睡眠中の女性

寝る前の大麻の喫煙はあなたにどのような影響を与えるのか?

寝る前に大麻を吸うことは、眠るのを助けてくれるかもしれませんが、このとき、体になにが起きているのでしょうか?近年、大麻の合法化が盛んになり、睡眠のために大麻を使用する人たちが増えてきています。なぜなら睡眠障害は私たち現代人にとって最も一般的で苦痛な問題なのです。事実、アメリカ睡眠協会によると、5000万人から7000万人のアメリカ人が睡眠障害に苦しんでいます。さらにアメリカの成人の約10%が、慢性的な不眠症を患っています。今回は、就寝前の大麻の喫煙がどのように睡眠を助けるのかをしていきます。

睡眠中の女性

就寝前に大麻を吸うことで睡眠の質が上がるという研究は、たくさんありますが、なぜ大麻は睡眠に効果的なのでしょうか?答えはとても難しいです。まず第一に、どのような種類の大麻を使用しているかによって異なります。

インディカは、テルペン、ミルセンが高く、リラックス効果がありサティバは、テンションが上がり、活動的になります。THCとCBDが、最も一般的に話題に上がっているカンナビノイドの一種ですが、実は3番目のカンナビノイドがあることはご存知でしょうか。

それは CBN(カンナビノール)です。CBNは、全てのカンナビノイドの中で最も鎮静作用があると考えられています。1995年に行われた研究では、CBNが睡眠を長引かせると同時に発作を抑える効果を持っていることが明らかになりました。

CBNは、THCが分解されたものであるため、劣化した大麻に含まれています。CBNは、効果的な睡眠補助薬と言われていますが、THCやCBDには、睡眠に効果がないと言っているわけではありません。

THCは、CBDと同様に、使用するとことで、睡眠を助けることもできます。大麻は、人により、摂取量に差があるため、自分に合ったCBD、THC、CBNの正しい比率を見つけることがとても重要です。就寝前には、鎮静効果があり、眠りを誘うテルペンが含まれている大麻が推奨されています。

また、大麻に含まれる、テルピノレンとフィトールは、それぞれ体をリラックスさせ、痛みなどもやわらげる効果があります。以下は、就寝前におすすめな大麻の品種です。
God’s Gift
Northern Lights
Tahoe OG Kush
Grandaddy Purple

ハイの状態での睡眠:メリットはあるのでしょうか?

大麻

ハイの状態での睡眠は、いくつかの利点があります。1つ目は、2013年の研究によると、大麻は、早く眠りにつくことに役立ちます。不眠症に苦しんでいるか、寝つきが悪く悩んでいる場合は、就寝前に大麻を吸うことは、おそらく効果的でしょう。

大麻は、ストレス、不安感、痛みなど、人々が夜中に起きてしまう症状の多くを軽減することで、眠るのに役立ちます。これらの症状は、睡眠不足により悪化することが多く、不眠症への負のループが生じます。実際腰痛は、睡眠を妨げる原因の1つです。大麻は、腰痛などの痛みを軽減し、リラックスできます。このため、痛みにより睡眠を妨げられず、より良い睡眠を得ることができます。

睡眠心理学者のDeirdre ConroyがThe Conversationの記事で指摘しているように、唯一の注意点は、睡眠のための大麻の使用は、人によって異なるという事です。彼女は以下の様に述べています。

不眠症の患者を何百人と治療してきましたが、その経験の中で、睡眠のための大麻の使用は、睡眠だけではなく、うつ病や不安感に苦しんでいる人も助けることができる。

大麻と夢:大麻はレム睡眠を阻害してしまうのでしょうか?

医師

就寝前に大麻を吸ったら、夢を見にくくなると言われていますがなぜでしょうか。2008年の研究により、大麻がREM(眼球の急激な動き)を軽減することが明らかになったためです。夢は、レム睡眠中に発生するので、就寝前に大麻を吸う人は、レム睡眠の時間が少ないくなるため、夢を見ない人が多くなるようです。しかし、Henry Ford Health Centerの睡眠専門家であるTimothy Roehrs博士は、以下の様に述べています。

「大麻を使用すると、レム睡眠が減るというのは確実ではないかもしれない。大麻がレム睡眠に影響を与えるかどうかについての文献は非常に少なく弱く、曖昧す。いくつかの研究では、レム睡眠を抑制することが示されていますが、また別の研究ではそうでないことも記されています。」

多くの原因がありますが、主な原因は、レム睡眠が人々のその日の考えや行動をまとめて、将来の計画を立てるのを助けているともいわれています。どれも決定的な証明はされていません。つまり、たとえ大麻がレム睡眠を低下させても、それは有害である場合もあります。

大麻と夢が関連しているもう1つの理由があります。それは、大麻を定期的に使用している人の場合、目覚めたときにおそらく見た夢の多くを覚えていないことです。一方で、定期的に大麻を使用して、その後大麻の使用をやめたとき、夢を頻繁に見るようになったことは、ありませんか?この現象は、レム睡眠への影響と関係があると言われています。睡眠の専門家で神経科医のHans Hamburger博士は、この現象を、レムの「リバウンド効果」と呼んでいます。

しばらくの間、特定の現象を抑制する薬を服用していた場合、その薬の使用を中断すると、その抑制されていた現象がさらに強く出ます。レム睡眠は、大麻により抑制されていますが、使用をやめた最初の方は、抑制されたものが戻るため、頻繁に夢を見るようになりやすいということになります。

PTSDにより、不眠症に苦しんでいる人のための大麻