• CBD
  • CBDについての最新注目情報を配信します。All you need to know about CBD.
  • HOME
  • 記事
  • CBD
  • 犬にCBDを与えても大丈夫なの?犬用CBDオイルの安全性や副作用などを解説

犬にCBDを与えても大丈夫なの?犬用CBDオイルの安全性や副作用などを解説

てんかんやがんなどに効果があるCBDオイルですが、動物用CBDオイルも開発されているのはご存知でしょうか?

近年ペットの健康に気を遣う飼い主が増加しており、犬などにCBDオイルを摂取させる事例も多くなっています。人間でも十分なリサーチがされていないCBDオイルをペットに摂取しても問題ないのでしょうか…。

今回は、犬用CBDオイルでの安全性や副作用などを解説していきます。

CBDオイルとは何か?

カンナビジオール(以下CBD)は大麻に含まれてる化合物のことです。CBDはテトラヒドロカンナビノール(THC)と呼ばれる化合物とは違い、向精神作用はありません。

そのため、多くの国でCBDオイルは合法的に利用することができます。もちろん大麻取締法がある日本でもCBDオイルを店頭やネットで購入することができ、購入しても罰せられる心配もありません。

CBDオイルには多くの効果が期待できます。現在の研究ではてんかんやうつ、がんなど多くの病気の症状改善に役立つことが報告されています。

また、健康な人が摂取してもリラックス効果や睡眠改善が期待でき、生活レベルが向上することが期待できます。犬にもCBDは効果があると考えられていますが、現時点で明確な科学的データはありません。

CBDは犬にどのような効果があるのか?

人間の研究によると、CBDには抗炎症作用・抗不安作用・抗がん作用が期待できます。そのため、犬でも同様の効果が期待できると考えられています。実際に疾患がある犬にCBDを投与した研究もあります。

その研究では、加齢や病気などによって関節に負荷がかかることで発症する変形性関節症を患った犬にCBDを投与しました。CBDを投与した犬は関節症からくる痛みが軽減し、治療前よりも活動性が増加しました。

また、CBDに関する副作用は特に見受けられませんでした。この研究結果のように犬にCBDを使用しても、人間と同様の効果を得られる可能性があります。

しかし、まだ研究段階であるため、さらに研究が進めば犬にどのような効果があるか明らかになるでしょう。

犬に対するCBDの副作用

犬に対するCBD使用の副作用に関する科学的なデータもありませんが、CBDは人間に軽度ではありますが副作用をもたらすため、同様の副作用が犬にも起きる可能性があります。

副作用を抑えるためにも、適切な用量を守る必要があります。犬で考えられる副作用は以下の3つです。

  • ドライマウス
  • 血液低下
  • 眠気

それぞれ説明していきます。

ドライマウス

CBDは唾液分泌を減少させることが分かっています。唾液が少なくなってきたら、副作用かもしれません。

血圧低下

高用量のCBDは一時的に血圧を低下させることが知られています。そのため、犬が血圧低下でふらつくことがあるかもしれません。

眠気

CBDには鎮静作用があるため、高用量のCBDを摂取すると、眠気を引き起こすことがあります。

犬用CBDオイルをどれぐらい投与すればいいのか

犬に対するCBD使用の安全性についてはまだ研究されていません。そのため、犬へのCBD投与量も分かっていないのです。ですが、犬にCBDオイルと投与したい場合は獣医師のDr.RobertSilverが推奨する投与量を参考にしてください。

まず、初めて犬にCBDオイルを与える場合体重1ポンド(1ポンド=約453g)あたり0.05mgを1日2回投与するようにしてください。最初はその量を投与していき、次第に投与量を増加していきます。

ただし、最高用量は体重1ポンドあたり0.25mgを1日2回投与までです。この投与量の基準はあくまで目安であり、個体差によって効果の出方は大きく異なります。

そのため、犬に初めてCBDオイルを与える時はまずはこの目安量よりも少量から始めて、CBDの効果が現れるかを注意深く観察するようにしてください。また、CBDオイルを与える前に必ず獣医師と相談するようにしましょう。

犬用CBD製品を選ぶポイント

犬用CBD製品をやみくもに選んでも、効果を期待することはできないかもしれません。以下のようなポイントを抑えて、製品を選ぶようにしましょう。

・オーガニック製品を選ぶ

オーガニック製品を選ぶようにしてください。また、殺菌剤や溶剤など犬に悪影響がある成分が含まれていないものを選びましょう。

・お金をかける

安価なCBD製品には有害物質が含まれている可能性があるため、品質レベルが高い高価なCBD製品を購入しましょう。

・データを確認する

CBD製品は製品内のCBD量を示す証明書が必要となります。そのデータを確認し、どれぐらいCBD量が含まれているかを確認しておきましょう。

・液体のCBD製品を選ぶ

CBDオイルなどの液体のCBD製品は犬に与えるCBD量を調整しやすくなっています。犬にCBDを過剰摂取させないために、液体のCBD製品を選ぶようにしてください。

犬用CBDオイル3選

日本国内で販売されている犬用CBDオイルを3つご紹介します。

ペット用CBDオイル 無添加 NEO CBDオイル 3% 10ml ナチュラル

人間にも投与できるほど品質が高い動物用CBDオイルです。ココナッツ等に含まれる中和脂肪酸のみで抽出されています。不純物などが入っていないため、犬にも安心して与えることができます。

created by Rinker
¥4,900 (2020/09/27 02:55:28時点 楽天市場調べ-詳細)

ペット元気・国産有機CBDオイル アーサーオイル

防腐剤や添加物が一切含まれていないCBDオイルです。スプレータイプになっているので、犬の口に直接スプレーして与えることができます。

また、このいるにはCBD以外にも500種類以上の天然有効成分が含まれており、アントラージュ効果によりCBDの効果を最大限発揮することができるようになっています。

CBD オイル 600mg 60ml カンナリバー ペット チンキ

医薬品製造の認可を受けた施設で製造されている高品質の動物用CBDオイルです。完全オーガニックとなっており、ナチュラル・チキン・ベーコンの3つのフレーバーを選ぶことができます。

フレーバーに近いえさに混ぜれば、犬に違和感を感じさせずにCBDを摂取させることができます。

まとめ

今回は、犬用CBDオイルについて解説しました。犬も人間と同じようにエンドカンナビノイドシステムを持っているため、CBDオイルを投与することで同様の効果を得ることができる可能性があります。

健康寿命を延ばすためにも、CBDオイルを愛犬に投与してみてはいかがでしょうか。ただし、最初は少量ずつ投与して様子を見るようにしてくださいね。

参考文献

犬用CBDオイル:知っておくべきこと

ペットに大麻を与えて効果を高め、副作用を減らす方法

犬の変形性関節症におけるCBD(カンナビジオール)治療の薬物動力学、安全性および臨床効果

マリファナJP 国内最大の大麻総合メディア
大麻に関する正しい知識、正しい情報を発信し、医療用大麻、産業用大麻、嗜好用大麻等 多岐にわたり世界中の人々から必要とされている大麻を伝える、日本人のためのメディアです。マリファナJPでは大麻の関連の情報の発信をしていますが、大麻取締法を犯す事を「扇動、教唆、示唆、ほう助」する内容ではございません。日本では大麻の所持、栽培は違法ですので絶対に使用しないでください。

The following two tabs change content below.

K

マリファナJP代表のKです。 日本経済に新しいマーケットを誕生させると共に、日本人に大麻の素晴らしさを伝え、1人でも多くの日本人に大麻に対する正しい理解をしてもらえる様に現在活動しております。
VapeMania CBD Liquid No.1

関連記事一覧

  1. この記事へのコメントはありません。