助けての看板

大麻入り食品(エディブル)を食べ過ぎた時の対処法

大麻は、喫煙するだけでなく、様々なものに加工することができます。加工される製品としては、オイル・化粧品・ローションなど数えきれないほど。加工製品の中で、最も多くの人が手にとるのが食品(エディブル)でしょう。

アメリカなどの大麻合法国では、大麻入りエディブルが数多く製造されています。大麻入りエディブルは、大麻が入っていない食品と外見や味も変わりありません。違いは、食べたことで「ハイになるかどうか」という点だけ。

しかし、大麻入りエディブルは、食べてもすぐにハイになるわけではないので、ついつい食べ過ぎることも…。その結果、ハイになり過ぎてバッドトリップという副作用を引き起こすこともあります。しかし、バッドトリップが起こった際に冷静に対処すれば大丈夫です。今回は、大麻入りエディブルと食べ過ぎた時の対処法をご紹介していきます。

大麻クッキー

そもそも大麻入りエディブルとはどういったものなのでしょうか?大麻入りエディブルは、最近作られたものではなく、何千年前から様々な地域で作られていました。大麻入りエディブルが初めて作られたのは、インドと呼ばれています。ヒンドゥー教のホーリー祭で、大麻入りエディブルを摂取するという伝統があったそうです。

また、大麻入りエディブルが現代人に浸透し始めたのは、1950年代に出版された料理本で大麻入りエディブルのレシピが収録されたのが始まりです。大麻入りエディブルは、様々な種類のものがあります。大麻入りエディブルの調理法は、食材に大麻を入れてオーブンなどで焼くことが一般的。

人気があるエディブルとしては、クッキーやブラウニー、ケーキなどです。最近では、大麻入りチョコレートも増えてきました。完成すると、基本的には大麻が入っているかどうかの区別はできません。

しかし、大麻入りの場合は、少し緑がかっていたり、大麻の香りがすることがあります。飲料でも大麻入りのものが続々と登場しています。大麻入りの炭酸飲料やコーヒーなども販売されています。世界最大級の飲料メーカーであるコカ・コーラ社も、大麻入りドリンクの販売を検討しているという情報もあります。

大麻入りエディブルはつい食べ過ぎてしまうことも…。

大麻クッキー

大麻入りエディブルは、効果が現れるのが、喫煙よりも遅くなる傾向があります。なぜなら、大麻入りエディブルは、消化されて身体の中に取り込まれるからです。喫煙の場合だと煙が肺に入り、肺の血管からテトラヒドロカンナビノール(THC)などが取り込まれ、脳にすぐに到達します。

そのため、すぐにハイになることができるのです。しかし、大麻入りエディブルだと一旦胃で消化された後に腸でTHCなどが吸収されて肝臓で代謝された後に脳に運ばれるので、喫煙よりも遅くなってしまうのです。そのタイムラグがあることを知らずに食べても効果がないので、つい食べ過ぎてしまう人が多いのです。

そして、食べ過ぎたことによるバッドドリップで苦しむことになります。喫煙とエディブルでは、作用するカンナビノイドが違います。喫煙の場合は、直接私たちに影響を与えるのは、Δ9-THCと呼ばれる成分です。しかし、エディブルの場合は違います。

エディブル内にある大麻は消化吸収された後に肝臓に運ばれます。その代謝の過程でΔ9-THCは新しい成分に変化します。それは、11-Hydroxy THCです。この成分はΔ9-THCよりも強力な幻覚作用と身体への副作用があるので、エディブルの方がバッドトリップを引き起こす可能性が高いのです。

バッドトリップ時の症状

体調が悪い男性

バッドトリップした時の症状については、「大麻でハイになり過ぎた時の対処法」の記事でご紹介しましたが、おさらいとして簡単にまとめておきます。

バッドトリップ時の症状

・気持ち悪くなる

・吐き気を催す

・汗をかく

・めまいがする

・感覚が敏感になる

・幻覚や幻聴

・被害妄想

・息切れ

・のどの渇き

上記のような症状が出ることがあります。エディブルの場合、大量に摂取した場合は消化吸収に時間がかかるので、喫煙よりも長時間症状が続くことがあります。一度摂取してしまうと取り除くことは不可能なので、エディブルを摂取する時はバッドトリップにならないように少しずつ摂取しないといけません。

しかし、バッドトリップで死亡したり、障害が残るなどの大きな問題にはならないので安心してください。時間が経てば、元の状態に戻ります。

バッドトリップ時の対処法