Marijuana.JP|マリファナJP https://marijuana.jp 国内最大の大麻に関する正しい知識を伝える総合メディア Fri, 22 Nov 2019 08:50:38 +0900 ja hourly 1 https://wordpress.org/?v=5.3 https://marijuana.jp/wp-content/uploads/2019/11/cropped-1e27afdf8c5f3e956b1d06f6ae6a4848-1-32x32.jpg Marijuana.JP|マリファナJP https://marijuana.jp 32 32 オクラホマ州の医療用大麻の売り上げ、予想をはるかに上回る https://marijuana.jp/oklahoma-medical-marijuana-industry-on-pace-to-hit-350-million/?utm_source=rss&utm_medium=rss&utm_campaign=oklahoma-medical-marijuana-industry-on-pace-to-hit-350-million https://marijuana.jp/oklahoma-medical-marijuana-industry-on-pace-to-hit-350-million/#respond Wed, 20 Nov 2019 09:56:08 +0000 https://marijuana.jp/?p=6004 オクラホマ州の医療用大麻産業は、 医療大麻が合法化1年も経たないうちに、 米国で最大の大麻市場の1つに成長しました。 オクラホマ...

投稿 オクラホマ州の医療用大麻の売り上げ、予想をはるかに上回るMarijuana.JP|マリファナJP に最初に表示されました。

]]>
オクラホマ州の医療用大麻産業は、 医療大麻が合法化1年も経たないうちに、 米国で最大の大麻市場の1つに成長しました。

オクラホマ州、税務委員会が発表した税収報告によると、同州における医療用大麻の売上高は、2019年の最初の10カ月間で2億5800万ドル(約283億円)を上回っています。また、年末までには、3億5000万ドル(約385億円)を上回るペースで推移しており、アナリストの予想をはるかに上回っています。オクラホマ州の医療大麻市場は、他の医療用大麻市場 (イリノイ、メリーランド、オハイオなど) をはるかにしのいでいます。患者数も急増し、11月1日時点で21万人近くに達しています。

これは、患者数が2万5千人前後で推移していた、2018年末時点の登録者数の8倍以上となっています。 オクラホマの人口の5%以上が、医療大麻患者として登録されており、米国の他のどの州よりも多くなっています。オクラホマ州の医療用大麻産業は、 合法化されてから1年も経たないうちに、 米国で最大の大麻市場の1つに成長しました。

オクラホマ州税務委員会が発表した税収報告によると、同州における医療用大麻の売上高は、2019年の最初の10カ月間で2億5800万ドル(約283億円)を上回り、年末までには3億5000万ドル(約385億円)を凌ぐペースで推移しており、アナリストの予想をはるかに上回っています。

オクラホマ州の医療大麻市場は、他の医療用大麻市場 (イリノイ、メリーランド、オハイオなど) をはるかに凌いでいます。患者数も急増し、11月1日時点で21万人近くに達しています。これは、患者数が2万5千人前後で推移していた、2018年末時点の登録者数の8倍以上となっています。

オクラホマ州では、人口の5%以上が、医療大麻患者として登録されており、米国の他のどの州よりも多くなっています。

オクラホマ州で医療大麻を合法化した法案:議案No.788、

・取得できる事業免許の数に上限はない。
・医師は、適正だと思われる患者に対して大麻製品を推奨することができる。
・市町村は、大麻薬局の開業を防ぐため、規制をしてはならない。


大麻ビジネスに寛容な規制は、他の州と比べても緩い規制となっており、これをきっかけに、何千もの起業家がオクラホマ州で大麻ビジネスを始めました。11月中旬の時点で、州は以下のライセンスを発行しています。

2,168件の大麻薬局
1,415の大麻加工業者
4,931の大麻生産者



オクラホマ州の大麻市場は、年間7億ドル(770億円)規模に成長する可能性があります。 わずか1年前には考えられなかったことですが、オクラホマ州の医療大麻産業が、現在の規模に達したスピードは他に例を見ません。オクラホマ州が医療大麻の普及を早めた直接的な要因は、他のどの州とも異なり、オクラホマ州当局は医療用大麻の使用にあたり、対象とする医学的疾患を規定してません。

そのため、医療大麻購入のための個人向けライセンスの申請が殺到しました。

投稿 オクラホマ州の医療用大麻の売り上げ、予想をはるかに上回るMarijuana.JP|マリファナJP に最初に表示されました。

]]>
https://marijuana.jp/oklahoma-medical-marijuana-industry-on-pace-to-hit-350-million/feed/ 0
『クラトム』は薬か麻薬か?タイが医療大麻と共に合法化したクラトムとは? https://marijuana.jp/about-kratom/?utm_source=rss&utm_medium=rss&utm_campaign=about-kratom https://marijuana.jp/about-kratom/#respond Sun, 17 Nov 2019 08:33:03 +0000 https://marijuana.jp/?p=5967 タイでは、昨年、医療大麻と共に、医療用クラトムの製造と使用を合法化する法案の改正が行われました。何百年もの間、クラトムの木は、原...

投稿 『クラトム』は薬か麻薬か?タイが医療大麻と共に合法化したクラトムとは?Marijuana.JP|マリファナJP に最初に表示されました。

]]>
タイでは、昨年、医療大麻と共に、医療用クラトムの製造と使用を合法化する法案の改正が行われました。何百年もの間、クラトムの木は、原産国の一つであるタイ全土で豊富に育っていました。しかし、タイ政府は、長い間、クラトムを麻薬と分類し、違法としていました。

今回は、クラトムについて、安全性に関する懸念事項や効果を含めて詳しく解説していきます。

クラトムとは?

画像:Wikipedia

クラトムは、東南アジアの熱帯気候に自生し、その葉には、薬効成分であるアルカロイドと呼ばれる化合物が豊富に含まれています。クラトムとして販売されている粉末は、葉を乾燥させて砕いたものです。

クラトムの主成分は、ミトラギニンと7-ヒドロキシミトラギニン(7HMG)が主に含まれていますが、大麻やマジックマッシュルームと同様に、クラトムには、他にも数十種類の有益な化合物が含まれており、これらの化合物が連携して治療効果をもたらす可能性があります。

米国に住む人々は、クラトムを、オピオイド鎮痛薬の代替薬として使用することに関心を示しています。クラトムは、現在、米国では合法ですが、いくつかの安全性上の問題があるとして、米麻薬取締局は注視しています。クラトムは、オピオイドの流行を抑えるのに役立つ可能性がありますが、クラトムの有効性と危険性については、議論の余地が必要です。

クラトムは、何のために使用されているのか

クラトムは、欧米ではオピオイド依存症の治療薬として一般的に消費されています。クラトム粉末は、オピオイドや、精神刺激薬(覚醒剤、コカインなど)に似た作用を引き起こします。オピオイド常用者の中には、処方された鎮痛剤をやめさせる唯一の方法は、クラトムだと断言する人もいます。

クラトムの使用方法

クラトムは、粉末状の葉なので、基本的にはお茶にして摂取します。クラトム粉末をお湯に浸してお茶を沸かしたり、食べ物にふりかけたり、カプセルに入れてそのまま飲み込んだりできます。クラトムは大麻と同じように吸うこともできます。

クラトムの効果・効能

美女

クラトムは、摂取用量によって身体にいくつかの作用を及ぼします。

興奮作用 クラトムには、 1~5グラム (g) の非常に少量では、興奮作用があり、使用者により多くのエネルギーを与えます。使用者は、より覚醒し、社交的で、おしゃべりになる作用があります。


鎮静効果
5~15gの高用量では、鎮静効果を発揮します。これは、オピオイドの作用に似ており、使用者は疲労感、落ち着き、多幸感を感じます。 重度のせき、下痢、オピオイド離脱症状の治療には、高用量を使用します。15 gを超える用量は、意識を失ってしまうほどの疲労感と鎮静効果をもたらします。

クラトムのリスク・副作用

悩んでいる男性

Kratomの最大のリスクは、急性肝不全だと言われています。クラトムを使ったことのある人の中には、肝障害を経験した人もいます。アルコールなど他の薬物と併用すると、肝臓障害のリスクが急増します。

クラトムの副作用には、落ち着きのなさ、不眠症、心拍数の増加、そして、オピオイドの過剰投与による主な死因の一つである呼吸抑制があります。
さらに、クラトムの過剰摂取は、オピオイドの過剰摂取によく似ており、クラトムの過剰摂取時には、オピオイドの過剰摂取に対する同じ治療法が用いられています。

クラトムは、有効性においても、危険性においても研究が不足しており、今後クラトムに関する多くの研究が必要と言われています。


Kratomは、また、以下のような副作用を引き起こす可能性があります。
吐き気
発汗
口渇
便秘
食欲不振
痒み
幻覚
発作
精神病

クラトムを他の薬や薬物と一緒に摂取すると、副作用が悪化したり、別の効果が生じたりすることがあります。

クラトムは、日本で合法?違法?

日本では2016年3月に、クラトムおよびこれに含まれる2物質 (7-Hydroxymitragynine 、Mitragynine) が指定薬物となっています。

指定薬物は、製造、輸入、販売、所持、使用等が禁止されているため日本では、違法薬物とされています。(罰則:3年以下の懲役または300万円以下の罰金。業としての場合は5年以下の懲役または500万円以下の罰金)。

詳しくはこちらから

まとめ

クラトムは、人間の心身に及ぼす影響ついて 科学的にもあまり証明されていないのが現状です。また、オピオイド依存症を断ち切ろうとするのであれば、従来の、医学的に受け入れられている治療を選択するのが賢明でしょう。

投稿 『クラトム』は薬か麻薬か?タイが医療大麻と共に合法化したクラトムとは?Marijuana.JP|マリファナJP に最初に表示されました。

]]>
https://marijuana.jp/about-kratom/feed/ 0
アメリカ初の大麻が吸えるカフェ『Lowell Cafe』完全ガイド https://marijuana.jp/lowell-cafe-guide/?utm_source=rss&utm_medium=rss&utm_campaign=lowell-cafe-guide https://marijuana.jp/lowell-cafe-guide/#respond Sat, 16 Nov 2019 02:58:30 +0000 https://marijuana.jp/?p=5778 2019年10月、West Hollywoodでアメリカ初となる大麻が吸えるカフェ『Lowell Cafe(ロウェル・カフェ)』...

投稿 アメリカ初の大麻が吸えるカフェ『Lowell Cafe』完全ガイドMarijuana.JP|マリファナJP に最初に表示されました。

]]>
2019年10月、West Hollywoodでアメリカ初となる大麻が吸えるカフェ『Lowell Cafe(ロウェル・カフェ)』が堂々オープンしました!

21歳以上と証明できる政府発行の身分証明証があれば誰でも入店可能で、大麻製品をその場で購入、使用することができ、更には食事も楽しめるという大麻カフェ。テレビのニュースも私のSNSのフィードも、この話題で持ちきりだったし、正直ちょっと騒がれすぎな感じもしましたが、それはそれでしょうがない!というのもカリフォルニアの法律では、室内でのタバコの喫煙は一切禁止されており、レストランはもちろん、バーやクラブでも室内で喫煙することはできません。

なので室内でタバコが吸える日本とはまたちょっと違う感覚で、室内で大麻を吸えるということ自体が、まさしく大ごとなのです。そんな話題の大麻カフェに、私のスモークフレンドMaruちゃんと行ってきました。

ついに大麻が吸えるカフェ『Lowell Cafe』に潜入!

カフェに着くと、モチーフである牛のシルエットを形取った多肉植物のアートがお出迎え。建物の上には、大きな看板も掲げられており、ロサンゼルスの青い空に映える映える!いよいよ私は大麻カフェに着いたんだ!とワクワクさせます。

入り口で予約のあり、なしを確認して身分証明証(パスポート可)を提示しチェックインします。今のところテーブル席は、予約用にとってあるようで、予約なしで行くウォークインのお客さんはバーカウンター席に通されることが多いようです。店員さん曰くオープンの10時から12時くらいまでだったらウォークイン で並ばずに入れる可能性が高いとか。

もしテーブル席を希望でしたら向こう30日間の予約ができるオンラインlowellcafeで予約をしてから行ってみてくださいね!店員さんに付き添われて店内に通されると、まず心を掴まれるのは、カフェ全体のオシャレな雰囲気!

ウッド調がベースになった店内では、観葉植物をふんだんに使用し、ピカピカで新しいというよりも、何年もそこにあるような、アットホームで落ち着いた雰囲気になっていました。大麻に馴染みがない人にも、安心して楽しんでもらえるような温かい雰囲気だなという印象でした。

壁には大麻に関する写真や人物の写真が、ビンテージ風のフォトフレームに入れられ壁に掲げられ、オシャレなインテリア小物もあちらこちらに。計算されて設計されたであろう天井付近の窓からは、まっすぐに太陽の光が差し込み何本の線にもなって店内を照らし、各テーブルから上がる煙を照らしてムードを盛り上げていました。

私はただ突っ立って周りをキョロキョロと見回し、とにかく見所満載でどこもかしこも魅力的!すでにこの時点で、カフェの虜になっていました。そんな中、右を振り返ると多くの人で賑わうパティオがあり、このパティオがまたかわいいんです!

ウッドデッキで囲まれたパティオには、数本のオリーブの木が植えられており、こちらも緑がたくさん。床のタイルもカラフルで映える映える!パティオには、煙を吸い上げる巨大な換気扇が数台あり、空気を吸い上げてフィルターを通して大麻特有の匂いを消しているそうです。客層は全体的に20代後半〜40代がメインに見えました。男女比は、同じくらいの割合。

友達同士でブランチを楽しむ人々や、観光でロサンゼルスを訪れている様子のヨーロピアンのカップル、会社の集まりか何かでパーティをしていた大人数のグループなど様々で、皆思い思いに写真を撮ったりビデオを撮ったりして大麻を嗜みながら空間を楽しんでいました。

ロサンゼルスに住んで大麻をほぼ毎日吸ってかれこれ10年になりますが、私も日本で生まれて日本で育った身ですから、この状況を見て何も思わないってことはありません。単純にすごい時代になったもんだなぁと思いながら、この人たちは日本に行ったら「覚せい剤の使用につながるゲートドラッグ(大麻)をニコニコしながら使用している社会適応性のない大麻中毒者」に属されるのかと思うとなんだかシュールな気持ちになりました。

そしてレストラン内で人々が、大麻を喫煙しているのを見るのは、初のことで超圧巻。高鳴る胸を押さえながら私たちも席につきました。席に着くとまずは大麻製品のアシスト、会計をしてくれるバッテンダーちゃんが声をかけてくれます。

大麻に関しての知識はあるか、大麻を吸ったことがあるか、普段どれくらいの頻度で大麻を吸うのか、ワックスやエディブルなども経験があるかなどを聞かれます。バッテンダーは、皆知識豊富なので、扱っている商品をメインに大麻に関して質問があればなんでも答えてくれます。

商品は思っていたよりも充実していて、

– Pre-Roll Packs(パックのジョイント 3-6本入り)

– Single Pre-Rolls(一本売りのジョイント)

– Infused Pre-Rolls (ハシシやキーフ、ワックスなどが入った効き目が強いスペシャルジョイント)

– Flowers(3.5gパックになった大麻)

– Edibles (大麻成分入りのグミ、チョコ、ミンツ)

– Drinks(THC入りの飲み物)

– Honey(THC入りのはちみつ、飲み物に入れることができる)

が販売されています。

ちなみに大麻やワックスを吸う道具も有料・もしくは無料で使うことができ、メニューにも記載があります。

ワックスを吸う「GpenとPuffco 」 という電子ベーポライザーは無料で借りることができますが、それ以外は全て有料で、一回使用するだけにしては高いなという印象ですが、、、きちんと洗ってある綺麗な道具を使ってこんなおしゃれなカフェで大麻を吸えるのでそこは文句は言えないかなと思いました。

場所と、雰囲気代。ロサンゼルスに来たらもうそこはお金を落とす覚悟でいましょう、ということでしょうか。大麻製品は、各商品の商品概要をきちんと記載していて大麻に詳しくない人にもかなりわかりやすく記載されていました。

・どこのブランドか

・屋外栽培なのか屋内栽培なのか

・品種の名前とインディカ、サティバ、ハイブリッド種の記載

・THC含有量

・どんな味か、どんなハイになるか

ちなみに大麻製品の持ち込みもできますが、一つごとに$20チャージされますのでご注意を!商品を頼んで商品を持ってきてもらったら、その場でお会計をします。表示価格の他に、税金があり、市に払う税金が8.1%、州に払う税金が9.5%で合計17.6%かかります。

いいバッテンダーで色々と教えてくれたり親切にしてくれたら、会計時にバッテンダーに$1〜$5のチップを渡してあげましょう!そして通常の飲み物、食べ物の注文をとるサーバーが注文を聞きに来てくれます。

コーヒー、ジュースからハンバーガーやサンドウィッチ、サラダやナチョスチップスなどアメリカンフードがメイン。

私たちが頼んだのは、ベトナム風ベジタブルサンドイッチのバンミ!フレンチフライがついて$16でした。味は、濃い味でしたがなかなか美味しく、ビーガンオプションが多いのが印象的でした。

ヘッドシェフはアフリカン・アメリカンのアンドレア・ドラマーさん。

彼女は、プライベートパーティなどで大麻エキス入りの料理を振舞ったりするという名のある女性シェフ。男性が優位とされるシェフ業界で女性の、しかも黒人の女性シェフを起用したところも業界をリードする一流ブランドならでは!感心です。このカフェでのお酒の取り扱いはなく、当初予定されていた大麻成分が入った食事の提供もありません。

というのも、現在のカリフォルニアの法律では、THCを0.3%以上含んでいるものは、大麻製品とされるので研究所で安全性を確認する検査をする必要があり、さらには、工場でパッキングされて梱包されていないと、どんな形であっても販売できないという法律になっている為です。大麻成分とお酒を合わせて販売するのも、法律で禁止されています。

『Lowell Cafe』のコンセプト

2017年にスタートしたLowll Herbは、ジョイントが7本入ったパックのジョイントが唯一の商品でした。屋外栽培でオーガニックで育った大麻を使用し、当時は、珍しいナチュラル志向なブランディングが話題になっていました。というのも、大麻が嗜好品になる2018年以前は、Lowellほどブランディングを意識していたブランドは少なかった印象ですが、Lowellは、群を抜いたいましたし、各大麻ディスペンサリーでのディスプレイ、スタッフ教育もしっかりしていました。ディスペンサリーで働く人にこまめにサンプルを渡し、まずは、商品を試してもらい心を掴む。働いているバッテンダーたちの心を掴んだら、バッテンダーたちにその自慢の商品を消費者に売ってもらう。しっかりとした手回しも現在のLowell Herbを支えているのは間違いないです。

Lowell Cafeには、ハリウッド界のセレブリティもたくさん出資していて、歌手のマイリー・サイラス(ご存知の通り彼女も大麻ラバーです!)やコメディアンで男優のクリス・ロックも出資者しているんだとか。

Lowell Cafeのマネージャーのクリスチーナさんは、テレビインタビューで「どのような客層がターゲットか?」と聞かれると、「ターゲットは、カフェに訪れるお客様全員だ 」 と答え、「大麻を何十年も吸ってきた人、大麻を吸ったこともない人も、誰もが安心してこの新しい時代の幕開けを楽しめる空間にするのが目標だ 」 と語っていました。

その為に、バッテンダーにはそれぞれのお客さんが、どれくらい大麻に馴染みがあるのか、経験値はどれくらいかなどを確認し、一人一人に合わせた接客をするよう徹底しているそうです。

店内での大麻の喫煙はOKですがタバコの喫煙は禁止です!

そしてカフェ周辺で路上駐車もできますが、カフェの真横に駐車場も完備されており、バレー駐車は$15ほどになっています!

大麻を使用してからの車の運転は、禁止されていますので、UberやLyftなどの使用をお勧め致します!

まとめ

全体的に少し高いですが、来る価値は存分にあります!大麻についてうるさい私もまた来たいと思いました。少しづつですが、日本でも大麻に関しての印象が、変わってきているかなと思いますが、ここまで大麻にオープンな空間があると気持ちがいいものですよね!

食事、コーヒーのみで立ち寄るのももちろんOKなこの大麻カフェ。ロサンゼルスにいらした際にはぜひ立ち寄って頂き、その話を日本に持ち帰って友人やご家族にお話ししてみてはいかがでしょうか!?

もっと普通にオープンに大麻について話せる日本になるよう、私も精進してまいります!

 

Lowell Cafe

1201 North La Brea Avenue
West Hollywood, CA 90038
Tel. 323.975.7676
info@lowellcafe.com
営業時間 10時〜22時

 

今回の記事を書いていただいたEijuさんのインタビュー記事はこちらからも見れますので是非チェックしてみてください。

投稿 アメリカ初の大麻が吸えるカフェ『Lowell Cafe』完全ガイドMarijuana.JP|マリファナJP に最初に表示されました。

]]>
https://marijuana.jp/lowell-cafe-guide/feed/ 0
タイ、医療用大麻産業を自由化するための法改正を急ぐ━アヌティン副首相 https://marijuana.jp/thailand-says-it-is-seeking-to-freely-allow-medical-cannabis/?utm_source=rss&utm_medium=rss&utm_campaign=thailand-says-it-is-seeking-to-freely-allow-medical-cannabis https://marijuana.jp/thailand-says-it-is-seeking-to-freely-allow-medical-cannabis/#comments Thu, 14 Nov 2019 10:46:43 +0000 https://marijuana.jp/?p=5298 タイ保健相によると、同国は、医療用大麻産業を自由化するための法改正を急いでいると発表しました。 アヌティン副首相兼保健相は、バン...

投稿 タイ、医療用大麻産業を自由化するための法改正を急ぐ━アヌティン副首相Marijuana.JP|マリファナJP に最初に表示されました。

]]>
タイ保健相によると、同国は、医療用大麻産業を自由化するための法改正を急いでいると発表しました。 アヌティン副首相兼保健相は、バンコクでの講演で以下の様に述べました。(11月13日)。

「 この法改正により、一般家庭で最大6株の大麻栽培が可能になり、医薬品の供給量が増加します。 大麻栽培は、タイ国民の所得を向上させるための手段にもなります。私たちは、医療大麻の使用を自由に認めるよう法律を改正しようとしています。タイの一般家庭にとって大麻が主要農産物になると確信しています。現在、法改正を急いでいるところですが、それにはプロセスがあります。」

タイは昨年、東南アジアで初めて医療大麻を合法化した国となりました。しかし、 国の許可なしに大麻を販売したり、使用したりすることは引き続き違法となります。現時点で嗜好目的での大麻の使用は一切認められていません。また、販売目的での大麻の輸出入に関しては、長期にわたる禁固刑が課される可能性があります。 最後に彼は、以下の様に語りました。

「 嗜好用大麻の合法化は次のステップですが、7月に就任した現政権の4年の任期中に実現する可能性は、低いでしょう。嗜好用大麻を合法化する前に、さらなる調査と研究が必要です。」

アヌティン氏は、タイの3月の総選挙を前に、家庭での大麻栽培の合法化を求めるキャンペーンを展開して話題となり、彼の政党『タイ誇り党』は、現在連立与党の一員となっています。

 

投稿 タイ、医療用大麻産業を自由化するための法改正を急ぐ━アヌティン副首相Marijuana.JP|マリファナJP に最初に表示されました。

]]>
https://marijuana.jp/thailand-says-it-is-seeking-to-freely-allow-medical-cannabis/feed/ 1
英国で2つの大麻由来の医薬品の使用が承認 https://marijuana.jp/two-cannabis-based-medicines-were-just-approved-for-use-in-the-uk/?utm_source=rss&utm_medium=rss&utm_campaign=two-cannabis-based-medicines-were-just-approved-for-use-in-the-uk https://marijuana.jp/two-cannabis-based-medicines-were-just-approved-for-use-in-the-uk/#respond Wed, 13 Nov 2019 05:58:28 +0000 https://marijuana.jp/?p=5287 英国が医療用大麻を合法化してから約1年、同国の保健当局は、多発性硬化症やてんかんの治療を目的とした2種類の大麻ベースの製剤を承認...

投稿 英国で2つの大麻由来の医薬品の使用が承認Marijuana.JP|マリファナJP に最初に表示されました。

]]>
英国が医療用大麻を合法化してから約1年、同国の保健当局は、多発性硬化症やてんかんの治療を目的とした2種類の大麻ベースの製剤を承認しました。

今週、英国保健省配下の公共機関の一つである国立医療技術評価機構(NICE)は、レノックス・ガストー症候群とドラベ症候群の二種類の難治性てんかんの治療に、CBDベースの経口薬であるエピディオレックスを承認しました。エピディオレックスは、臨床試験において、発作の数を最大40%減らすことが示されています。エピディオレックスは、昨年、米国でも承認され、初の大麻由来の薬となり、欧州では、今年9月に承認されました。

また、多発性硬化症患者の中度~重度の痙攣を治療するために、サティベックスも承認されました。サティベックスの有効成分は、THCとCBDが含有した大麻由来の医薬品であり、多発性硬化症(MS)患者の神経因性疼痛、痙縮、過活動膀胱、などの症状の緩和に用いられています。サティベックスは、慢性疼痛の症状を治療するのに効果的ですが、NICEは、疼痛症状を治療するために医師が、THCベースの薬剤を処方することを公式に禁止していました。

しかし、これら二つの新薬は、今回の承認により、英国政府が運営する医療制度である国民健康保険で利用可能になります。 サティベックスは、2014年にウェールズでの使用がすでに承認されていましたが、英国の規制当局は、この薬の価格は、費用対効果が低いと判断し、規制していました。(患者一人あたり年間2,000ポンド「約28万円」)

しかし、規制当局は今週、これを覆し、英国と北アイルランドの医師がサティベックスを処方できるようにしました。エピディオレックスも当初、患者一人当たり年間5,000-10000ポンド(約70万₋140万円)という高額な費用を理由に却下されました。しかし、NHSは、この薬をより安い価格で提供するためにGW社と契約を締結しました。てんかん協会の医学部長であるLey Sander教授は、以下の様に述べました。

「NICEがドラベト症候群、レノックス・ガストー症候群症候群の患者の治療にエピディオレックスの使用を推奨しているというニュースは、これら二つの難治性てんかんを患っている多くの家族に希望をもたらすでしょう。英国が、これらの大麻製剤を合法化したことを称賛する人もいれば、政府の医療大麻改革への取り組みがあまりにも遅かったことを批判する人もいます。」

また、アドボカシー団体であるEnd Our PainのMillie Hinton氏は、ガーディアン紙に対し、以下の様に語っています。

「今回の新たな承認は、大麻をベースとした幅広い医薬品を合法化するための大きな機会損失です。難治性小児てんかんの症例において、NHSが、THCとCBDの両方を含む全草の医療大麻の処方を許可すべきという積極的な勧告がないことは、非常に衝撃的でした。大麻の全草抽出エキスは、多くの子どもたちの命を救う可能性があります。」

英国内務省は、昨年11月、専門医が、医療大麻を処方することを正式に許可し始めました。しかし、多くの医師は、大麻がこれらのような症状に対して、効果的に治療できることを証明するエビデンスが不足していることを理由に、処方を出したがりませんでした。このような状況のため、難治性てんかんを患っている子供の親は、高価な医療用大麻製品を自費で輸入せざるを得ない状況になっていました。

Epilepsy Actionの副最高経営責任者Simon Wigglesworth氏はガーディアン紙に以下のように述べました。

「医師が医療大麻の処方箋を出したがらないことは、残念なことではありますが、NHSで推奨される治療法が、安全かつ有効であることを確実にするためには、エビデンスが必要不可欠であることを認識しています。我々は、THCを含む、てんかんのための大麻をベースとした医薬品の研究を加速するために継続的な努力をしていきます。」

 

投稿 英国で2つの大麻由来の医薬品の使用が承認Marijuana.JP|マリファナJP に最初に表示されました。

]]>
https://marijuana.jp/two-cannabis-based-medicines-were-just-approved-for-use-in-the-uk/feed/ 0
「医療大麻合法化への訴え」元女優・高樹沙耶、医師・正高佑志、非営利大麻農家・青山哲也らによる記者会見全編 https://marijuana.jp/pressconference1106/?utm_source=rss&utm_medium=rss&utm_campaign=pressconference1106 https://marijuana.jp/pressconference1106/#respond Wed, 06 Nov 2019 11:12:03 +0000 https://marijuana.jp/?p=5182 6日、日本外国特派員協会主催により、元女優の高樹沙耶氏と、農家であり医療大麻合法化の活動家として知られる青山哲也氏、そして、神経...

投稿 「医療大麻合法化への訴え」元女優・高樹沙耶、医師・正高佑志、非営利大麻農家・青山哲也らによる記者会見全編Marijuana.JP|マリファナJP に最初に表示されました。

]]>
6日、日本外国特派員協会主催により、元女優の高樹沙耶氏と、農家であり医療大麻合法化の活動家として知られる青山哲也氏、そして、神経内科医であり、GREEN ZONE JAPAN代表理事である正高佑志らの記者会見が行われた。三者は、医療大麻合法化の活動について説明すると共に、日本の大麻取締法の問題点に関して外国人記者に対して訴えた。

先進国で医療目的の大麻の使用が合法化が進む中、日本では、依然として、いかなる場合も大麻の所持は厳しく規制されている。今回は、記者会見の概要をまとめるとともに、ノーカット全編の動画も添付するので、是非、等身大の彼らの訴えをご覧いただきたい。

【会見者】
・高樹沙耶氏(元女優、キャンピングロッジ「虹の豆」オーナー)
・青山哲也氏(非営利・非合法大麻農家)
・正高佑志氏(内科医、Green Zone Japan 代表理事)

【主催】 日本外国特派員協会

非営利・非合法大麻農家・青山哲也の裁判の論点

非営利・非合法大麻農家の肩書きで知られる青山哲也氏は、北海道十勝で、農家を営んできたが、自殺願望を伴う重度のうつ病を発症した際に、知人から譲り受けた大麻を吸った事で症状が緩解した事から、大麻の栽培・研究を始めた事を告白した。その後、青山氏は、十勝大麻加工研究会を設立し、大麻合法化のための啓もう活動を行ってきた。

また、青山氏は、農作業中に高所から落下した際に、頸髄損傷を患い、手足の強いしびれと痛みに悩まされており、主治医には絶対に治らないと言われたものの大麻を吸引する事で症状が緩和し、2年後には農作業に復帰できるまでに完治したという。

青山氏は、自分と同じようなうつ病で苦しむ知人や、交通事故後の脳性麻痺で痛み止めが効かないという人や、小児がんの患者に対して求められるがままに、大麻を無償提供してきた。その栽培規模は、周囲の要求に応じて大きくなり続け、2018年12月3日麻薬取締法にて逮捕された際に、青山氏が所持していた大麻は、29キログラム、末端価格1億7600万円だった。

青山氏は、営利目的による大麻の所持を追求され逮捕されたが、所持の目的は、大麻の啓もう活動の一環であり、営利目的では決してない事を強調した。

現在、係争中の青山氏は、世界では、大麻の医療効果が見直されている一方で、日本では、「ダメ絶対」という標語の元に厳罰に処している事を指摘するとともに、現行の大麻取締法は、日本国憲法13条の生命自由および幸福の追求権と、25条の健康的で、文化的な最低限度の生活を送る基本的人権を侵害している事を指摘しており、今後の裁判でも重要な論点となっていくと考えられている。

病気の人達のために無償で大麻を配り続けてきた青山氏の行為の人道性が評価され、Change.orgにて、3319名の署名と共に。裁判費用を援助する有志が集まっている。

元女優・高樹沙耶「大麻に関して”普通の議論”ができるように」

続く、高樹沙耶氏は、女優業に取り組む傍ら、環境問題の活動を始める事がキッカケで大麻について関心を持つようになったという。

海外のエコロジー活動家との交流を通じて、大麻は、日本の行政が言うような悪いものではなく、農業や産業の観点からも人々の生活に役に立つものだと考えるようになり、大麻の啓もう活動も始める事となった高樹氏は、2016年に医療大麻の合法化を制定させるために参議院選にも出馬している

12月に大麻取締法により逮捕された際には、同氏の知名度からも各マスメディアが一斉にセンセーショナルな報道を連日行った。高樹氏は、当時を振り返り、真実よりも教育とメディアによる洗脳の力が勝るという事の恐ろしさを痛感したという。

この時の裁判において、高樹氏は、使用は認めたものの所持は認めておらず、現行の大麻取締法では使用罪はない事、同様な件では、これまで90%以上が不起訴になっている事、また、女優だという事で逮捕時に各テレビ局が同行しており、守秘義務を違反して全国放送された事から、当時の捜査手法とマスメディアの報道姿勢の正当性について大きな波紋を呼ぶ事となった。

高樹氏は、最後に、科学的根拠も世界の動静も無視して、被害者なき犯罪を生み出す犯罪をいち早く見直してほしい事、日本でも大麻に関して”普通の議論”が始まるように海外でも喚起してほしいと、外国人記者らにむけて訴えた。

神経内科医・正高佑志「大麻に関するエビデンスベースの情報を」

最後にマイクを取ったのは、神経内科医であり、GREEN ZONE JAPAN の代表である正高佑志氏。正高氏は、医師の立場から大麻取締法の改正の必要性を語った。

ある外国人記者が、医療難民の問題が、医療大麻の合法化の原動力となった事を指摘すると、正高氏は、日本にも、医療大麻の適応となる疾患を持つ患者は数多くいる一方で、そのような患者が、自分が医療大麻の適応である事を知らない場合が多い事を伝えた。

また、正高氏は、日本では大麻に関してエビデンスに基づいた正しい情報が不足している現状がある一方で、日本てんかん学会にて、大麻由来のCBD製剤のシンポジウムが開催されるなどの進展がある事も紹介した。

「日本では、大麻に関して医療目的の研究も一切禁止されており、海外では一般的な倫理上の特例もありません。その他医に治療手段がなく必要な人が医療大麻にアクセスができるようにする法整備が必要だと考えています。」

【高樹 沙耶】 

元女優、キャンピングロッジ「虹の豆」オーナーキャンピングロッジ 虹の豆を運営中。元 女優。2002フリーダイビングワールドカップにて2位取得53メートル素潜り達成。医療大麻合法の活動中。

【正高 佑志】 

Green Zone Japan代表理事/医師まさたか・ゆうじ/1985年京都府生まれ。医師。熊本大学医学部医学科卒。在学中よりアジア諸国を中心に周遊し公衆衛生、伝統医療への見聞を深める。2016年カリフォルニア州にてカンナビノイド専門医、Jeffrey Hergenrather氏と出会い、カンナビノイド医療を専門とする事を決意。医療大麻の啓もう活動を行う。

【青山 哲也】 

非営利・非合法大麻農家北の大地、北海道、十勝から大麻草の安全性や医学的有用性を周知する為に『日本緑化計画』の最中、昨年12月3日、大麻取締法違反にて逮捕。 29kg、末端価格1億7600万円分の大麻所持との報道。人道的大麻所持にて係争中。

投稿 「医療大麻合法化への訴え」元女優・高樹沙耶、医師・正高佑志、非営利大麻農家・青山哲也らによる記者会見全編Marijuana.JP|マリファナJP に最初に表示されました。

]]>
https://marijuana.jp/pressconference1106/feed/ 0
大麻は寝汗を防ぐことができるという研究結果 https://marijuana.jp/study-says-marijuana-can-prevent-night-sweats/?utm_source=rss&utm_medium=rss&utm_campaign=study-says-marijuana-can-prevent-night-sweats https://marijuana.jp/study-says-marijuana-can-prevent-night-sweats/#respond Wed, 23 Oct 2019 12:24:25 +0000 https://marijuana.jp/?p=4934 UCLA、スタンフォード大学、サンフランシスコ州立大学の研究者らが実施した研究により、THC(テトラヒドロカンナビノール)の合成...

投稿 大麻は寝汗を防ぐことができるという研究結果Marijuana.JP|マリファナJP に最初に表示されました。

]]>
UCLA、スタンフォード大学、サンフランシスコ州立大学の研究者らが実施した研究により、THC(テトラヒドロカンナビノール)の合成薬であるドロビナールが、一部の患者、特に癌を治療中の患者の寝汗を軽減できることが明らかになりました。研究者らは、寝汗に悩まされている5人の癌患者におけるドロナビノールの使用を調査しました。カンナビノイドによる治療後に「寝汗の完全な解消」が報告された被験者が2人、「寝汗の軽減」が見られたのは、他の3人でした。

ドロナビドールとは、大麻に含まれるTHCの合成薬で、がん治療による吐き気や嘔吐の治療などに用いられています。寝汗は、がん治療の副作用として生じることがあります。乳房や前立腺を侵す癌のように、ホルモンの生産を阻害する癌もあります。大麻とドロビノールは、体内の炎症を和らげることができます。また、体の免疫反応を下げることで体温も下がります。

寝汗は、がん患者にとって、慢性的な不眠症につながる可能性があり、睡眠が妨げられれば、患者が日常的に機能する能力を妨げ、免疫システムを低下させてしまいます。研究者らは、今回の研究を以下の様に結論付けています。

患者が寝汗の問題を解消すると、不安や疲労などの他の症状も改善し、患者の全体的な生活の質の改善につながりました。ドロナビノールが患者に対する効果を確認するのに1週間もかかりませんでした。」

ドロナビノールは、化学療法に関連する吐き気と嘔吐の予防用、治療用として米国食品医薬品局(FDA)に認可されています。

投稿 大麻は寝汗を防ぐことができるという研究結果Marijuana.JP|マリファナJP に最初に表示されました。

]]>
https://marijuana.jp/study-says-marijuana-can-prevent-night-sweats/feed/ 0
イギリス政府が初の研究用の大麻栽培を承認 https://marijuana.jp/uk-government-approves-the-countrys-first-legit-weed-grow-for-medical-research/?utm_source=rss&utm_medium=rss&utm_campaign=uk-government-approves-the-countrys-first-legit-weed-grow-for-medical-research https://marijuana.jp/uk-government-approves-the-countrys-first-legit-weed-grow-for-medical-research/#respond Thu, 17 Oct 2019 11:18:33 +0000 https://marijuana.jp/?p=4807 先日、イギリス政府は、医学研究用の大麻栽培を承認しました。今後、同国内では、研究や呼吸器疾患や炎症などの臨床試験に使う目的で大麻...

投稿 イギリス政府が初の研究用の大麻栽培を承認Marijuana.JP|マリファナJP に最初に表示されました。

]]>
先日、イギリス政府は、医学研究用の大麻栽培を承認しました。今後、同国内では、研究や呼吸器疾患や炎症などの臨床試験に使う目的で大麻が栽培される予定です。

 

イギリスの大麻企業Sativa Cultivation and Extraction Ltdが、同国で初めて合法的に、高THC濃度の大麻を栽培する予定です。しかし、あくまでも「研究用」としての承認であり、嗜好用大麻として使用できるわけではありません。

 

イギリス内務省は、Sativa Cultivation and Extraction Ltd(SCE)に管理医薬品ライセンスを付与しました。これにより、同社は、THC含有量0.2%を超える大麻を栽培、生産、所有、供給が可能になります。イギリスのサマーセットに本社を置く同社は、ヘンプ由来のCBD製品の大手メーカーであるSativa Group PLCの子会社であり、大麻の規制担当ディレクターであるDr.Nick Horniman氏は、声明の中で次のように述べています。

 

「このライセンスは、2018年4月に承認された、産業用大麻(ヘンプ)のライセンスを補足するものです。当グループの事業拡大に伴い、引き続き規制当局と協力して認可範囲の拡大に努めています。」

 

同社は、ヨーロッパの認可業者から調達した種子を使い、高THC大麻を栽培する予定です。これらの大麻種子は、12カ月周期で成長し、毎年複数の大麻を、栽培することができます。内務省は、既にSCE社の新しい大麻栽培施設の検査を行い、農作物の取り扱いや輸送の安全性、廃棄物、副産物の処理方法などを承認しています。

 

大麻が成熟した後、乾燥させ、圧力と熱を用いて、液状のカンナビノイドを抽出します。抽出されたカンナビノイドは、King’s College Londonに送られ、そこで研究者たちは、個々の大麻抽出物が、炎症やさまざまな呼吸器疾患の治療にどのように役立つかを調査する研究を行う予定です。SativaのCEO Henry Lees-Buckleyは以下のように今後の抱負を語ります。

 

「我々は、医療用大麻の有効性についての更なる研究開発を求める規制当局、政府及び医療提供者からの要請に応え、この許可を得たことを喜ばしく思います。私たちは、このような高い基準で運営し、King’s College Londonと提携して、治療を必要としている人が、医療大麻にアクセスするためのクリニカルパスの確立を支援することに尽力しています。」

 

昨年まであらゆる種類の大麻を禁止していましたが、昨年、イギリス人の母親が、深刻なてんかんを患っている息子のCBDオイルを、警察に押収された後、「これは死刑判決と同様だ」と英国政府を非難しました。ビリー・コールドウェルさん (12) は、2016年に大麻の治療を受けるために米国に渡航するまで、毎日100回も発作を起こしていましたが、この薬を服用している間、ビリーさんは300日間も発作を起こすことなく過ごしました。

 

これを受けて抗議運動が起こり、昨年、イギリス内務省がようやく医療大麻を合法化しました。しかし、イギリスの医師たちは、この新しい法律を完全に受け入れることに消極的で、医療用大麻治療は、国の公的医療制度の対象ではありません。そのため、てんかんに苦しむ患者たちに安価な医療用大麻がいきわたるまでには、まだまだ時間がかかるとの見方もあります。

投稿 イギリス政府が初の研究用の大麻栽培を承認Marijuana.JP|マリファナJP に最初に表示されました。

]]>
https://marijuana.jp/uk-government-approves-the-countrys-first-legit-weed-grow-for-medical-research/feed/ 0
アメリカ・カリフォルニア州で、3つの画期的な大麻改革法が可決 https://marijuana.jp/california-just-passed-three-groundbreaking-weed-reform-laws/?utm_source=rss&utm_medium=rss&utm_campaign=california-just-passed-three-groundbreaking-weed-reform-laws https://marijuana.jp/california-just-passed-three-groundbreaking-weed-reform-laws/#respond Wed, 16 Oct 2019 09:49:58 +0000 https://marijuana.jp/?p=4736 世界最大の大麻市場であるカルフォルニア州は、治療を必要とする人が無料で医療大麻を手に入れることを可能にし、大麻業者が州税を控除で...

投稿 アメリカ・カリフォルニア州で、3つの画期的な大麻改革法が可決Marijuana.JP|マリファナJP に最初に表示されました。

]]>
世界最大の大麻市場であるカルフォルニア州は、治療を必要とする人が無料で医療大麻を手に入れることを可能にし、大麻業者が州税を控除できるようにするなど、さまざまな措置を講じる予定です。同州のギャビン・ニューサム知事は、10月12日(土)に、3つの大麻法案に署名し、可決されました。その中で最も画期的な一つ目の法案が、SB34で、低所得者層の治療を必要としている人に医療用大麻を無料で提供する法案です。カリフォルニア州では、これにより、貧困層の患者には、大麻を無料で配ることができます。この制度で寄付された大麻は、すべての州税が免除されます。

二つ目の法案AB37は、州の認可を受けた大麻業者が、州の所得税申告の標準控除を受けることが可能となります。連邦税法280Eでは、大麻のようなスケジュールIの薬物を販売する企業は、標準的な企業が行っている控除申請をすることができないため、大麻業界は、他のどの業界よりも多くの税金を払わざるを得なくなっています。今回のAB37により、カリフォルニア州は、コロラド州などと同様に州所得税の控除申請を大麻会社に認めました。

三つ目の法案SB153は、2018年の農業法案に従って、カリフォルニア州のヘンプ(産業用大麻)プログラムを正式に制定しました。2018年末、トランプ大統領は農業法案に署名しました。この法案は、連邦政府がヘンプを合法化し、麻薬のカテゴリーからヘンプを除外したものになります。しかし、アメリカでは、過去に各州が独自のヘンプ禁止法を制定したことがあるため、各州はヘンプの栽培、加工、販売を認めるように現行の規制を改正する必要があります。ヘンプは基本的に、ハイになる成分である「THC」を含まない大麻であり、現在、アメリカで最も急速に成長している農作物となっています。

投稿 アメリカ・カリフォルニア州で、3つの画期的な大麻改革法が可決Marijuana.JP|マリファナJP に最初に表示されました。

]]>
https://marijuana.jp/california-just-passed-three-groundbreaking-weed-reform-laws/feed/ 0
タイ初の大麻関連イベント、「世界ガンジャ祭」を2020年に開催!! https://marijuana.jp/thailand-plans-inaugural-world-ganja-festival-for-2020/?utm_source=rss&utm_medium=rss&utm_campaign=thailand-plans-inaugural-world-ganja-festival-for-2020 https://marijuana.jp/thailand-plans-inaugural-world-ganja-festival-for-2020/#comments Tue, 15 Oct 2019 06:26:50 +0000 https://marijuana.jp/?p=4694 2020年1月29日から5日間、タイにてその第一回が開催される「世界ガンジャ祭り」は世界最大級の大麻フェスティバルとなるかも知れ...

投稿 タイ初の大麻関連イベント、「世界ガンジャ祭」を2020年に開催!!Marijuana.JP|マリファナJP に最初に表示されました。

]]>
2020年1月29日から5日間、タイにてその第一回が開催される「世界ガンジャ祭り」は世界最大級の大麻フェスティバルとなるかも知れません。

今回初開催となる「世界ガンジャ祭」は、中国、日本、米国、タイなどから技術、学術、ビジネスの分野の専門家や、大麻支持者などが参加する予定です。タイは、大麻の使用を何年も厳しく禁止してきてきましたが、今年に入り、医療用大麻を合法化しました。この影響もあり大麻に対して慎重な姿勢と取る東南アジア諸国でも、大麻市場に対する注目度は上がっています。

この「世界ガンジャ祭り」は、ナコーンパノム県の40エーカーの土地で開催される予定で、タイのニュースサイト 「Coconuts」 によると、今回のイベントは、アジアや欧米の多くの国の大麻ビジネス事業者や大麻の専門家が参加し、世界的な知識交換のきっかけとなることを期待し、開催に至ったといいます。

「世界ガンジャ祭」の主催者である、Charan Kullawanit将軍は記者会見にて、以下の様に語りました。

「中国人、日本人、米国人のゲストがこの案に反対するだろう。しかし、今回のイベントを通じて、さまざまな国に学術的な意見や意見を交換してもらい、医療用大麻が国際社会にどのように役立つかを知ることができるでしょう。

何十年もの間、タイでは、非常に厳しい大麻禁止政策がありました。しかし、今年初め、医療用としての使用が合法化された後、同国は大麻を受け入れ、研究と産業を急速に拡大しました。「世界ガンジャ祭」では、学術セミナー、技術革新、ビジネス交渉などが行われる予定です。

また、ラスベガスやカリフォルニアなどの都市にあるような大麻関連イベントと同様に、「世界ガンジャ祭」でも多くのレクリエーションが予定されており、製品デザインコンテストやコンサートなども開催される予定です。

投稿 タイ初の大麻関連イベント、「世界ガンジャ祭」を2020年に開催!!Marijuana.JP|マリファナJP に最初に表示されました。

]]>
https://marijuana.jp/thailand-plans-inaugural-world-ganja-festival-for-2020/feed/ 2