• HOME
  • 記事
  • LEARN
  • 大麻オイルとは?大麻オイルの種類からその使い方まで徹底解説
医療大麻オイル

大麻オイルとは?大麻オイルの種類からその使い方まで徹底解説

突然ですが、皆さんは大麻オイルを知っていますか?

「大麻オイル?聞いたことないな…。」
「CBDオイルは知っているけど、大麻オイルは別物?」

そのように思う人が多いのではないでしょうか。大麻オイルとは、大麻草から抽出された成分を含むオイルの総称です。「大麻オイル」という製品が存在するわけではありません。

基本的にTHC(テトラヒドロカンナビノール)オイルやCBD(カンナビジオール)オイルを大麻オイルと呼ぶことが多いので、それらをイメージしていただければ大丈夫です。

今回は、THCオイルやCBDオイルを中心に大麻オイルについて徹底的に解説していきます。ぜひ参考にしてみてください。

大麻オイルとは?

先ほど述べたように、大麻オイルとは大麻草から抽出された「THC」や「CBD」などの成分を含むオイルの総称です。

大麻オイルには様々な種類のものがあり、以下の様なものがあります。

  • THCオイル
  • CBDオイル
  • THC&CBDの混合オイル

日本ではCBDオイルのみが販売されており、THCオイルは向精神作用があるため大麻取締法により販売が禁止されています。

THC及びCBDの効果

CBDオイルやTHCオイルがありますが、これらはどういった効果があるのでしょうか?

ここからはCBDTHCの効果についてそれぞれ解説していきます。

CBDの効果

CBDは医療や健康増進に利用されており、THCのような向精神作用もないので誰でも手軽に利用することができます。

効果がある症状としては、

  • がん
  • 糖尿病
  • てんかん
  • 不眠症

などその数は把握できないほど。日本では不安になった時や睡眠の質が悪いに利用されます。

CBDについては以下の記事で詳しく解説しています。

抗不安作用

ストレス社会である現代は、うつ病や不安障害などを抱える人が急増しています。うつ病や不安障害は、脳内にある感情をコントロールする役割を持つセロトニンの分泌量がストレスによって低下することで起こります。

従来の治療では薬物によって脳内のセロトニン量を増加させ、抗不安作用を発揮しますが、継続的に利用すると副作用も大きくなってしまいます。

しかし、CBDは脳のセロトニン受容体に直接働きかけるので、従来の治療法よりもすぐに抗不安作用を発揮し、副作用もほとんどありません。

もちろん健常者でも利用できるので、うつ病まではいかなくてもストレスを抱えた時に利用すると、不安が少なくなってリラックス効果を得ることができます。

快眠作用

睡眠をとると、「レム睡眠」と呼ばれる浅い睡眠と「ノンレム睡眠」と呼ばれる深い睡眠を交互に繰り返します。レム睡眠では身体は休んでいるのですが、脳は活発に動いているような状態。脳は休んでいないので、疲れはとれづらいのです。

一方、ノンレム睡眠は脳も休んでいるため、疲れもとれやすくなります。CBDはレム睡眠をブロックする効果があるので、摂取するとレム睡眠が短くなり、ノンレム睡眠を長くなるので疲れがよりとれやすくなります。

CBDでは快眠効果が期待できるということです。

THCの効果

THCは精神作用があるのでその部分に注目されがちですが、THCにも様々な効果があります。

THCについては以下の記事で詳しく解説しています。

食欲増進

THCは脳の視床下部の受容体と結合し、グレリンという空腹を感じるホルモンを放出することが研究からわかっています。

そのため、がん治療などの副作用で食欲不振になっている患者にTHCを摂取させることで、食欲増進を促し体力回復に努めることができるのです。

大麻の食欲増進作用については以下の記事で詳しく解説しています。

制吐作用

抗がん剤などは副作用で吐き気をもたらすことが多く、食欲不振にもつながります。THCは吐き気を抑える効果も期待できるので、摂取することで抗がん剤の副作用を抑えることも可能です。

大麻オイルの製造方法

それでは、ここからは大麻オイルの製造方法を見ていきましょう。大麻の栽培から抽出までをステップごとに見ていきます。

ステップ①:栽培

大麻草が生育するために適した土壌を準備し、抽出する成分を多く含む大麻草を選定して栽培していきます。栽培方法には以下の2種類があります。

  • 大麻種子から栽培していく方法
  • 温室で育てた大麻草から株を分けて植え付けする方法

 株を分けて植え付けする方法の方が大麻に含まれる成分量が調整しやすいため、大麻オイルのために栽培する場合はこちらの方法を採用することが多いようです。

栽培では温度・水分量・湿度などを管理して、大麻草がしっかり生育できるように注意します。

ステップ②:収穫

オイルに加工するためには大量の大麻草が必要になるので、大規模に栽培することが多いです。そのため、収穫する場合はコンバインなどの農業機械を用いて、一気に収穫します。

ステップ③:乾燥

収穫した大麻草はすぐに利用することはできません。一旦納屋に運び込み、空気乾燥させる必要があります。乾燥させる際には、細菌やカビに注意しつつ換気しながら乾燥させていきます。

ステップ④:加工

十分に大麻草が乾燥したら、抽出しやすいように大麻草をすりつぶします。そして、アルコール抽出や脱ろう処理を行い、大麻草に含まれる不純物を取り除いていきます。

ステップ⑤:精製

不純物を取り除いた後はオイルを抽出します。アルコールや有機溶媒を用いた溶媒抽出もしくは二酸化炭素や圧力を用いた非溶媒抽出のどちらかで抽出を行います。抽出されたオイルは成分量などを分析し、成分がどれだけ含まれているかを正確に調べます。

ステップ⑥:ブレンド

オイルとして利用しやすいように、ヘンプシードオイルやオリーブオイル、MCTオイルなどのキャリアオイルと抽出オイルをブレンド。そして、加工したオイルは瓶詰めして包装されます。

THCオイルとCBDオイルのそれぞれの使い方

CBDオイル、THCオイルはどうやって使えばいいのでしょうか?

THCオイル、CBDオイルの使い方について解説していきます。

THCオイルの使い方

THCオイルは向精神作用があり、大量に摂取するとバッドトリップを起こしてしまうことがあります。バッドトリップの症状としては、以下の様な症状が出ます。

  • 気持ち悪くなる
  • 血の気が引く
  • 不安感
  • 被害妄想

THCオイルはTHCが濃縮されているので、通常の大麻よりもバッドトリップする可能性が高いです。そのため、直接摂取する場合は一滴ずつ摂取することをおすすめします。

また、THCオイルを直接摂取することに抵抗がある人は、コーヒーやお茶などに垂らして飲むと摂取量が少なくなります。このように摂取していけば、バッドトリップを起こすことはないでしょう。

CBDオイル、THCオイルどちらにも共通することですが、摂取する際には常用薬との飲み合わせを確認してください。常用薬との飲み合わせで思わぬ副作用が出ることもあります。オイルを使用する際には必ず医師や薬剤師に相談してくださいね。

CBDオイルの使い方

CBDオイルは精神作用がないので、まちがって多く摂取しても問題ありません。

しかし、大量に摂取したからといって効果が大幅に上昇することはないので、取扱い説明書に基づいて適量を摂取しましょう。

摂取方法としては、舌下に直接垂らして摂取する方法が一般的です。スポイトでの摂取が難しい場合はスプーンなどに適量を垂らした後に摂取するようにすれば摂取しやすくておすすめです。

また、CBDオイルは苦みがあります。苦みが苦手な人は直接摂取するのが難しいかと思いますので、そういった時は苦みを感じにくくする甘いもの(チョコレートなど)と一緒に摂取しましょう。

CBDの使い方は以下の記事で詳しく解説しています。

まとめ:日本ではCBDオイルのみ使用可能

大麻オイルについて理解していただけたでしょうか?

日本ではCBDオイルのみが利用可能です。CBDオイルを摂取するだけで様々なメリットがあるので、興味がある方はぜひ試してみてくださいね。

マリファナJP 国内最大の大麻総合メディア
大麻に関する正しい知識、正しい情報を発信し、医療用大麻、産業用大麻、嗜好用大麻等 多岐にわたり世界中の人々から必要とされている大麻を伝える、日本人のためのメディアです。マリファナJPでは大麻の関連の情報の発信をしていますが、大麻取締法を犯す事を「扇動、教唆、示唆、ほう助」する内容ではございません。日本では大麻の所持、栽培は違法ですので絶対に使用しないでください。

The following two tabs change content below.

Kohei

マリファナJP代表のKです。 日本経済に新しいマーケットを誕生させると共に、日本人に大麻の素晴らしさを伝え、1人でも多くの日本人に大麻に対する正しい理解をしてもらえる様に現在活動しております。

関連記事一覧