CBDオイル

CBDの7つのメリットを紹介!CBDに副作用はあるのかも要チェック!

健康や美容などの目的で使用されることが多いCBD(カンナビジオール)ですが、研究によってさまざまなメリットが示唆されいることをご存知でしょうか。

さまざまな疾患や症状に対する有用性が期待されている成分でもあるため、CBD商品を使う前にどのようなメリットがあるのか把握しておくといいでしょう。

また、CBDの副作用についても研究によって示唆されている点がいくつかあるため注意が必要です。

今回はそんなCBDのメリットや副作用について詳しく解説していきます。

CBDとは?

CBDオイルと大麻草

CBD(カンナビジオール)は、大麻草に含まれるカンナビノイドと呼ばれる成分の一種です。

代表的なカンナビノイドには、精神活性作用を含むTHC(テトラヒドロカンナビノール)がありますが、CBDを摂取してもいわゆる「ハイ」な状態は引き起こしません。

大麻草から抽出されるCBDは、主にココナッツオイルやヘンプシードオイルに希釈され、CBDオイルとして販売されており、その他にもCBDリキッドやCBDグミ、CBDクリームなど幅広い商品が開発されています。

健康や美容に対する意識が世界中で向上している中で、CBDのさまざまな効果が研究によって期待されている人気の成分です。

CBDについての詳細は、以下の記事で詳しく解説しています。

CBDの7つのメリット

世界中で報告されている研究報告などから、CBDには以下の7つの健康上のメリットがあると期待されています。

  1. 痛みを和らげる
  2. 不安やうつ病を軽減する
  3. 癌関連の症状を軽減する
  4. にきびを減らす可能性がある
  5. 神経保護特性を持つ可能性がある
  6. 心臓の健康に役立つ可能性がある
  7. その他にも潜在的なメリットが期待される

それぞれどのような科学的根拠から考えられていることなのか詳しくみていきましょう。

①痛みを和らげる

大麻は紀元前2900年まで痛みの治療に使用されてきたものでもあります。

研究者の間では、CBDを含む大麻の特定成分が痛みを緩和する効果を持つことを発見しました。

人体には、睡眠や食欲、痛みや免疫といったさまざまな機能を調整するエンド・カンナビノイド・システムと呼ばれる身体調整機能が備わっています。

研究によると、CBDを摂取することでエンド・カンナビノイド・システムの活動に影響を与え、炎症を軽減し、神経伝達物質と相互作用を生み出すことで慢性的な痛みを軽減するのに役立つ可能性が示唆【1】されています。

ラットを用いた研究【2】では、CBDを注射することで外科的切開に対する痛みの反応を軽減することが分かっており、別の研究【3】では経口CBD治療が坐骨神経痛と炎症を大幅に軽減することがわかりました。【3】

別の研究でもCBDとTHCの組み合わせが多発性硬化症と関節炎に関連する痛みの治療に効果的であることが発見されています。

THCとCBDを組み合わせて作られた「Sativex」と呼ばれる経口スプレーは、多発性硬化症に関連する痛みを治療するため、いくつかの国で承認を受けているなど評価も高いです。

多発性硬化症の47人を対象にSativexを1ヶ月間服用させた研究【4】では、参加者の痛み、歩行、筋肉のけいれんの改善が報告されました。

別の研究【5】でも、Sativexが関節リウマチの運動中の痛みや安静時の痛みを大幅に改善することが報告されています。

このようにCBDはさまざまな痛みにおいて、優れた効果を発揮する可能性が示唆れています。

エンド・カンナビノイド・システム(ECS)については、以下の記事で詳しく解説しています。

②不安やうつ病を軽減する

不安神経症やうつ病は、健康的で幸福な生活に壊滅的な影響を与える可能性のある精神障害です。

不安神経症とうつ病は通常、眠気や興奮、不眠症、性機能障害、頭痛といった多くの副作用を引き起こす医薬品で治療されます。

中には、ベンゾジアゼピンといった中毒性を持つ医薬品もあり、薬物乱用のリスクも懸念しなければなりません。

そんな中、CBDはうつ病と不安神経症の治療法として有望であるとの評価が下されています。

とあるブラジルの研究【6】では、57人の男性に模擬演説テストを受ける90分前に経口CBDを投与したところ、テスト中の不安を大幅に軽減したことが報告されています。

また、心的外傷後ストレス障害の子供に対して、不眠症や不安神経症を安全に治療するためにCBDが用いられることもあるようです。

いくつかの動物実験でもCBDに抗うつ薬のような効果があるという結果【7】が示されており、CBDが神経伝達物質のセロトニンの脳の受容体に作用することが理由として考えられています。

③癌関連の症状を軽減する

CBDには、癌に関連する吐き気や嘔吐、痛みといった症状に役立つ可能性が指摘されています。

とある研究【8】では、鎮痛薬による痛みの緩和を経験しなかった癌関連の痛みを持つ人にCBD・THCを投与したところ、痛みを大幅に軽減させたことが報告されました。

CBDは化学療法によって誘発される悪心や嘔吐を軽減するのに役立つ可能性も示唆されています。

また、動物実験【9】の段階ではあるものの、CBDが抗癌特性を持っている可能性も示されており、濃縮されたCBDがヒト乳がん細胞の細胞死を誘発することもわかりました。

CBDとがんについては以下の記事で詳しく解説しています。

④ニキビを減らす可能性がある

ニキビの原因には、遺伝や細菌、皮脂の過剰分泌など、さまざまなものが挙げられます。

最近の研究によると、CBDオイルの持つ抗炎症作用と皮脂産生を減らす能力から、ニキビの治療に役立つ可能性があると主張されています。

とある試験管研究[10]では、CBDオイルが皮脂腺細胞が過剰な皮脂を分泌するのを防ぎ、炎症性サイトカインのようなニキビを促進する物質の活性化を防止することが発見されました。

また、人間での研究は進展していないため、可能性レベルにとどまる話ですが、研究結果から効果についてはかなり有望であるという見方がなされています。

CBDとニキビについては以下の記事で詳しく解説しています。

⑤神経保護特性を持つ可能性がある

CBDには神経保護特性を持つ可能性が指摘されています。

CBDにおける研究分野では、てんかんや多発性硬化症といった神経障害の治療が中心となっており、いくつかの研究では有望な研究も示されています。

とある研究[11]では、CBDとTHCで構成されるSativexが薬物療法に耐性のある筋肉の痙縮を経験している多発性硬化症276人のうち75%もの人のけいれんを軽減させたことがわかりました。

また、別の研究[12]では、CBDオイルが複雑な小児てんかん障害でもあるドラべ症候群の発作活動を有意に低下させることがわかっています。

⑥心臓の健康に役立つ可能性がある

CBDは心臓の健康にも役立つ可能性を秘めており、高血圧を下げるなど、いくつかの効果が示唆されています。

とある研究[13]では、9人の健康な男性にCBDオイルを投与したところ、安静時の血圧が低下することが発見されました。

ただし、CBDが直接血圧を下げるのではなく、CBDの持つストレスや不安を軽減する特性が血圧を下げるのを助けると考えられています。

⑦その他にも潜在的なメリットが期待される

この他にも、CBDにはさまざまな潜在的なメリットがあると考えられており、研究が進められています。

  • 抗精神病効果
  • 薬物乱用治療
  • 抗腫瘍効果
  • 糖尿病の予防

これらに関しては、さらに多くの研究が必要ではありますが、動物実験などを通じて効果が報告されています。

CBDに副作用はある?

CBDは一般的に忍容性が高く、安全な成分と考えられていますが、人によっては以下のような副作用を引き起こすことが研究[14]で示されています。

  • 下痢
  • 食欲と体重の変化
  • 倦怠感

さらに、CBDはいくつかの薬と相互作用を引き起こすことも知られているため、CBDを使用する前に医師に相談するなど安全を確保してください。

また、マウスを用いた研究[15]では、大量摂取したCBDが肝臓毒性を引き起こす可能性が示されています。

まとめ:CBDのメリット・デメリットをチェックしよう!

CBDのメリットや副作用について解説していきました。

世界中で行われている研究によって、CBDのさまざまな可能性が発見されており、医療分野での活用も積極的に進められています。

CBDを始めようと思っている方は、今回紹介したメリットや副作用を参考にして、CBDを使ってみてください。

【参考】
[1]Pharmacotherapeutic considerations for use of cannabinoids to relieve pain in patients with malignant diseases
[2]Cannabidiol Is a Potential Therapeutic for the Affective-Motivational Dimension of Incision Pain in Rats
[3]The non-psychoactive cannabis constituent cannabidiol is an orally effective therapeutic agent in rat chronic inflammatory and neuropathic pain
[4]Sativex in the management of multiple sclerosis-related spasticity: role of the corticospinal modulation
[5]Preliminary assessment of the efficacy, tolerability and safety of a cannabis-based medicine (Sativex) in the treatment of pain caused by rheumatoid arthritis
[6]Cannabidiol presents an inverted U-shaped dose-response curve in a simulated public speaking test
[7]Antidepressant-like effects of cannabidiol in mice: possible involvement of 5-HT1A receptors
[8]Multicenter, double-blind, randomized, placebo-controlled, parallel-group study of the efficacy, safety, and tolerability of THC:CBD extract and THC extract in patients with intractable cancer-related pain
[9]Cannabidiol induces programmed cell death in breast cancer cells by coordinating the cross-talk between apoptosis and autophagy
[10]Cannabidiol exerts sebostatic and antiinflammatory effects on human sebocytes
[11]Nabiximols (THC/CBD oromucosal spray, Sativex®) in clinical practice–results of a multicenter, non-interventional study (MOVE 2) in patients with multiple sclerosis spasticity
[12]Trial of Cannabidiol for Drug-Resistant Seizures in the Dravet Syndrome
[13]A single dose of cannabidiol reduces blood pressure in healthy volunteers in a randomized crossover study
[14]An Update on Safety and Side Effects of Cannabidiol: A Review of Clinical Data and Relevant Animal Studies
[15]Hepatotoxicity of a Cannabidiol-Rich Cannabis Extract in the Mouse Model

マリファナJP 国内最大の大麻総合メディア
大麻に関する正しい知識、正しい情報を発信し、医療用大麻、産業用大麻、嗜好用大麻等 多岐にわたり世界中の人々から必要とされている大麻を伝える、日本人のためのメディアです。マリファナJPでは大麻の関連の情報の発信をしていますが、大麻取締法を犯す事を「扇動、教唆、示唆、ほう助」する内容ではございません。日本では大麻の所持、栽培は違法ですので絶対に使用しないでください。

The following two tabs change content below.

Kohei

マリファナJP代表のKです。 日本経済に新しいマーケットを誕生させると共に、日本人に大麻の素晴らしさを伝え、1人でも多くの日本人に大麻に対する正しい理解をしてもらえる様に現在活動しております。

関連記事一覧