〜一体なぜ世界中で大麻が合法化されているのか?〜

みなさんこんにちは。

 

今回は、現在世界中で医療大麻や嗜好用大麻が解禁されている理由について解説していきます。

 

2014年1月1日よりアメリカ合衆国のコロラド州では、全ての成人に対し嗜好品としての大麻の販売を認める法律が施行されました。

 

オランダのアムステルダムは有名ですね。コーヒーショップと呼ばれる大麻販売店があり、免許や許可証等の必要がなく、大麻の購入ができます。

 

ウルグアイでは2013年12月、世界で初めて大麻の栽培や消費が合法化され登録制での生産や消費ができるようになりました。

 

ヨーロッパや南米などは大麻を非犯罪としている国も増えてきているのが現状です。

 

こうして世界中で大麻解禁の動きが強まっている中で医療目的での所持も完全に禁止されている日本では、想像もできないかもしれませんが世界中には大麻解禁の流れが加速しています。

 

各国がこぞって大麻を合法化するには、それなりのメリットがあるためでしょう。

 

そこで今回は世界中での大麻解禁の流れを詳しく解説していきます。

 

是非、お楽しみください。

大麻

大麻とは麻の花冠(かかん)、葉を乾燥または樹脂化、液体化させたものです。

 

麻から作られる薬理作用のある物質で、日本では大麻取締法により所持、栽培、譲渡等が規制されています。

 

主な、大麻喫煙による症状としては気分が高揚し多幸感が生じたり、色彩や音の感覚の変容などあります。

 

肉体的な中毒性も低く、依存性に関してはあまりないのが事実です。

 

大麻解禁論者の多くは解禁の理由として、ヘロインやコカインなどのように、中毒性の高いハードドラッグと比べ、大麻には中毒性や依存性が圧倒的に少ないことを挙げています。

 

アルコール、ニコチン、コカイン、ヘロインカフェインの5つの物質と大麻を比較した際には依存や離脱、耐性という点においては大麻が最も低いという結果になっています。

 

日本でもお酒やタバコを嗜む方が多いですが、大麻の中毒性はお酒やタバコに比べて低いことがわかっています。

 

なぜ大麻合法化の動きがあるの?

カナダ国旗を持つ男性

大麻が、アルコールやタバコなどに比べて遥かに無害な者であるということは国際的にも周知の事実となってきていることによります。

 

その他の薬物と比較した場合の無害性については、40年以上も前からWHO(世界保健機関)でも報告されています。

 

また、犯罪組織の資金源となっている大麻の不法流通を州政府が管理して根絶に繋げることや経済の発展、税収確保、が主な狙いです。

 

日本では、暴力団やマフィアなどの犯罪組織が中心に大麻の密造、密売を行なっておりますが日本で大麻が合法化されれば、犯罪組織が大麻を製造してもほとんどお金になりません。

 

そうなれば犯罪組織の資金源が減り、ゆくゆくは犯罪組織壊滅に繋がるかもしれません。

 

また大麻は鎮静作用があるため、怒りなどの感情で衝動的な行動を起こしにくくなります。

 

実際に大麻を合法化したコロラド州などでは、殺人や性犯罪などの犯罪が減少したという報告もされています。

 

大麻を合法化によって、より治安の良い世の中になるかもしれません。

 

そして、大麻が合法化になれば大麻利用を目的とした観光客なども増加します。

 

大麻を求めて他国の外国人が日本に集まるので、多くの外貨や現金を手に入れることができます。

 

また、観光客が増加すれば大麻だけではなく飲食店やホテル、娯楽施設などへの利益にも繋がります。

 

さらに大麻合法化は新たな雇用創出にもなります。

 

大麻を利用するにあたっては製造工場、販売所ら吸引場所などが必要になってきます。

 

そうなればそこで作業や仕事をする人も出来ます。

 

仕事をしたくても出来なかった人へ新しい仕事も提供することができます。

 

大麻を合法化にすることで税収大幅アップ

お金

次に税収の増加に関してですが、現在日本で大麻に代わる嗜好品といえば酒とタバコです。

 

これらの嗜好品には税金がかけられており、国の大切な収入源となっています。

 

平成28年の国税収で酒とタバコが占める割合は4%で酒税が2.2%、タバコ税等が1.7%となります。

 

金額にしてみると酒税では1兆3,590億円、タバコ税等では1兆658億円となっています。

 

凄まじすぎる金額ですね。

 

このように嗜好品では多くの税金をかけることができるため、大麻を合法化すると多額の税金を課すことができます。

 

大麻は違法であるため、もし合法化されれば、酒やタバコを凌ぐ可能性もあります。

 

ちなみに2012年に大麻が合法化されたコロラド州では、大麻の税収が2014年に6700万ドル、約67億円から2018年には2億6,600万ドル、約266億円と大幅に増加しています。

 

さらに、コロラド州の税収は大麻合法化以来10億ドルを超えています。

 

アメリカでは大麻を低年齢で使用し始める人も多く、大麻を一年に1回以上吸う12歳以上の人が2900万人にのぼるという背景もあり、合法化して管理した方が良いという判断をしたことも理由の一つです。

 

まとめ

いかがでしょうか?

 

もちろん解禁にあたっては批判も多い大麻ですが、解禁して救われた命が多いのも事実です。

 

日本では解禁されていないので、病気に対して治療を行う際には医療大麻が認められ