• Celebrities
  • マリファナ業界の有名人について配信 Everything about the celebrities in the marijuana world
スヌープドッグ

アメリカの有名ラッパースヌープドッグが、初めて大麻を吸ったのは8歳か9歳の時と発言しました。

 

Calvin Cordozar Broadus Jrは聞き覚えの少ない名前だと思いますが、ニックネームのsnoop doggは世界中の多くの人は聞き覚えあるでしょう。

なんせ彼のニックネームは大麻と関連し、印象がとても強く世界中で大ヒットしています。

 

インタビューにて、彼の哲学などの原点を語りました。

 

スヌープドッグ
From SnoopDogg Facebook

SnoopDoggという名前は彼の母が命名しました。

彼は、チャーリーブラウン(スヌーピの飼い主)やスヌーピーが好きで当時、よくモノマネをしていたそうです。

 

その時に彼の母親が色々なニックネームの案を考えてくれました。

例えばSnoopzilla,Snoop Lion,Doggfatherなどなど

彼のニックネームについて話すことは多いですが、彼は、「ニックネームは自分のアイデンティティ―を作るのにとても重要」と述べています。

 

特に若い黒人に重要で、

黒人の文化では子供のニックネームは一生ものですので、ニックネームに自分のアイデンティティを一緒にすることが多いです。

 

スヌープドッグ
From SnoopDogg Facebook

 

自分のアイデンティティのほかに彼は、自分が初めて大麻を吸ったエピソードを語りました。

 

初めて大麻を吸ったのは70年代で自分の叔父から勧められたときと述べています。

その当時は、テーブルに置いてあった小さいジョイントと、お酒がありました。

 

彼がビールを飲んだ際に、叔父に吸うかと聞かれ、吸うと言いました。そしてジョイントに火を付け吸いました。当時彼はまだ8歳~9歳のときでした。

 

当然、8歳~9歳は大麻を吸うのには若すぎる年齢ですが、彼の場合はそのおかげで今の成功があるのかもしれないですね。

 

最後に彼は大麻について、

 

「大麻は自分があるべき状態にしてくれる」

と語りました。

 

マリファナJP 大麻(マリファナ)専門のメディア
大麻に関する正しい知識、正しい情報を発信し、医療用大麻、産業用大麻、嗜好用大麻等 多岐にわたり世界中の人々から必要とされている大麻を伝える、日本人のためのメディアです。

The following two tabs change content below.

K

マリファナJP代表のKです。 日本経済に新しいマーケットを誕生させると共に、日本人に大麻の素晴らしさを伝え、1人でも多くの日本人に大麻に対する正しい理解をしてもらえる様に現在活動しております。

関連記事一覧

  1. この記事へのコメントはありません。