カンナビジオール

CBD(カンナビジオール)は他の薬と併用可能なのか?

CBD(カンナビジオール)は、抗不安やリラックス効果などがあり、さまざまな場面で使われています。CBDは、大麻由来の物質ですが、精神活性作用は含んでいないため日本国内でも利用が急増しています。しかし、CBDの利用には、注意点もあります。それは「他の薬との併用」です。

CBDは、肝臓酵素の働きを一時的に阻害する作用があり、それが原因となって併用した薬の効果が減少したり、増加することがあります。CBDと薬の相互作用はさらなる研究が必要ですが、いくつかの薬との併用によって起こる相互作用は明らかになっています。そこで今回は、CBDと薬がどのように相互作用するのかをまとめてみました。

薬

日本のCBDオイルの販売サイトなどをのぞいてみると、「薬と併用して摂取することはやめてください。」という文言が書かれています。特にマイスタンやバルプロ酸との併用は、CBDが肝臓の分解酵素を阻害し、それらの薬の血中濃度を上昇する働きがあるようです。ちなみにマイスタンやバルプロ酸という薬はてんかんなどの精神神経系疾患の治療に用いられる薬のことです。

「薬の血中濃度が高まることは悪いことなの?」

と思う方がいるかもしれませんが、薬は効果がある用量が決められています。その用量を超えてしまうと薬が毒に変わり、さまざまな副作用が起こります。マイスタンの主な副作用としては、眠気・傾眠、ふらつき・めまい・唾液増加・複視・食欲不振・発疹・かゆみなどがあります。

CBDは、薬とどのように相互作用するのか?

大麻と医者

CBDは、化合物であるという性質上、ほとんどの薬と相互作用してしまいます。CBDは、体内のエンドカンナビノイドシステムにある受容体と相互作用し、シトクロムP450の活性を抑制する働きがあります。シトクロムP450は体内に入ってきた薬や毒素を分解するのに関わっている肝臓酵素です。

CBDによるシトクロムP450の抑制によって、薬の効果を増加もしくは減少することになるのです。それでは、次に特定の薬とCBDの相互作用についてみていきましょう。

抗凝固剤とCBDの相互作用

CBDは、血栓などができた時に使用する血液を固まりにくくする抗凝固剤(例:ワルファリン)もしくは血液を固まりにくくする副作用がある薬(例:イブプロフェン)の効果を増大させます。CBDによるシトクロムP450の抑制によって、これらの薬の代謝が遅れてしまい薬の血中濃度が高まります。そうなると長時間薬の効果が持続し続けることになり、なんらかがきっかけとなり出血した場合出血がとまらなくなる危険性があります。

鎮静剤とCBDの相互作用