• CBD
  • CBDについての最新注目情報を配信します。All you need to know about CBD.

大麻は耐性が付く?大麻の耐性の仕組みと耐性をリセットする方法

最終更新日

頻繁に大麻を使用するため、大麻を吸っても効果をあまり感じない。。

 

と感じることはありますか?それは、大麻に対する耐性が付いてしまったかもしれません。

 

「大麻を頻繁に使用する人」と、「たまに使用する人」とでは、効き目や持続時間に違いあるのでしょうか?

 

今回は、大麻の耐性の仕組みと耐性をリセットする方法について解説していきます。

大麻使用による高揚感(ハイ)に対する耐性

大麻を使用するといわゆる「ハイ」の状態になりますが、これは大麻に含まれる主要カンナビノイド「THC」の向精神作用による影響です。

 

大麻を頻繁に使用し、大麻の使用量が増えてしまったことはありませんか?

 

これは体がTHCに対する耐性を付けたことによる影響です。大麻と耐性の関係性について詳しくみていきましょう。

 

大麻の耐性とは?

 

耐性とは、体が大麻に慣れていく過程のことで、効果が弱くなることがあります。言い換えれば、以前と同じ効果を得るためには、より多くの量の大麻を摂取する必要があるということです。

 

これは、医療目的で大麻を使用している場合は問題となります。幸いなことに、大麻の耐性をリセットすることは非常に簡単です。

 

次に、耐性がどのように付くかについて見てみましょう。

大麻を使用することで耐性が付いてしまう仕組み

 

薬と同じように、大麻も定期的に使用すると耐性が付いてしまいます。

 

大麻に含まれているTHC(テトラヒドロカンナビノール)は、大麻に含まれる精神活性化合物です。

 

THCは、脳内のカンナビノイド1型(CB1)受容体に作用しますが、THCを頻繁に摂取すると、時間の経過とともにCB1受容体が減少してしまいます。

 

つまり、同じ量のTHCを摂取しても、同じようにCB1受容体に影響を与えることはなく、結果的に効果が低下してしまうのです。

 

耐性がどのように付くのかについては、厳密な時間などはなく、以下のような様々な要因によって異なります。

 

・大麻の使用頻度
・大麻の強さ
・DNA

大麻の耐性はすぐになくなる

 

他の薬物と比較して、大麻の耐性はリセットが早いという特徴があるため、多量に摂取する事にはなりにくく、乱用の可能性も低くなります。

 

また、大麻を日常的に使用している人を対象とした研究では、非使用者に比べてCB 1受容体が減少していましたが、大麻使用を止めてからわずか2週間後には正常な状態にまで増加したと報告されています。

 

大麻は依存性が低く耐性が消えるまでの期間も短い為、大麻の摂取を一時中断しやすいのも特徴の一つです。

大麻使用をいったん止めてみる

 

毎日大麻を摂取している人であれば、休憩を取ることを考えてみましょう。

 

大麻耐性を下げる最も一般的な方法の一つが、大麻の使用を一旦中断することです。このことは“Tブレイク “と呼ばれています。

 

研究によると、THCはCB1受容体を枯渇させますが、時間とともに回復し、以前のレベルに戻ることを示しています。

 

休憩期間はあなた次第です。CB1受容体が回復するまでにどのくらいの時間がかかるのか、正確なデータはありません。

 

「数日でうまくいく」という人もいれば、「2週間が理想的な期間」であるという人もいます。

 

その人の耐性の度合いやDNAによっても変わってくるので一概には判断できないのです。

大麻の耐性をリセットする方法

医療上の理由で大麻を使用している場合、大麻の使用を一時止めることは実現的ではない可能性があります。

 

大麻の耐性を下げる方法が他にもいくつかありますので解説していきます。

 

CBDとTHCの比率が高い大麻製品を使用する

 

CBD(カンナビジオール)は、大麻に含まれる主要カンナビノイドです。

 

CBDは、CB1受容体を枯渇させることはないため、THCのように耐性が付くことはありません。

 

また、CBDは向精神作用がないため “ハイ “になることはなく、痛みや炎症を軽減するなど、多くの健康上のメリットを持っています。

大麻の使用量を抑える

大麻の使用量が少なければ少ないほど、耐性がつく可能性は低くなります。

 

快適に感じるために必要な最小限のものを使用し、過度に吸いすぎないようにしましょう。

大麻の使用頻度を減らす

可能であれば、大麻の使用頻度を減らしましょう。

 

大麻を使用する頻度を少なくすることで、大麻の耐性をリセットし将来耐性が付きにくなります。

離脱症状に備える

耐性が付いてしまった人の多くは、大麻の使用を休憩したり、通常よりも大麻の使用量を減らしたりすると、大麻の離脱症状を起こします。

 

大麻の禁断症状は、アルコールや他の薬物の禁断症状ほど激しいものではありませんが、それでも不快な気分になることがあります。

 

大麻による離脱症状は次のような場合があります。

 

・気分のむら
・倦怠感
・頭痛
・認知障害
・食欲減退
・吐き気などの胃の不調
・不眠症
・鮮明な夢

 

これらの症状に対応するためにも、水分補給休息十分にとるようにしましょう。頭痛や吐き気には市販薬を使ってみるのもいいでしょう。

 

運動や新鮮な空気を吸うことで、注意力が高まり、気分の落ち込みを軽減することができます。

 

離脱症状があると、大麻を使い続けたくなるかもしれません。離脱症状は不快なものですが、大麻の禁断症状は通常72時間しか続きません。

大麻への耐性の再発を防ぐ方法

 

大麻に対する耐性をリセットできたら、次のことを念頭に置いて、大麻の耐性が付きにくくなるよう心がけてみましょう。

 

低THC製品を使用する

CB1受容体の枯渇につながるのはTHCなので、THCが少し低い製品を選ぶのが賢明です。

大麻をあまり頻繁に使用しない

使用すればするほど耐性が付いてしまうので、時折、または必要に応じてのみ使用するようにしましょう。

摂取量を少なめにする

一度に摂取する大麻の量を減らしてみてください。また、時間を空けて使用するようにしましょう。

CBDを使用する

大麻の潜在的な健康効果を得たいのであれば、CBDのみの製品を試してみるのもよいでしょう。

 

しかし、THCにはCBDにはない薬効がありますので、すべての人に当てはまるわけではありません。

 

大麻に対する耐性が付きやすくなりがちな人は、必要に応じて定期的に大麻を使用するのを止め、休憩を取る計画を立てることを考えてみてください。

まとめ

大麻を頻繁に使用するようになれば、耐性がつくのはごく普通のことです。

 

ほとんどの場合、1~2週間大麻使用を休憩すると、耐性がリセットされます。

 

医療目的で使用している場合など、大麻の使用を止められない場合は、THCの低い製品に切り替えるか、大麻の消費量を減らすことを検討してください。

 

MarijuanaJP|マリファナJP 国内最大の大麻総合メディア
大麻に関する正しい知識、正しい情報を発信し、医療用大麻、産業用大麻、嗜好用大麻等 多岐にわたり世界中の人々から必要とされている大麻を伝える、日本人のためのメディアです。マリファナJPでは大麻の関連の情報の発信をしていますが、大麻取締法を犯す事を「扇動、教唆、示唆、ほう助」する内容ではございません。日本では大麻の所持、栽培は違法ですので絶対に使用しないでください。

 

The following two tabs change content below.

K

マリファナJP代表のKです。 日本経済に新しいマーケットを誕生させると共に、日本人に大麻の素晴らしさを伝え、1人でも多くの日本人に大麻に対する正しい理解をしてもらえる様に現在活動しております。

関連記事一覧

  1. この記事へのコメントはありません。