• CBD
  • CBDについての最新注目情報を配信します。All you need to know about CBD.
  • HOME
  • 記事
  • CBD
  • CBDリキッドの吸い方を解説!効果が得られる上手な吸い方のコツは?

CBDリキッドの吸い方を解説!効果が得られる上手な吸い方のコツは?

最終更新日 2020-10-17

CBDの効果を素早く実感できる摂取方法の1つでもある「CBDリキッド」VAPEを使用して蒸気化させたCBDリキッドを吸引するという形で使いますが、初めての方にとっては少し難しいイメージもあるかもしれません。

本格的にVAPEを使ったことがない人にとっては、何を用意すればいいか分からないかもしれませんし、CBD特有の吸い方のコツを知っておかないと、十分な効果を得ることが難しくなります。

そこで今回はCBDリキッドの吸い方について解説します。より効果を実感する吸い方を覚えて、CBDリキッドを楽しんでみてください。

CBDリキッドを使う上で用意するもの

CBDリキッドはその他のCBD製品とは異なり、商品を買ったらそのまま使えるというわけではありません。

液体状のリキッドを蒸気化させるためのVAPEが必要になりますし、使用するVAPEについてもCBDの特徴に合わせたものを選ぶ必要があります。

【用意するもの】

  • CBDリキッド
  • VAPE(ヴェポライザー)

CBDリキッドについては、メーカーや濃度などお好みのものを選べばいいと思います。極端に安価なものでない限りは品質的にも問題はないでしょう。

しかし、VAPE選びについてはいくつかのポイントを抑える必要があります。

ECサイトなどの場合「CBDリキッド専用」など、わかりやすい説明が表示されていることもありますが、普通のVAPEとどのような違いがあるのかについても理解しておきましょう。

CBDリキッド用VAPEの特徴:加熱温度が高いものはNG

CBDは加熱しすぎると燃焼してしまい有効成分が失われてしまいます。CBDの燃焼温度は約230℃程度と言われているため、VAPEの加熱温度がそれよりも高いと蒸気を吸引してもCBDの有効成分を得ることはできないでしょう。

CBDの適切な加熱温度としては160~180℃程度と言われています。この範囲の温度であれば、CBDが燃焼せずに沸騰し、有効成分を維持した状態で蒸気化することが可能です。

VAPEを購入する際は、温度調整機能が搭載されたものがおすすめです。また、加熱範囲がCBDの特徴に合致した商品を選ぶといいでしょう。

【参考】

・PROJECT CBD: CBDとTHCの沸点
・ZAMNESIA: 大麻のヴェポライザー温度

CBDリキッドの上手な吸い方のポイント

CBDリキッドをVAPEで楽しむ上で、効果をより実感するための上手な吸い方を解説します。ただ無意識に蒸気を吸引しているだけでは、CBDの効果を高めることはできません。

上手に吸うためのポイントを意識して、CBDをより楽しんでみましょう。CBDリキッドの吸い方のポイントとしては以下の4つが挙げられます。

  1. 吸い込むときは肺に余力を残す
  2. パフボタンから指を離した後も吸引する
  3. 吸ってから肺にとどめる
  4. 少しずつ息を吐く

①吸い込むときは肺に余力を残す

蒸気化したCBDリキッドを吸い込む際、効果をより実感しようと限界まで吸引しようとする方もいますが、喉に負担をかけてしまいますし、咳き込む場合もあるのでおすすめではありません。

しっかり吸うことは重要ではあるものの、それでも肺にある程度の余力を残した状態までにするのがポイント!

1回のパフでたくさんのCBDを摂取する必要はなく、何回かに分けて摂取しても効果はそれほど変わりません。

CBDリキッドを吸う時は、まだ吸えるぐらいの段階で止めてみましょう。

②パフボタンから指を離した後も吸引する

パフボタンから指を離した後も吸引を続けてください。パフボタンを離した後でも、VAPE内に蒸気化したCBDリキッドは残っているため、その分も余すことなく吸ってください。

せっかく蒸気化したCBDリキッドが吸引されないのは非常にもったいないので、この方法をおすすめします。

③吸ってから肺にとどめる

CBDリキッドを吸引してからすぐに吐き出してしまう方もいますが、それでは肺からCBDを効果的に吸収することができません。

吸引後、肺に蒸気が貯まったら、ある程度の時間をかけてとどめることでCBDを効果的に吸収することができます。

CBDリキッドは吸引自体を楽しむのではなく、CBDを体内に吸収させて楽しむものです。あせらずゆっくりとしたテンポでCBDリキッドを楽しんでみましょう。

④少しずつ息を吐く

蒸気を吐き出すときも一気に出すのではなく、ゆっくりと少しずつ息を吐いてください。息を吐いてもCBDリキッドの蒸気が出ないような状態が理想です。

しっかりと肺にとどめて、ゆっくりと吐き出せばCBDが十分に吸収されていきます。なので、息を吐く時も少しでもCBDを多く吸収することを意識してみましょう。

CBDリキッドを使う際のポイント

CBDリキッドの吸い方の他に、意識しておきたいポイントについて解説していきます。さまざまなポイントを把握しながら、CBDの効果をより実感できるようにしてみましょう。

①使用前にCBDリキッドをよく振る

CBDリキッドをVAPEに充填する前に、容器をよく振るようにしてください。そのままの状態だと容器内のCBDの成分が偏ってしまいます。

特に、CBDリキッドにCBDパウダーを混ぜて使用する場合、しっかりと混ぜ合わせるためにも、容器をよく振ってから使うようにしましょう。

②使用量に注意する

CBDリキッドを使って思うような効果が得られないと、使用量を増やしてみたくなるものです。もちろん使用量を増やすことで効果が得やすくなるのも事実ですが、使用量が多くなりすごると体調を崩してしまう可能性もあるので注意が必要です。

商品ごとに記載されている摂取量の目安や、自分の体質を考えて使用量を調整してみましょう。もし使用量を増やす場合には、一気に増やすのではなく、少しずつ増やしていきながら体調などに合わせて量を決めてみましょう。

③VAPEが難しいと感じたらCBDペンもおすすめ

CBDリキッドを使用するにあたって必須となるVAPE。VAPE自体も加熱温度などCBDの特徴に合わせたスペックが求められますが、そもそもVAPEを使ったことがない人にとってはハードルが高いかもしれません。

そのような場合は「CBDペン」の利用をおすすめします。CBDペンは購入した段階で本体にCBDリキッドが充填されており、箱から取り出してそのままの状態で吸引することができます。

そして、CBDリキッドが切れたら本体ごと捨てて、新しいものを交換する形になります。リキッドを充填する必要もないですし、CBD専用のVAPEを選ぶ手間も不要になるので、初めての方はCBDペンから初めてみるのがおすすめです。

まとめ:CBDリキッドを正しく吸って効果を実感しよう

CBDリキッドの正しい吸い方について解説しました。VAPEの選び方や吸い方のコツを抑えておかないと、CBDを効果的に摂取することができないので注意してください。

専用機器を用意する必要がありハードルが高く感じてしまうかもしれませんが、1つ1つ確認しながらやっていけばそこまで難しくはありません。

正しい吸い方を覚えて、CBDリキッドを始めてみてください。

マリファナJP 国内最大の大麻総合メディア
大麻に関する正しい知識、正しい情報を発信し、医療用大麻、産業用大麻、嗜好用大麻等 多岐にわたり世界中の人々から必要とされている大麻を伝える、日本人のためのメディアです。マリファナJPでは大麻の関連の情報の発信をしていますが、大麻取締法を犯す事を「扇動、教唆、示唆、ほう助」する内容ではございません。日本では大麻の所持、栽培は違法ですので絶対に使用しないでください。

The following two tabs change content below.

K

マリファナJP代表のKです。 日本経済に新しいマーケットを誕生させると共に、日本人に大麻の素晴らしさを伝え、1人でも多くの日本人に大麻に対する正しい理解をしてもらえる様に現在活動しております。
VapeMania CBD Liquid No.1

関連記事一覧

  1. この記事へのコメントはありません。