大麻の健康上のメリット:総合ガイド

鬱からPTSDに至るまで、大麻の様々な健康上のメリットと、日常生活でどのように利用できるかについて説明します。


ストレス解消から発作の軽減まで、大麻の健康上のメリットは多岐に渡ります。

 

大麻の薬効は、大麻が作り出す独特の化学物質に由来しています。

 

大麻を摂取すると、これらのカンナビノイドは人体を構成する細胞と結合します。

 

これらの化学物質と私たち人間の細胞との相互作用は、広範囲にわたり、有益で驚くべき健康効果に貢献しています。

 

大麻

まず初めに、大麻が人体に与える影響については、まだまだ学ぶべきことが多いことを伝えておきます。

 

近年まで世界的に大麻が禁止されていたため、大麻と大麻の化学物質に関する研究は何十年も停滞していました。

 

カナダのような国での合法化の動きは大麻の新時代への扉を開きましたが、日本は研究目的で大麻を栽培することを依然として禁じられています。

 

残念ながら、こうした障害があるため、日本で大麻を有意義に研究することはとても難しくなっています。

 

十分な研究がなされなければ、大麻に関する健康上の主張の多くは、科学的証拠に裏付けできません。

 

しかし、初期の研究は、大麻の可能性に光を当てました。

 

この初期の研究は、人体と大麻との関係をより深く理解するために必要不可欠です。

 

これまでに得られたデータに基づいて、健康に対する大麻の一般的なメリットをいくつか紹介します。

 

睡眠のための大麻

不眠症は少量の大麻でも助けになるかもしれません。

 

1980年代の初期の研究は、大麻の主要な精神活性物質であるTHC(テトラヒドロカンナビノール)がメラトニンの分泌を刺激する可能性を示唆しています。

 

メラトニンは、松果体から分泌されるホルモンであり、動物から人まで、季節のリズムや概日リズムの調節作用をもつホルモンです。

 

日中にはメラトニンの分泌が低く、夜間になると、分泌量が10数倍に増加する日内変動が生じます。

 

また、大麻を摂取するとメラトニンの放出が誘発され、眠気を感じることがあります。

 

大麻草の香りも眠気を催すことがあります。

 

ミルセンと呼ばれるムスクの香りを持つ分子がその代表です。

 

ミルセンはホップやレモングラスにも含まれ、リラックスする作用があると共に、THCの向精神作用を高めることもあります。

 

しかし、大麻が睡眠に及ぼす影響については、いくつかの議論があります。

 

例えば、ある研究では大麻がノンレム睡眠を改善することが示唆されていますが、高用量のTHCは逆の作用を引き起こす可能性があります。

 

ノンレム睡眠は睡眠サイクルの中で最も深く、最も回復力のある部分です。

 

THCが多すぎると、長い目で見たときに疲れが取れなくなる可能性があります。

 

研究はまた、大麻がレム睡眠を制限する可能性があることも示唆しています。

 

レム睡眠とは、鮮明な夢で、外部からの感覚がブロックされ、眠りの浅い状態。

 

この間に脳は記憶の整理を行っています。

 

大麻が睡眠の質を向上させる効果があるかどうかについては、科学者の間でも議論があります。

 

最適な睡眠をとるには、THC(テトラヒドロカンナビノール)とCBD(カンナビジオール)の両方の組み合わせがおすすめです。

 

ストレス軽減のための大麻

ストレスほど気分を害するものはありません。

 

上司を相手にしていようと、家族のトラウマを抱えていようと、現代のストレス社会では間違いなくストレスがかかります。

 

大麻はストレスの軽減にとても最適です。

 

しかし、大麻がなぜストレスを軽減するかを理解するには、大麻の働きについて少し知っておく必要があります。

 

大麻が健康に影響を及ぼす理由は、大麻にエンドカンナビノイドシステム(ECS)が備わっているためです。

 

エンドカンナビノイドシステムは、食欲、痛み、免疫調整、感情制御、運動機能、発達と老化、神経保護、認知と記憶などの機能を持っており、細胞同士のコミュニケーション活動を支えている重要な身体調節機能です。

 

エンドカンナビノイドシステムはストレスに影響を受けます。

 

理由は、身体が困難な状況に対処する手助けをしようとする、ストレスに反応するシステムだからです。

 

エンドカンナビノイドシステムは、体を最適なバランス、すなわちホメオスタシスの状態に戻すのを助けます。

 

小規模な臨床試験がこれを証明しています。

 

2017年、研究者は被験者にストレスの多いシナリオをいくつか設定しました。

 

第一は模擬就職面接で、第二は観察されたソリティアのゲームでした。

 

毎回、低~中量のTHCを事前に摂取した参加者は、ストレスの徴候が減少し、各実験中により快適に感じました。

 

しかし、高用量では、THCは逆の効果を示しました。

 

最終的に、研究者のEmma Childs氏は、大麻がストレスとうまく戦うかどうかは、どれだけの量を摂取するかにかかっていると指摘しています。

 

「われわれの見解は、大麻がストレスを軽減し、緊張と不安を和らげるために使用されるという一般的な主張をある程度支持している。」と彼女はプレスリリースで説明しています。

 

また、「より高いTHCを摂取した参加者が試験中に不安および否定的な気分のわずかではあるが増加を報告したという調査結果は、THCが逆の効果も生じ得るという考えを支持する。」と述べました。

 

疼痛緩和のための大麻

大麻愛好家なら誰でも、大麻には痛み止め効果があることを知っています。

 

実際、痛みは、医療消費者が大麻に引きつけられる最も一般的な理由の1つです。

 

すでに医療大麻患者の調査では、消費者は処方された鎮痛薬よりも大麻を選択していることが示唆されています。



がん患者を対象とした複数の研究では、大麻の薬剤が疾患に関連する痛みを効果的に軽減し、化学療法などの困難な治療に対する患者さんの忍容性を高める可能性があることも示唆されています。


例えば、最近の大規模な研究では、オーストラリアの患者で大麻の喫煙と十分な疼痛緩和との間に相関関係は認められませんでした。

 

しかし、この研究は、医療大麻プログラムの合法化に先立って実施されました。

 

これは、大麻を摂取した患者が、医療用に栽培された大麻を使用するのではなく、たまたま自分の持っている大麻を吸っていたということを意味します。



医療目的で栽培される大麻にはさまざまな製剤があり、カンナビノイドとテルペノイドが特徴です。これらの変数は研究では考慮されていません。



しかし、睡眠やストレスと同じように、THCの過剰な摂取は痛みを和らげることはできません。

 

実際、精神作用薬を大量に服用すると、ある種の痛みに敏感になることがあります。

 

最適な効果を期待している場合は、低THCから初めて徐々に増やしていくのがおすすめです。

 

食欲のための大麻

大麻の食欲を刺激する性質はかなりの治療効果があります。

 

げっ歯類の研究によると、向精神作用のある大麻は嗅覚を高め、それによって食べ物をより魅力的にする可能性があります。

 

同時に、大麻は多幸感を高める神経伝達物質の放出を誘発し、より多くの楽しみを体験できるようにします。

 

しかし、慢性的な消費では、この反応の一部が一時的に鈍くなることがあります。

 

大麻の影響下でお気に入りの食べ物を食べるのは、とても素晴らしい経験です。

 

しかし、吐き気や食欲不振に悩まされている人にとって、食べたい、栄養を摂りたいという欲求を再び呼び起こす作用は、とても重要です。

 

この主張に少し科学的根拠を加えると、2018年にがん患者を対象に実施された調査では、大麻の使用が承認された患者の92%が、大麻によって食欲が改善されたと感じていることがわかりました。

 

またすべての患者が、大麻は症状の緩和と生活の質の向上に役立つと感じていると報告しました。

 

炎症のための大麻

身体の組織が損傷を受けると、細胞から過酸化水素が周囲に放出されることを知っていましたか?

 

歯を白くしたり傷口をきれいにしたりするのに使うものも、損傷に反応して体内で作られます。

 

細菌や微生物の感染から身を守るという点では、この炎症反応は驚くべきものですが、慢性炎症は、時間の経過とともに自分の体組織を変性させてしまうことがあります。



過酸化水素や一酸化窒素のような毒素は、感染に反応して免疫細胞から放出されます。

 

炎症誘発性化合物は、免疫細胞を活性化して特定の領域に集合させ、放出します。

 

免疫反応が長期間持続すると、これらの有害な化学物質のすべてが組織を悪化させ始め、自分の細胞にダメージを与え続けます。



炎症は感染後の生存を維持するための生命維持機能である一方、混乱を招く炎症反応は大きな問題です。

 

幸いなことに、大麻の強力な抗炎症作用を明らかにする研が増えています。

 

特に向精神作用のないCBD(カンナビジオール)が高い品種および製品は、炎症に対して最も有益であるようであると言われています。



例えば、研究は、CBDが炎症を引き起こす一酸化窒素の産生を阻害できることを示しました。

 


これらの強力な効果のおかげで、大麻に含まれる化学物質は、新しい抗炎症薬を作るために研究されています。

 

この研究はまだ進行中ですが、この抗炎症作用の可能性は非常に大きく、関