大麻の主要成分、THCとCBD。その違いは?

みなさん、THCとCBD、これらの違いについてお分かりでしょうか?

 

長年、大麻消費者たちの間では、 ”THC(テトラヒドロカンナビノール)”含有量の多い大麻=よりハイになる という認識が広まり、”THC”濃度の高い大麻、製品が注目されていました。

 

近年、その傾向も変わりつつあります。

 

THC”含有量が少なくて、そこまでハイになることもなく、依存性もほとんどない”CBD(カンナビジオール)”製品を好む大麻消費者が増加しています。

 

本日は”THC”と”CBD”の違いについてご説明させていただきます。

 

THCとCBD

大麻を吸ったことのない人でさえ、一度は耳にしたことがあるのではないでしょうか。

 

THC(テトラヒドロカンナビノール)”は、多幸感、陶酔感を刺激する化学物質で、私たちはそれによっていわゆる「ハイ」になります。

 

もちろん、THC以外にも多幸感、陶酔感を刺激するカンナビノイドはありますが、「ハイ」になるのに十分な量が存在する唯一の成分です。

 

THCは嗜好用(レクリエーション)大麻において欠かせないものとなっています。

 

しかし、THCに医療効果が全くないというわけではありません。

 

実際に、知覚や味覚、気分や思考の変化に影響があり、幅広い医療用途を有しているのです。

 

"CBD(カンナビジオール)"とは?

大麻とジョイントとCBDオイル

最近よく耳にするCBD(カンナビジオール)。

 

CBD成分を含んだVAPEリキッドは現在ドンキホーテ等の大型量販店でも取り扱いを始めています。

 

CBDは科学者が発見した最初のカンナビノイドのひとつであり、現在大麻の研究において最も重点的に研究されている成分といっても過言ではありません。

 

またCBDによって改善される症状は増え続けています。

 

下記はCBDが効果をもたらす最も一般的な症状です。

・てんかん

・痛みと炎症

・PTSDおよび不安症状

・クローン病

・多発性硬化症

・オピオイド離脱症状

 

まとめ

このように、同じ大麻からできた成分でもCBDやTHCなどといった異なる効果をもつ成分が抽出され、色々な用途や目的のために使用されています。

 

そして日本はもちろん、世界中の多くの国々で、CBD成分に関しては健康への意識が高い人々によって支持されており、各国政府によっても認可された上で、正規かつ合法的に販売されています。

 

CBDの有効性につきましてはこちらの記事でご紹介しておりますので、ぜひご覧になってください。

→ 日本でも合法のCBDオイルが、いま世界で注目されている理由!?

 

それではまた〜!

 

マリファナJP 大麻(マリファナ)専門のメディア
大麻に関する正しい知識、正しい情報を発信し、医療用大麻、産業用大麻、嗜好用大麻等 多岐にわたり世界中の人々から必要とされている大麻を伝える、日本人のためのメディアです。

関連記事一覧

  1. この記事へのコメントはありません。