ADHD

ADHD治療に大麻を選んだ男性の話

皆さんはADHDという言葉を聞いたことがあるでしょうか?ADHDとはAttention-deficit hyperactivity disorderの略で、日本語で注意欠陥・多動性障害といいます。ADHDは発達障害の一種で、2014年時点の国内患者数は約4万7千人。

多くの人がADHDのため、社会の中で苦しんでいます。ADHDの現在の治療法では、リタリンなどの合成麻薬が用いられます。麻薬の効果によって一時的にADHDの改善にはなりますが、あくまで対処療法でありADHDを根治することはできません。

また、リタリンは強力な麻薬で副作用も強烈なものです。依存性も高く、依存症になってしまう問題もあります。近年、このリタリンに代わるADHD治療薬として注目されているのが大麻です。そこで今回はADHDで苦しんでいた男性が大麻によって症状が改善した話をご紹介します。

勉強中

まずはADHDのことについてしっかり知っておきましょう。冒頭でもお話したように、ADHDは注意欠陥・多動性障害という発達障害です。ADHDは不注意(集中力がない)、多動性(じっとしていられない)、衝動性(考える前に行動してしまう)の3つの要素を含む発達障害で、人によってどのような要素が出るかは異なっています。

ADHD患者の症状としては、

・机などにじっと座っていられない

・宿題や授業、会議などに集中できずに他のことをしてしまう

・忘れ物を頻繁にしてしまう

・ルールやマナーを守ることができない

・考えずに行動してしまい、ミスを頻繁にしてしまう

このような症状がみられます。ADHDは、1994年に診断名ができた比較的新しい発達障害であるため、あまり世間に認知されていません。そのため、ADHD患者は他の人がしないような行動や失敗をするため、「ダメ人間」・「落ちこぼれ」と言われ、いじめや差別されることがあったそうです。

ADHD患者は未治療の場合はADHDの症状が頻繁に出てしまうため、まともな社会生活を送れない人が数多くいます。さらにADHDの症状は、先ほどあげた症状ぐらいで、外見などに特徴は出ません。そのため自分や周囲が気づくことはあまりなく、治療をおこなう人も少ないです。

ADHDで苦しんでいたTyler Hurst氏

悩む男性

Tyler Hurst氏もADHDで苦しんでいた1人です。彼のADHDは衝動性優勢型で、考える前に行動や言動をしてしまい周囲にあまりよく思われていなかったようです。彼は大学に通っていましたが、友人は1人もいませんでした。

彼はこのような症状がおかしいと思い病院に行きましたが、最初はADHDと診断されずに双極性障害と診断されました。そこで効果がある抗うつ約を飲んでいましたが、症状が改善されずに他の精神科医に診てもらい、ADHDと診断されました。そして、ADHD治療のためにリタリンを服用し始めました。

リタリンによるADHD治療

リタリン
From wokipedia

リタリンは覚せい剤と類似した構造をしており、効果も覚せい剤と似ています。リタリンのおかげで、集中力が高まりADHDの症状は治まりました。しかし、リタリンは麻薬ですので多くの副作用があります。リタリンの一般的な副作用としては、食欲減退や不眠症が挙げられます。

Hurst氏は、特に不眠症で苦しんでいました。リタリンは覚醒作用が強いので、1度飲むとなかなか眠ったりすることはできません。彼はカフェインに飲む、運動するなどの眠る努力していましたが、薬の効果が強くほとんど眠ることはできませんでした。また、不眠症もしくはリタリンの影響からか、常に不安を感じるなどしてまともな生活ができませんでした。

他の薬でのADHD治療

薬

Hurst氏は、リタリンの副作用が辛いため、他の薬(抗うつ薬)などを使うようになりました。残念ながら薬を変えてもADHDの症状はあまり改善されず、代わりに副作用として自殺衝動などが出てしまったようです。

彼がADHDの治療を模索していた頃は症状が改善されていないため、仕事など上手くいきませんでした。彼はADHDのせいで2年間も安定した仕事に就くことはできませんでした。

大麻との出会い