• CBD
  • CBDについての最新注目情報を配信します。All you need to know about CBD.
  • HOME
  • 記事
  • CBD
  • 「CBDとアルコールは一緒に摂取しても大丈夫?お酒とCBDの組み合わせを調査!」

「CBDとアルコールは一緒に摂取しても大丈夫?お酒とCBDの組み合わせを調査!」

最終更新日

CBDはストレスの緩和やリラックス、睡眠の改善などの効果が期待される注目の新成分です。

国内でもCBDオイルやCBDリキッドなどの形で商品が販売されており、さまざまな楽しみ方で親しまれています。

CBDオイルでは、そのまま摂取するだけでなく飲み物や食べ物と混ぜて口にする方も多く、組み合わせなども多岐に渡ります。

その中で1つ気になるのが「CBD」と「アルコール」という組み合わせです。

「お酒と一緒にCBDを摂取してもいいのでしょうか?」

ジュースや牛乳などと違って性質の異なる成分でもありますし、慎重に考えなければならないでしょう。

しかし、アメリカではカクテルにCBDを混ぜたドリンクが人気を高めているなど、使用例として多く確認できます。

今回は「CBDとアルコールを一緒に摂取してもいいのか?」についてまとめていきます。

CBDカクテルの人気を高めている

CBDの人気が特に高まっているアメリカでは、バーなどのお酒を提供する施設でCBDが入ったカクテルを楽しむ人が増えています。

現段階でCBDとアルコールを一緒に摂取したことで健康への悪影響が生じたという情報は確認されていないため、逆に若い人を中心にCBDカクテルの人気が高まっています。

「イメージ的にCBDとアルコールを一緒に摂取するのはまずいような感じがしてしまいますが、本当に大丈夫なのでしょうか?」

「酔いが早まったり、互いの成分が悪影響を生み出すといったことはないのでしょうか?」

CBDに興味がある方や今まさに生活に取り入れているという人も多いでしょう。

お酒と一緒にCBDを楽しもうと思っている方やお酒を飲んだ前後にCBDを摂取するといった方など、アルコールとCBDの関係性についてよく理解しておいた方がいいでしょう。

CBDとアルコールの関係性を調査

今回の記事ではCBDに関する信頼できる情報を提供するWebサイト「REMEDY REVIEW」に掲載された「Mixing CBD with Alcohol – Is it really safe?(CBDとアルコールを混ぜるのは本当に安全?)」の記事を参考にCBDとアルコールの関係性についてまとめていきます。

CBDとアルコールを混ぜても安全?

この記事ではアルコールにCBDを混ぜることに対する安全性について検証をしています。

まず、CBDは、THCのように精神活性作用を生み出さないため、CBDが入ったカクテルを飲んだとしても頭が混乱するような症状は起きないと書かれています。

更に、精神薬理学の研究によって発表された内容によると、アルコールとCBDカプセルが投与した被験者とアルコールのみを投与した被験者を比較した結果、CBDカプセルを投与した方が血中アルコール濃度が大幅に低かったことが示されています。

ただ、どちらの被験者も運動や精神のパフォーマンス低下がみられていたため、CBDがアルコールの酔わせる効果を低下させるというわけではありませんでした。

CBDを摂取することによって血中アルコール濃度が低下する可能性については、マウスによる実験でアルコールによる肝臓の損傷をCBDが保護するという結果も示されています。

CBDは、過度のアルコール摂取による肝臓への酸化ストレスを軽減させるという結果も出ており、少なくともCBDとアルコールを同時に摂取しても身体に有害な影響を及ぼすといった結果は示されていません。

CBDカクテルを飲む前にCBDとの相性をチェックする

CBDとアルコールの相性は悪くないということが示されていますが、飲む前に1つ考えなければならないことがあります。

それは「自分の身体とCBDとの相性」です。

そもそもの話としてCBD自体が体質と合わないのであれば、CBDカクテルも飲まない方がいいでしょう。

アルコールの耐性がない人がお酒を飲まない方がいいように、CBDが合わない人は摂取するのを控えた方がいいでしょう。

そのため、CBDカクテルを飲む前に一度をCBDを試して、自分の身体がどのような反応をするかを確認する必要があるでしょう。

【参考】

「REMEDY REVIEW」

「Mixing CBD with Alcohol – Is it really safe?(CBDとアルコールを混ぜるのは本当に安全?)」

お酒に関連したCBDの効果について

アルコールとCBDを同時に摂取したとしても身体に悪影響が生じるというわけではないためとりあえず安心できますね。

さらに言うとCBDにはお酒と関連したさまざまな効果があると研究などによって指摘されています。

①アルコール依存症の緩和

CBDはアルコール依存症の緩和に効果的ではないかという研究が発表されています。

「weedmaps」というサイトに掲載された「CBD Might Help You Cut Back On Drinking Alcohol And Reduce Its Damaging Effects, Study Says(CBDはアルコールを飲むことを減らし、有害な影響を減らすのを助けるかもしれないという研究について)」という記事では、CBDによる飲酒減少効果に対する研究が紹介されています。

CBDを摂取することによってアルコールの消費を減らす効果があることが研究結果から論じられており、飲み過ぎやアルコール依存症に対する治療への応用が可能性として示されています。

②二日酔いの緩和

お酒の飲み過ぎによって生じる二日酔い。頭痛や吐き気などに悩まされて厄介な存在ですが、CBDが二日酔いの緩和に効果的とも言われています。

科学的な根拠はまだ不十分なものの、CBDのもつ鎮痛効果や嘔吐の抑制効果などは、二日酔いによって起きる症状を緩和するのに最適です。

日本臨床カンナビノイド学会が公開しているCBDの適応疾患についても「鎮痛効果」や「嘔吐の抑制」は研究によって信頼性が高いと評価されています。

酷い二日酔いでお悩みの方はCBDを取り入れてみてください。

【参考】

「weedmaps-CBD Might Help You Cut Back On Drinking Alcohol And Reduce Its Damaging Effects, Study Says-」

「RMEDY REVIEW-CBD May Cure That Hangover-」

「日本臨床カンナビノイド学会-作用機序-」

CBDと一緒にお酒を飲んでいる人はどう感じている?

SNSを調査してCBDとお酒を一緒に摂取している人の書き込みをチェックしてみましょう。

科学的な根拠も重要ですが、実際に試している方の所感も確認してみましょう。

口コミを調べてみましたが、多くの方がCBDとお酒の相性の良さについて述べています。

二日酔いを防止する効果やリラックス、入眠効果などクセになっている方もいるようです。

まとめ

CBDとアルコールの関係性についてまとめていきました。現状としてCBDとアルコールを同時に摂取しても問題はないようですが、CBDもアルコールも体質によって合う合わないがあるので、混ぜる前にそれぞれを試しておいた方がいいでしょう。

また、CBDによるアルコール依存症や二日酔いの緩和についても今後の研究に注目です。

MarijuanaJP|マリファナJP 国内最大の大麻総合メディア
大麻に関する正しい知識、正しい情報を発信し、医療用大麻、産業用大麻、嗜好用大麻等 多岐にわたり世界中の人々から必要とされている大麻を伝える、日本人のためのメディアです。マリファナJPでは大麻の関連の情報の発信をしていますが、大麻取締法を犯す事を「扇動、教唆、示唆、ほう助」する内容ではございません。日本では大麻の所持、栽培は違法ですので絶対に使用しないでください。

 

The following two tabs change content below.

K

マリファナJP代表のKです。 日本経済に新しいマーケットを誕生させると共に、日本人に大麻の素晴らしさを伝え、1人でも多くの日本人に大麻に対する正しい理解をしてもらえる様に現在活動しております。

関連記事一覧

  1. この記事へのコメントはありません。