連性に働きかけます。炎症の軽減や、免疫反応の調整に関与している成分です。

植物性カンナビノイド

大麻草からとれる104種類のカンナビノイドです。植物性カンナビノイドは、内因性カンナビノイドに比べて体内で分解されにくい性質があります。そのため、効果が長続きしやすいのが特徴です。

合成カンナビノイド

化学的に合成されたカンナビノイドです。植物性のものと比べて危険性が数十倍もあるため、日本では指定薬物として規制されています。

しかし、米食品医薬品局(FDA)が許可した成分もあり、海外では薬品として使用・販売されていることも。

どんなことで刺激されるの?

日頃の生活でもエンドカンナビノイドシステムを刺激できます。いずれの方法も簡単に取り入れることができるため、身体の調子が悪いと感じた場合は試してみてください。

運動

身体を動かすことでCB1受容体が活性化されます。CB1受容体が活性化されるだけでなく、カンナビノイドの伝達やアナンダミドの生産も一緒に活性化されるため、包括的なエンドカンナビノイドシステムの刺激につながるというわけです。

運動中に多幸感や心地よさを感じた経験がある人もいるのではないでしょうか??

それは、エンドカンナビノイドシステムが刺激されたことにより、感じたものといえるでしょう。特にヨガや瞑想は、エンドカンナビノイドシステムの天敵であるストレスを軽減させる効果があるためおすすめです。

強制されてする運動はストレスにつながり、CB1受容体の働きを弱めてしまう恐れがあるため注意しましょう。

寒冷曝露

寒冷曝露とは、寒さにさらされることです。寒さにさらされることで体温を調整する働きが起き、エンドカンナビノイドシステムが作用します。人為的な方法は、冷水で手を冷やす、入浴後に冷たいシャワーを浴びる、などで引き起こすことが可能です。

ダークチョコレート

体内の脂肪酸アミド加水分解酵素(FAAH)は、エンドカンナビノイドシステムの分解に関与している物質です。カカオに含まれているN-アシルエタノールアミン(NAE)には、FAAHの活性を抑えアナンダミドを活性化する作用があります。

それにより、エンドカンナビノイドシステムが刺激され、働きを高まるのです。

オメガ-3脂肪酸

オメガ-3脂肪酸が欠如すると、内因性カンナビノイドの機能が弱まるということが研究によりわかっています。(引用:栄養オメガ3欠損症は内因性カンナビノイドが仲介する神経機能を消失させる)

オメガ-3脂肪酸は、内因性カンナビノイドの原料といわれるほど重要な成分です。CB1受容体、CB2受容体のどちらにも作用するため、積極的に摂取することをおすすめします。

β-カリオフィレン

β-カリオフィレンとは、ほうれん草やケールなどに含まれている栄養素です。この栄養素にはCB2受容体を活性化作用があり、CBDのアントラージュ効果には欠かせません。

β-カリオフィレンは、テルペンの一種でリラックスや抗炎症効果があるのも特徴のひとつ。アントラージュ効果を引き出すテルペンの中で唯一CB2受容体に直接働きかけることが可能なため、比較的はやく効果を感じられます。

黒コショウやバジルなどのスパイスにも含まれていて、日々の食卓で取り入れやすいテルペンです。また、カロリー過多はエンドカンナビノイドシステムを乱すことがあるといわれているため、バランスの良い食事を意識しましょう。

植物性カンナビノイド(CBD)を摂取

植物性カンナビノイドで知られるCBDの摂取は、エンドカンナビノイドシステムを活性化させるのに有効です。体内で十分に生産されず不足しがちな内因性カンナビノイドの代わりとなり、CB1受容体、CB2受容体の両方に作用します。

さらに、受容体に直接働きかけるだけでなく、CB1受容体を作用するアナンダミドの量を増加させることも可能です。

また、内因性カンナビノイドと比べて体内で分解されにくいため、体内に長く止まってくれます。そのため、少量ずつの摂取でもエンドカンナビノイドシステムを作用させやすいのが特徴です。

合成カンナビノイドを摂取

内因性カンナビノイドと植物性カンナビノイドの構造を基に合成したカンナビノイドです。海外では経口スプレーや制吐薬、鎮痛剤として使用されています。

もちろんエンドカンナビノイドシステムに作用するように合成されていますが、日本では規制対象です。合成カンナビノイドとカンナビノイド受容体の結合能力が高いという理由から、指定薬物となりました。

そのため、日本国内でエンドカンナビノイドシステムを刺激する方法としては適していません。

まとめ

エンドカンナビノイドシステムは、ストレスや加齢によって働きが弱くなります。エンドカンナビノイドシステムの働きが弱まるとカンナビノイド欠乏症になることも。カンナビノイド欠乏症は、さまざまな疾患を引き起こすといわれています。

そのため、できる限りエンドカンナビノイドシステムの働きを弱めないことが大切です。日頃の生活でエンドカンナビノイドシステムを十分に活性化できない場合は、CBDオイルなどで補うことをおすすめします。

マリファナJP 国内最大の大麻総合メディア
大麻に関する正しい知識、正しい情報を発信し、医療用大麻、産業用大麻、嗜好用大麻等 多岐にわたり世界中の人々から必要とされている大麻を伝える、日本人のためのメディアです。マリファナJPでは大麻の関連の情報の発信をしていますが、大麻取締法を犯す事を「扇動、教唆、示唆、ほう助」する内容ではございません。日本では大麻の所持、栽培は違法ですので絶対に使用しないでください。

The following two tabs change content below.

K

マリファナJP代表のKです。 日本経済に新しいマーケットを誕生させると共に、日本人に大麻の素晴らしさを伝え、1人でも多くの日本人に大麻に対する正しい理解をしてもらえる様に現在活動しております。
VapeMania CBD Liquid No.1

関連記事一覧