大麻のロゴ

大麻と仮想通貨:大麻産業を動かす仮想通貨

皆さんは大麻と暗号通貨に共通点があることを知っていますか?

「大麻と暗号通貨?共通点はないのでは?」

そう思っている人は多いと思います。

しかし、大麻と暗号通貨には共通点があります。

それは、大麻と暗号通貨はどちらも成長しつつある市場ということ。

今回は大麻と暗号通貨の共通点、大麻に関連した暗号通貨について解説していきます。

 

大麻のロゴ
From hempmedspx

大麻や暗号通貨のように、今までにないメリットをもたらすものがユーザーや投資家に非常に好まれます。

 

医療界は大麻にさまざまな効果があることを認めています。

 

さらに娯楽用大麻の成長し続けている市場が加わると、誰も想像ができないほどの大きな市場となるのです。

 

また、複雑なコンピュータプログラミングや人工知能の進化により暗号通貨が発展し、銀行のような第三者を仲介せずともユーザー同士で暗号通貨を使って金融取引を行うことができつつあります。

 

さらに暗号通貨取引は人々が互いに監視する仕組みになっているので、ハッキングなどによる不正ができないようになっています。

 

その結果、多くのユーザーや投資家の信頼が高まり、暗号通貨市場は大きな成長を遂げています。

 

成長しつつある市場という共通点を持つ大麻と暗号通貨は、いよいよつながりを持ち始めました。

 

大麻と暗号通貨をビジネスにしているハイブリッド企業が、大麻に関連した暗号通貨を発表しています。

 

成功しているInitial Coin Offering/新規仮想通貨公開(ICO)、Security Token Offering/暗号トークン公開(STO)についていくつかご紹介しましょう。

 

PotCoin

ポットコイン(POT)
From potcoin

PotCoinはカナダで開発された暗号通貨で、これまでに登場した最も初期の大麻暗号通貨の1つです。

 

主に大麻関連の商品やサービスの支払いに使用されています。

 

PotCoinは、大麻取引の際に生じる不便で複雑な銀行取引を支援することを目的として設計された最初の分散型暗号通貨。

 

PotCoinは普及のために、さまざまなマーケティングキャンペーンを行っています。

 

Dennis Rodmanや「Sheenius」と呼ばれる気化器と大麻製品を開発したCharlie Sheenのような有名人と提携しているようです。

 

HempCoin

ヘンプコイン(THC)
From hempcoin

HempCoinはPotCoinと同時期に開発された暗号通貨です。

 

この通貨はBitCoinのソースに基づいて構築されており、大麻用ではありません。

 

ユーザーも絞られており、医療・娯楽用大麻販売所及び大麻生産者が使用することを想定します。

 

目的としてはこの通貨を使って、大麻などの農作物の大量購入を容易にすること。

 

実際に、何人かの生産者がHempCoinを使い始めています。

 

Paragon

パラゴン(PRG)
From paragoncoin

Paragonは他の暗号通貨と異なり、大麻を購入するために利用するものではありません。

 

様々な大麻ビジネスの成長を支援するために開発されました。

 

ParagonSpaceと呼ばれるロサンゼルスの大麻共同作業スペースに入っている大麻関連企業が、そのスペースの家賃を支払うために利用されています。

 

Tokes

パラゴン(PRG)
From tokes

TokesはWavesブロックチェーン上で動作します。

 

Tokesの主な目的としては、大麻サプライチェーンと顧客取引のすべてから現金を排除することです。

 

すべての取引でこのTokesを介して取引が行われるということです。

 

また、Tokesのプラットフォームはマネーロンダリングを防止するために、マネーロンダリング防止方針及び顧客財務プロセスを遵守しています。

 

つまり、Tokesは金融業界の規制を準拠しているため、そのまま金融機関に提供することができます。

 

普及すればすぐに利用できそうな暗号通貨ですね。

 

CannabisCoin

カンナビスコイン(CANN)
From cannabiscoin

CannabisCoinの主な目的の1つは、暗号通貨と大麻の両方をより社会的に受け入れられるようにすることです。

 

CannabisCoinはP2Pのオープンソース通貨として作成され、支払いのやりとりを簡素化できます。

 

医療大麻の販売所/顧客の取引を円滑かつ容易にすることにより、大麻患者が医療大麻を簡単に購入できます。

 

CannabisCoinは「Yes we CANN」というプロモーションキャンペーンも展開しています。

 

このキャンペーンはこの暗号通貨と大麻を直接交換するキャンペーンです。

 

「CaNNdy」という大麻が栽培されており、1つのCannabisCoinで1gの大麻が交換できます。

 

Budbo

ブドボー(BUBO)
From budbo

BudboはEthereumプラットフォーム上で発行される暗号通貨トークンです。

 

Budboは、さまざまな種類の大麻ビジネスに対応できるように設計された分散型ブロックチェーンテクノロジとして機能します。

 

Budboのターゲットユーザーとしては、大麻製造業者・研究者・小売業者・流通業者です。

 

活用例としては、

 

・大麻製造業者の肥料の調査

・小売業者の販売記録とPOSシステム

 

などです。

 

BUBOというものを経由してBudboのブロックチェーン上に保存された大麻データを分析することにより、今までコストがかかっていたPOSシステムなどのコストを削減することができます。

 

KushCoin

クッシュコイン(KUSH)
From kushcoin

KushCoinは栽培から販売までのプロセス・土地取得・保管・輸送・顧客販売・製品の提供までの医療大麻のサプライチェーン全体に利用できる大麻暗号通貨です。

KushCoinの当初の目的は現在も変わっていません。

様々なサプライチェーンと消費者がコストと複雑さがかかることを避けるために、KushCoinで支払うことが目的です。

KushCoinを使えば、どんな金額でも無料で迅速かつ安全に転送することができます。

 

まとめ

世界中の大麻合法化の流れにより、共通点がある暗号通貨も続々と開発されています。

 

どの暗号通貨が主流になるかはまだ分かりませんが、暗号通貨が発達すれば複雑で時間がかかる大麻取引もより容易になるはずです。

 

参考サイト

・https://medium.com/littlefunk/cannabis-cryptocurrency-cryptocurrencies-powering-the-marijuana-industry-30be27df2d4f

【関連記事】仮想通貨長者たちが、いま大麻産業に殺到する理由

 

マリファナJP 大麻(マリファナ)専門のメディア

大麻に関する正しい知識、正しい情報を発信し、医療用大麻、産業用大麻、嗜好用大麻等 多岐にわたり世界中の人々から必要とされている大麻を伝える、日本人のためのメディアです。

The following two tabs change content below.

K

マリファナJP代表のKです。 日本経済に新しいマーケットを誕生させると共に、日本人に大麻の素晴らしさを伝え、1人でも多くの日本人に大麻に対する正しい理解をしてもらえる様に現在活動しております。

関連記事一覧

  1. この記事へのコメントはありません。