• HOME
  • 記事
  • LEARN
  • CBDやCBDオイルは合法と違法のモノがある?違法になってしまうCBD製品とは?【日本の法律も一緒に解説】
大麻草とTHC、CBD

CBDやCBDオイルは合法と違法のモノがある?違法になってしまうCBD製品とは?【日本の法律も一緒に解説】

近年、日本だけでなく多くの国々でも、CBDが人気になっているのはご存知でしょうか?

CBDは、大麻と何かしらの関係があるのから違法と思われている方もいれば、合法と聞いた方もいらっしゃるはずです。

今回は、そんなCBD自体の概要をお話しした上で、合法か違法なのかご紹介させていただきます。ぜひ、CBDに興味を持っている方や合法なのかどうか知りたい方は、最後までお読みください!

そもそもCBDって何?

CBDオイルが世界中で人気ということを知らない方もいらっしゃると思うので、まずはCBDとはなんなのかについてご紹介させていただきます。

CBDとは、Cannabidiol(カンナビジオール)の略称のことで、大麻草の成熟した茎や種子から抽出された科学物質の一種、植物性カンナビノイドの1つです。

一方で、CBDと同じ大麻の主成分であるTHCという物質があります。THCとは(テトラヒドロカンナビノール)の略称のことを言います。THCは、主に大麻草の葉や花から抽出された成分です。

CBDオイルは名前の通り、CBDを原材料に使用したオイルのことで、基本的に舌などの皮膚から直接摂取することで、神経系全体が整ったり、様々な炎症を落ち着かせてくれる働きがあります。

アメリカでは、CBDから抽出した抗てんかん薬が医薬品認定されていて、けいれんの発作を抑える効果があるという例も出ているそうです。そんな日本だけでなく海外でも話題になっているのが、CBDオイルになります。

CBDについて詳しく知りたい方は以下の記事が参考になります。

CBDが日本でも合法な理由!

結論からいうと、CBDを日本で使用することは合法です。ですので、次にはCBDがなぜ合法なのかについて理由をご紹介させていただきます。

THCが含まれていないから

一番有力だとされている合法な理由は、CBD自体にTHCが含まれていないからです。先ほど少しお話ししたんですが、CBDとよく混合されやすいのがTHCです。

THCとCBDは同じ大麻草の成分ですが、採取される部位によって名称が異なります。それは、THCとCBDの私たちに働きかける効能が異なるからです。

THCは陶酔感や感覚刺激、肯定的な気分の変化、さらには改善された認知の気持ちを含む心地よい感覚を作り出します。一般に、これらの経験は時々不安やパラノイアという妄想を抱くことに陥ることがあります。

つまり、THCは日本では、麻薬及び向精神薬取締法で『麻薬』として指定されている違法成分です。CBDは、妄想を抱いたりするような健康面上での危険な働きはなく、合法とされています。

日本で販売されているCBDは、製造の段階でTHCが排除されています。このように、非検出レベルにまでTHCを取り除くことによって、日本でも合法な大麻関連商品として販売しています。

THCについては以下の記事で詳しく解説しています。

CBDは、WHOも認めている成分!

いくら法律上でCBDが、合法と認められていたとしても大麻から摂取しているという事実は変わらないので、不安になる方もいらっしゃるはずです。

しかし、CBDの安全性が高いことは、人間の健康に関わる国際機関の最高峰である世界保健機関のWHOでも発表されています。

WHOが発表したCBDの6つの効果

・他の治療薬では改善することができなかった疼痛の痛みの軽減させる。
・関節リウマチの発症原因であるTNF-αの分泌を抑制させる。
・パーキンソン病の悪化原因である神経細胞損傷の働きを抑制させる。
・アルツハイマーの発症原因である神経炎症を抑制させる。
・ガン細胞の増殖を抑制させる。
・不安やストレス、筋肉などの緊張を緩和させる。

 

以上のような、医療面に置いて大変重宝できる効果があります。ですので、CBDを使用することに関して不安になる必要性は全くないでしょう。

「カンナビジオール(CBD)事前審査報告書」

違法なCBD製品はあるの?

世界保健機関も定めるような安全が確認されいるCBDですが、実は違法なものも存在するんです。

ですので、次はCBDが違法となる2つの要因についてご紹介させていただきます。

花穂、根、葉から抽出されているCBDは違法

日本で私たちがCBDを使用する際は、どの部位から抽出されているのか把握する必要があります。

実はCBDが抽出される部位によっては、違法となるケースがあるんです。成熟された茎や種子から摂取したCBDは合法なので、問題なく使用することができます。

しかし、CBDは大麻草の花穂、根、葉からも抽出することが可能ですが、THCがおよそ0.3mg以上含まれていると言われています。

ですので、花穂、根、葉から抽出されたCBDは、現在の日本の法律上において違法です。摂取された部位を知らずにCBDを使用していると、捕まる可能性があるので危険ですよね。

このような問題を避けるためにも、きちんと信頼することができる正規輸入代理店を見つけ購入するようにしましょう!

日本産と謳うCBDは違法

日本には、大麻に関する法律内容をまとめている大麻取締法があるのはご存知でしょうか?

大麻取締法の内容に1つに「CBDオイルを国内で製造してはいけない」というものがあります。そのため、日本産と謳っているCBDは完全に違法です。

確かに「日本産、国産」という言葉を耳にしてしまうと、なぜか安全だと思ってしまいますよね。しかし、実際にこういった私たちの懐に入るような詐欺があるのは、事実です。

ですので、犯罪と関わらないようにするためにも正しいCBDオイルの情報を身に付けましょう。また、現在のCBDオイルが人気になってきているのを利用して、「非正規品のCBDオイル」が大量に販売されています。

非正規品のCBDオイルは偽物の製品が多く、他にも不純物の混入、高濃度のTHCが含まれている可能性もあります。安いからという理由で、メルカリなどのフリーマーケットでCBDオイルを購入するのも気をつけましょう!

正規輸入代理店について理解しよう!

違法なCBDオイルを購入しないためにも、正規輸入代理店で検討するのがオススメです。

しかし、CBDオイル初心者にとって正規輸入代理店かどうかを見極めるのは難しいかもしれません。

いったい、どのような基準で正規輸入代理店なのか判断すれば良いのでしょうか?

主に見分けるポイントは6つあります。

  1. 厚生労働省から許可を受諾している
  2. 成熟している茎や種子から摂取したことを明記している
  3. 正式な輸入許可を得ている
  4. 購入者からのレビューを公表している
  5. 多くの販売実績を持っている
  6. 大麻取締法、麻薬及び向精神薬取締法、薬事法、食品衛生法を守っている

これらのポイントが全て確認できれば、正規輸入代理店としては完璧と言えるはずです。ですので、初めてCBDオイルの購入を検討している方は、6つのポイントを比較することをオススメします。

CBDの購入方法は以下の記事で解説しています。

違法なCBD製品には気をつけよう!

基本的に日本で販売されているCBDは合法です。

しかし、一部のCBDは、違法なTHC成分が含まれていたり、国産と謳っていることがあります。

購入するのは自分自身なので、法律を破らないためにも正しい情報を身に付けるのが最適でしょう。

まとめ

いかがでしたか?

今回は、CBDが合法ということを成分や世界的に信頼のあるWHOの観点から理由をお話しした上で、場合によっては違法なケースも存在することをご紹介させていただきました。

ぜひ、正規輸入代理店からCBDオイルの購入を検討するようにしましょう!

マリファナJP 国内最大の大麻総合メディア
大麻に関する正しい知識、正しい情報を発信し、医療用大麻、産業用大麻、嗜好用大麻等 多岐にわたり世界中の人々から必要とされている大麻を伝える、日本人のためのメディアです。マリファナJPでは大麻の関連の情報の発信をしていますが、大麻取締法を犯す事を「扇動、教唆、示唆、ほう助」する内容ではございません。日本では大麻の所持、栽培は違法ですので絶対に使用しないでください。

The following two tabs change content below.

Kohei

マリファナJP代表のKです。 日本経済に新しいマーケットを誕生させると共に、日本人に大麻の素晴らしさを伝え、1人でも多くの日本人に大麻に対する正しい理解をしてもらえる様に現在活動しております。
CBDリキッドランキング

関連記事一覧