• COLUMN
  • マリファナについての最新注目情報を配信します。All you need to know about marijuana.
  • HOME
  • 記事
  • COLUMN
  • 【大麻と免疫の関係性】大麻は免疫システムを構築するのか?それとも壊すのか?

【大麻と免疫の関係性】大麻は免疫システムを構築するのか?それとも壊すのか?

最終更新日 2020-10-16

大麻は、特定の病状を管理することに役立つことで知られています。大麻に対する認知度が高まるにつれ、消費者は、特定の自己免疫疾患、炎症、胃腸障害の治療におけるカンナビノイドの治療効果の可能性について、よりよく理解するようになってきています。

しかし、大麻は免疫系全体にどのような影響を与えるのでしょうか?

大麻を常用している人なら、大麻が免疫系を弱めるのか、それとも強くするのか、考えたことがあるかもしれません。

大麻を頻繁に使用すると、感染症や伝染病にかかりやすくなるの?

大麻と免疫システムに関する研究は、歴史的に見ても科学者の興味をそそるものではありません。しかし、大麻が体に及ぼす影響についての理解が深まるにつれ、大麻が免疫系にどのような影響を及ぼすかについて広く知る必要があります。

現在のデータは、大麻が免疫系の機能を抑制することを示しています。これは自己免疫疾患のある人には有効であるが、免疫系の機能を持つ人にはあまり有効ではないかもしれません。

今回は、大麻は免疫システムを構築するのか壊すのか?ということについて解説していきます。

免疫システムとは

免疫システムは、体の中で最も洗練されたものです。専門化された細胞、内因性化学物質、臓器が連携して病原体や感染症を防御し、体の健康を守っています。

免疫システムは多面的であり、感染症と積極的に戦うその中核的な構成要素には、白血球、補体系、抗体、リンパ系、脾臓、胸腺、骨髄などがありますが、ここでは主に白血球についてお話しします。

過去に免疫システムによって駆除されたすべての微生物の記憶が白血球に記録されています。これらの記憶は、すでに経験した感染症を迅速に追跡し、排除することを可能にします。また、免疫システムは、機能不全に陥った細胞を検出し、根絶する役割も担っています。

大麻と特定の免疫要素との相互作用について、私たちが知っている知識は限られています。白血球数やリンパ系へのカンナビノイドの影響についての研究もありますが、胸腺や補体系への影響についてはあまり分かっていません。

「大麻」「エンドカンナビノイドシステム」「免疫系」の関係性

体内のエンドカンナビノイドシステム(ECS)と免疫システムの間には、特別な関係が存在します。ECSは一般的に免疫系のゲートキーパーの一つと考えられており、病気を引き起こす可能性のある圧倒的な炎症反応の発症を防ぎます。

ECSはまた、免疫細胞の機能にも影響を与えます。エンドカンナビノイドシステムのCB1とCB2受容体は、免疫系内での大麻の効果を媒介しています。

2つの主要なカンナビノイドであるTHC(テトラヒドロカンナビノール)CBD(カンナビジオール)は、カンナビノイド受容体と特徴的な相互作用により、免疫系に独特の影響を与えるようです。豊富な文献は、カンナビノイドがほとんどのタイプの免疫細胞の機能に影響を与えることを示唆しています。

2020年のレビューでは、CBDが免疫系の特定の炎症反応を抑制し、免疫細胞の細胞死を誘導する可能性があるという確固たる証拠が発見されています。免疫細胞の死は必ずしも悪いことではなく、細胞にとって正常であり、炎症反応を緩和することで人を守るのに役立ちます。

CBDと同様に、THCもまた免疫活動を抑制し、炎症反応を抑制します。また、THCは抗菌作用を司る免疫細胞の機能を変化させることも示されています。

大麻は免疫系にどのような影響を与えるのか?

科学者が大麻と免疫系について議論するとき、大麻の効果を免疫調節作用と免疫抑制作用として論じることがよくあります。

免疫調節とは、免疫系の反応を調整する治療法のことを指します。

大麻が免疫系を抑制する場合、免疫抑制作用です。

ここで指摘しておきたいのは、大麻が免疫系細胞を抑制する能力を持つことは、免疫系が異常に制御されていて抑制が必要な場合に有用です。そうでない場合は、免疫抑制は役に立たないかもしれません。

2017年に発表された研究では、CBDとTHCの両方が、免疫細胞の腸管リンパ系に免疫調節作用を持つことが示されています。また、リンパ系には、体内に浸潤した異物や物質を見つけて破壊するために重要な役割を果たすリンパ球(白血球)が半分以上含まれています。

この研究者達らは、以下のように述べています。

CBDとTHCを脂肪と一緒に経口投与すると、腸管リンパ系のカンナビノイド濃度が非常に高くなることが明らかです。リンパ細胞内のCBD濃度は血漿の250倍、THC濃度は血漿の100倍です。

では、このことが何を意味するのでしょうか?

自己免疫疾患を持つ個人にとって、大麻はリンパ系でより高い濃度に到達することができ、不健康な炎症性免疫反応をよりうまく抑制することができます。

免疫抑制剤としての大麻の長所と短所

大麻の免疫抑制作用は、自己免疫疾患の患者にとっては良いですが、他の大麻使用者にとっては問題を引き起こす可能性があります。

2003年に健康なボランティアの方を対象に行われた研究では、定期的に大麻を摂取することで免疫機能が抑制される可能性があります。大麻使用者は、炎症細胞が少なく、抗炎症細胞が多いことが判明しています。

炎症の可能性が減ることは良い事のように聞こえるかもしれないが、この事例では、白血球の機能性の大幅な減少と関連しています。定期的に大麻を使用していた方は、腫瘍や微生物感染症の広がりを制限する細胞の量が減少しています。

研究はまた、個人の生涯にわたる大麻使用と特定の免疫系のシステムの減少との間に用量反応関係がある可能性があることを示しています。

大麻が極端に免疫力を低下させている人に与える影響はどうなのでしょうか?

残念ながら、化学療法を受けている人にとっては、大麻は感染と戦う細胞を大幅に減少させる可能性があります。この抑制された反応は、がん患者の免疫系に対する化学療法の有害な影響をさらに増大させる可能性があります。

しかし、感染症に特に脆弱なHIVおよびAIDS患者を対象とした研究では、大麻が免疫機能に悪影響を及ぼすという確固たる証拠はないことが示されています。

むしろ、HIV患者の大麻使用は、統計的に有意なウイルス負荷の減少とCD4細胞の増加をもたらし、免疫システムを強化する可能性があることが示唆されています。CD4細胞は、免疫システムの頑健性を示す指標と考えられています。

既存の研究では大麻と免疫系に関する洞察を得ることができますが、より厳密なデータが必要です。全米科学・工学・医学アカデミー(NASEM)の2017年報告書によると、大麻やカンナビノイド系医薬品がヒトの免疫系に及ぼす影響については、確固たる結論を出すにはまだ十分な研究がないとされています。

コロナウイルスの時代の大麻

研究者達の間では、コロナウイルス によってもたらされた地球環境を鑑み、大麻が免疫システムに与える影響についての理解を深めたいという動きがあります。

一部の大麻研究者は現在、コロナウイルス の治療に大麻が有用か有害かの調査に焦点を当てています。免疫系に対するカンナビノイドの効果についてより深い研究が奨励されています。

マリファナJP 国内最大の大麻総合メディア
大麻に関する正しい知識、正しい情報を発信し、医療用大麻、産業用大麻、嗜好用大麻等 多岐にわたり世界中の人々から必要とされている大麻を伝える、日本人のためのメディアです。マリファナJPでは大麻の関連の情報の発信をしていますが、大麻取締法を犯す事を「扇動、教唆、示唆、ほう助」する内容ではございません。日本では大麻の所持、栽培は違法ですので絶対に使用しないでください。

The following two tabs change content below.

K

マリファナJP代表のKです。 日本経済に新しいマーケットを誕生させると共に、日本人に大麻の素晴らしさを伝え、1人でも多くの日本人に大麻に対する正しい理解をしてもらえる様に現在活動しております。
VapeMania CBD Liquid No.1

関連記事一覧

  1. この記事へのコメントはありません。