• HOME
  • 記事
  • LEARN
  • CBDアイソレート原料とは?購入方法や価格、最低ロット、使い道を徹底解説!
CBDアイソレートと大麻草

CBDアイソレート原料とは?購入方法や価格、最低ロット、使い道を徹底解説!

大麻草からCBDのみを分離させることで作られる「CBDアイソレート」。

高純度のCBDとして人気を集めており、CBD製品の原料としても利用されています。

そんなCBDアイソレートを購入するにはどのような方法があるのでしょうか。

今回はCBDアイソレートの購入方法や価格、最低ロット、使い道などを解説していきます。

CBDって何?についてはこちらの記事で詳しく解説しています。

CBDアイソレートって一体何?

CBDアイソレートは、産業用大麻からCBDのみを分離させることで製造されるCBD商品です。

99%以上という高純度のCBDが含有された結晶または粉末状の商品で別名「CBDクリスタル」「CBDパウダー」などとも呼ばれています。

CBDアイソレートをそのまま摂取することで、少ない量でも高用量のCBDを摂取することができますし、様々なものと混ぜて使うことでオリジナルのCBD製品を作ることも可能です。

製造段階で大麻草に含まれるCBD以外の成分を全て取り除くため、精神活性作用を含むTHCなどが含まれていません。

CBD特有の風味もなく、無味無臭なので使いやすいという特徴もあります。

CBDアイソレートの購入方法は?

CBDアイソレートは、CBD専門のネットショップや楽天市場などのECサイトから購入することができます。

そんなCBDアイソレートの購入方法について1つずつ解説していきます。

どのような形でCBDアイソレートを手に入れることができるのか、把握していきましょう。

①個人輸入

「個人輸入」は、海外の通販サイトや海外のCBDメーカーからCBDアイソレートを購入するという方法です。

海外の業者から直接購入するため、輸入に関する手続きも自分で行う必要がありますが、その分の手数料などを抑えることができるため、安い価格でCBDアイソレートを手に入れることができます。

しかし、個人輸入だと製品の品質や安全性について判断することが難しくなります。

勝手の分からず、法律や規制も異なる海外のサイトから購入すると、THCフリーではない商品が届く可能性があります。

もし個人輸入したCBDアイソレートにTHCが含まれていると、大麻取締法違反で逮捕されるかもしれません。

②輸入代理店

「輸入代理店」は、CBD製品を海外から輸入する業者を通じてCBDアイソレートを購入するという方法です。

輸入の手続きやTHCが含まれていないことの証明などは全て輸入代理店側で行ってくれるので、サイトなどを通じて商品を購入するだけで手元に届きます。

CBD製品の専門的な知識を持つ輸入代理店が選んだ品質と安全性の高いCBDアイソレートを手に入れることができるので、安心感が得られるというメリットもがあります。

その分、価格は個人輸入よりも高くなってしまいますが、価格よりも安全性を求めるなら輸入代理店の方がおすすめです。

MarijuanaJPでは、CBD原料の卸売販売を実施しています。

詳しくは、CBDアイソレート卸売販売についての記事を御覧ください。

③国産の商品は流通していない

日本では大麻取締法があるため、CBDアイソレートを作るための大麻草の栽培が禁じられています。

そのため、国内で流通しているCBDアイソレートは全て海外産ということとなり、国産の商品はありません。

CBDアイソレートを手に入れるには、個人輸入または輸入代理店を通じて海外の商品を購入する必要があります。

CBDアイソレートの価格や最低ロットは?

市販されているCBDアイソレートの価格はさまざまです。

楽天市場では、1g当たり3,500円〜15,000円という価格幅で販売されており、内容量としては、最小で0.5gからの商品がラインナップされています。

原料を業者を通じて購入する場合には、最小ロットが500g~1kgというのが相場で、価格に関しては市販されているCBDアイソレートの1/10の程度で購入できます。

このようにバルク販売されているCBDアイソレートを選ぶことで、通常よりも安くCBDアイソレート原料を手に入れることが可能です。

弊メディア「MarijuanaJP」でもCBDアイソレートのバルク販売(100g~)を行っております。CBDアイソレートの原料販売に関しては、以下のページから詳細をご覧になれます。

CBDアイソレートの使い道は?

CBDアイソレートとCBDオイル

CBDアイソレートは、そのまま摂取する以外にどのような使い道があるのでしょうか。

ここでは、CBDアイソレートの使い方について解説していきます。

①CBDリキッドを作る

VAPEのリキッドに使われるプロピレングリコール(PG)に、CBDアイソレートを入れて、溶かすことでオリジナルのCBDリキッドを作ることができます。

また、市販されているCBDリキッドにCBDアイソレートを加えて、より高濃度なリキッドを作り上げるのもおすすめです。

②CBDオイルを作る

ココナッツオイルやMCTオイル、ヘンプオイルといったものに、CBDアイソレートを混ぜることで、オリジナルのCBDオイルを作ることができます。

混ぜるときは少し熱めのお湯で湯煎することで、少しずつCBDアイソレートを溶かしていきます。

③CBDクリームを作る

CBDアイソレートとオイル(ココナッツオイルなど)、ビーワックスを入れて混ぜ合わせることでCBDクリームを作ることができます。

ビーワックスの量でクリームの硬さを調整し、お好きなフレーバーなどを加えてオリジナルのCBDクリームを作ってみてください。

④CBDの入った食品を作る

食べ物にCBDアイソレートを混ぜることで、自分だけのCBD食品(CBDエディブル)を作ることができます。

例えば、溶かしたチョコレートにCBDアイソレートを加えて、混ぜ合わせればCBDチョコの完成です。

CBDアイソレートは脂溶性なので、チョコの他にもバターやオリーブオイルなどを使って溶かすのが効果的です。

CBDアイソレートを使ったレシピもたくさんあるので、お好きな形でCBDを楽しむことができます。

CBDアイソレートのメリット

CBDアイソレートのメリットは以下の3点です。

  1. CBD以外の成分を含んでいない
  2. 無味無臭で使いやすい
  3. 用途がたくさんある

それぞれのメリットについて詳しくみていきましょう。

①CBD以外の成分を含んでいない

CBDアイソレートは、製造段階でCBD以外の成分を分離することで作られるため、余計な成分を含んでいません。

純粋なCBDのみが含まれているので、THCが入っている心配もなく安心です。

②無味無臭で使いやすい

人によってはCBD特有のクセのある風味が苦手という人もいるはずです。

CBDアイソレートは無味無臭で、どのような用途で使ってもCBDの気になる風味は感じられません。

CBDの味が苦手だという人は、使いやすいCBDアイソレートがおすすめです。

④用途がたくさんある

CBDオイルやCBDリキッド、CBDクリーム、CBD食品など、さまざまな用途で使うことができます。

作り方も簡単なので、自分に合った摂取スタイルでCBDを楽しむことができます。

まとめ:CBDアイソレート原料を購入してコスパ良くCBDを楽しもう!

CBDアイソレート原料の購入方法や使い道などについて解説しました。

純度が高く、用途も幅広いのがCBDアイソレートの特徴といえるでしょう。

さまざまな方法でCBDを摂取したい方やより強い効果を求める方などにおすすめです。

マリファナJP 国内最大の大麻総合メディア
大麻に関する正しい知識、正しい情報を発信し、医療用大麻、産業用大麻、嗜好用大麻等 多岐にわたり世界中の人々から必要とされている大麻を伝える、日本人のためのメディアです。マリファナJPでは大麻の関連の情報の発信をしていますが、大麻取締法を犯す事を「扇動、教唆、示唆、ほう助」する内容ではございません。日本では大麻の所持、栽培は違法ですので絶対に使用しないでください。

The following two tabs change content below.

Kohei

マリファナJP代表のKです。 日本経済に新しいマーケットを誕生させると共に、日本人に大麻の素晴らしさを伝え、1人でも多くの日本人に大麻に対する正しい理解をしてもらえる様に現在活動しております。
CBDリキッドランキング

関連記事一覧