• CBD
  • CBDについての最新注目情報を配信します。All you need to know about CBD.
  • HOME
  • 記事
  • CBD
  • CBDはてんかんに効果がある?犬や猫のてんかん治療にも応用が可能なのか?
CBDオイル

CBDはてんかんに効果がある?犬や猫のてんかん治療にも応用が可能なのか?

CBD(カンナビジオール)は、さまざまな症状に対する有効性が研究によって示されるなど、医療分野での活用が期待される注目の成分です。

そんな中、突然の発作を繰り返す「てんかん」にCBDが効果的であるという研究結果が注目されています。

今回はCBDのてんかんに対する有用性について調査していきます。

「てんかん」ってどのような病気?

まずは、「てんかん」という病気について理解していきましょう。
てんかんは突然意識を失って反応がなくなるといった「てんかん発作」を繰り返し引き起こす病気のことで、日本全体では60万〜100万人の患者がいるといわれています。

誰もがかかる可能性のある病気でもあり、乳幼児から高齢者まで発病の可能性があります。

てんかん発作は、脳に数百億あるといわれる神経細胞(ニューロン)が一時的に異常な電気活動を起こすことによって生じます。

一過性の症状を引き起こし、発作後は元の状態に回復するのですが、発作がいつ生じるかわからないため、自動車の運転中に発作を起こして事故を起こすといった事例も存在します。

てんかんの原因としては、脳腫瘍や頭部外傷後遺症といった明確な原因が存在する「症候性てんかん」と、原因不明の「特発性てんかん」があるといわれています。

①てんかんの治療法は?

てんかんの治療は抗てんかん薬を服用することで、適切な投薬によって発作を抑えることができます。

発作を抑制することで支障なく日常生活を送ることができるのですが、中には抗てんかん薬で発作を抑えることができない「難治性てんかん」では、外科治療といった専門的な治療が必要となります。

②乳幼児が発症するてんかん

てんかんは乳幼児から高齢者まで誰もが発病する可能性のある病気ですが、特に乳幼児に発症するてんかんとして「ドラべ症候群」「レノックス・ガストー症候群」があります。

ドラべ症候群は乳幼児期に発症する難治性てんかんで、発作を繰り返す中で死亡する例も多数あり、運動や言語面での発達の遅れも症状として現れます。

レノックス・ガストー症候群は、乳児期から小児期に発病し、強直発作といった特徴的なてんかん発作が生じるという特徴があります。

異常な脳波がみられ、ほとんどの人に知的障害が残るといわれています。

【参考】
厚生労働省:知ることから始めよう みんなのメンタルヘルス てんかん

CBDはてんかんに効果ある?

てんかんは抗てんかん薬によって発作を抑制することもできます。

しかし、抗てんかん薬の服用によって脳全体の働きを抑えてしまうため、眠気やふらつきといった副作用が生じるといわれています。

また、長期的な服用によって肝機能の低下や白血球の現象、脱毛、食欲低下といった副作用が出ることも指摘されています。

そんな中、CBDにてんかんに対する有用性を示す研究が報告されています。CBDはてんかん治療の選択肢になるのか、研究事例などを詳しくみていきましょう。

①CBDがてんかん発作を抑えるのに成功した研究

多くの研究でCBDを投与することで、てんかん発作を抑制するという結果が報告されています。

ワシントンDCの小児国立病院のネイサン・T・コーエン医学博士とアメリカ神経学会によって行われた研究では、平均年齢10歳の31人の子供と10代に医薬品CBDを投与した結果が記録されています。

それによると、CBDを服用したことによって発作を減少させた上、投薬に伴う副作用の減少させたそうです。てんかんによって生じる発作を抑制する選択肢としての可能性が示されました。

ただし、医薬用で使用されるCBDは高濃度でもあるため、CBDを服用した人の中には、眠気や食欲不振といった副作用も報告されています。

②抗てんかん薬との併用は可能?

てんかん治療へのCBDの活用で懸念されることの1つに「他の医薬品との併用は可能なのか?」という問題があります。

CBDを高用量で摂取した場合に、他の医薬品の代謝を変化させ、医薬品の毒性を高めてしまう可能性が指摘されています。

GW製薬での研究によると、CBDと抗てんかん薬の相互作用はないことが報告されており、併用の安全性を裏付けています。

抗てんかん薬とCBDの併用が可能になれば、てんかん治療においてCBDが第一の選択肢になる可能性も非常に高いといえるでしょう。

【参考】HEALTH EUROPA:Study shows that pharmaceutical CBD is best for reducing seizures (薬用CBDは発作を減らすのに最適であることが研究で示されている)

PROJECT CBD:CBDと抗てんかん薬の併用

犬や猫のてんかんにCBDを与えるのは効果的?

CBDオイルと犬

人間と同様に犬や猫といった動物にも、身体の機能を調整する「エンド・カンナビノイド・システム(ECS)」が存在すると考えられています。

そのため、犬や猫といったペットに対して、CBDを与えて健康を管理する方も増えてきています。

また、2019年に行われた研究では、CBDによって犬のてんかん症状を改善したという結果も報告されています。

研究事例が限られているため明確な結論は出ていませんが、CBDが犬や猫に重大な影響を与えるという報告もないので、安全性については安心できるといえるでしょう。

【参考】
麻田製薬:CBDやCBDオイルはてんかんに作用する?CBDの薬は日本で合法? 

大麻由来のてんかん薬「Epidiolex」がFDAに承認される

画像出典:エピディオレックス

てんかんの治療に大麻由来の成分を活用することについて、海外では大きな動きを見せています。

アメリカでは、2018年6月25日にGWファーマシューティカルズによって開発された大麻由来のてんかん治療薬「Epidiolex」が、FDA(アメリカ食品医薬品局)び承認されています。

大麻由来のCBDが含まれる医薬品がFDAに承認されるのは初の事例でもあり、同年11月に販売が開始されているそうです。

CBDが本格的に医薬品に投入される動きが活発化している中、国内での治験開始にも注目が集まっています。

【参考】AnswerNews:大麻由来のてんかん薬Epidiolexはブロックバスターになるのか

医学書院:大麻抽出製剤が変える難治てんかん医療事情

まとめ:大麻由来の医薬品も販売されるなどCBDのてんかんへの効果は本物か!?

CBDのてんかんに対する効果について調査していきました。

さまざまな研究などでてんかん発作を抑える結果が報告される中、アメリカでは大麻由来の成分を使用したてんかん治療薬が販売されるなど、てんかんに対する有効性がより確実視されています。

もちろん今後の研究の進展は必須となりますが、CBDが難病の治療に活用されるというのは全く非現実的な話ではなくなりました。

マリファナJP 国内最大の大麻総合メディア
大麻に関する正しい知識、正しい情報を発信し、医療用大麻、産業用大麻、嗜好用大麻等 多岐にわたり世界中の人々から必要とされている大麻を伝える、日本人のためのメディアです。マリファナJPでは大麻の関連の情報の発信をしていますが、大麻取締法を犯す事を「扇動、教唆、示唆、ほう助」する内容ではございません。日本では大麻の所持、栽培は違法ですので絶対に使用しないでください。

The following two tabs change content below.

K

マリファナJP代表のKです。 日本経済に新しいマーケットを誕生させると共に、日本人に大麻の素晴らしさを伝え、1人でも多くの日本人に大麻に対する正しい理解をしてもらえる様に現在活動しております。

関連記事一覧