アムステルダム

大麻を吸うことのできる海外の観光地10選

アムステルダム
forbesjapan

日本国内において、現在でも「大麻(マリファナ)=ドラッグ」という印象が根強くありますが、海外に目を向けるとその印象はなくなりつつあります。

 

近年、世界中で大麻の規制を緩和する流れは早まっており、いずれ日本にもその流れが押し寄せる可能性もあります。

 

そこで今回は2019年現在で大麻を吸うことのできる世界中の観光地を10箇所ご紹介させていただきます。

 

デンマーク
Christiania, Denmark.Photo credit:ScottRaymond

クリスチャニアは、コペンハーゲンの中心部に位置し、ヒッピーたちの集まる自治区となっています。

 

東京ドーム約7個分に相当するこの「フリータウン」は、1971年に芸術家によって設立されました。

 

クリスチャニアは自国の旗、通貨を持ち、デンマークの法律の範囲を超えています。

 

クリスチャニアの「グリーンランド地区」には24時間営業の大麻販売店があります

 

”プッシャーストリート”は薬物取引の中心地で、独特な雰囲気を醸し出しています。

 

大麻を吸うことのできる地域②ボストン(マサチューセッツ州)

ボストン
Boston, MA. Photo credit: 6SN7

2016年マサチューセッツ州で大麻が合法化されましたが、2018年末にディスペンサリー(大麻販売店)がオープンするまで店頭で買うことはできませんでしたが、現在は買うことが可能となりました。

 

現在では21歳以上であれば、

最大10オンス(=約28g)の所持がOK

1人につき最大6株(1世帯あたり最大12株)の大麻栽培がOK

となっています。

 

大麻を吸うことのできる地域③デンバー(コロラド州)

デンバー
Denver, CO. Photo credit: notevenathing

コロラド州では大麻ツーリズムが盛んです。市や州の観光局は大麻を宣伝することで、観光客を取り込もうとしています。

 

コロラド州は「大麻のナパ・バレー」と呼ばれていて、大麻農場の見学ツアー、大麻料理教室などが開催されています。

 

デンバーは、ロッキー山脈の麓に位置する街です。

 

自然豊かなこの街には地元のアーティストのためのギャラリーやアメリカ先住民の美術館、様々なパフォーマンスが楽しめるアートセンターなど芸術に秀でた文化施設が数多くあります。

 

大麻を吸うことのできる地域④アムステルダム(オランダ)

アムステルダム

アムステルダムは大麻の聖地を巡る旅人たちにとって、「聖なる都」となっています。

 

オランダの国会議員がソフトドラッグへの新しいアプローチとして、規制を緩和した1976年以降、アムステルダムには250を超えるコーヒーショップ(大麻販売店)があります。

 

またフェルメールの静物画にはフルーツよりも大麻が多く描かれています。

 

大麻を吸うことのできる地域⑤バンクーバー(カナダ)

バンクーバー

「バンステルダム」と呼ばれることもあるバンクーバーでは、2018年に大麻が合法になる前から大麻に対して、非常に寛容な都市として知られています。公共の場での使用は禁止されていますが、実際は町中の至る所で大麻が吸われています。

 

カナダの大麻市場は爆発的に伸びており、これから大麻がカナダの経済に与える影響は計り知れません。

 

大麻を吸うことのできる地域⑥バルセロナ(スペイン)

バルセロナ
<