• Column
  • マリファナについての最新注目情報を配信します。All you need to know about marijuana.
  • HOME
  • 記事
  • Column
  • 【大麻で禁煙?】大麻でタバコのニコチン依存症から抜け出す方法
タバコ

【大麻で禁煙?】大麻でタバコのニコチン依存症から抜け出す方法

最終更新日

タバコ関連の病気で毎年、何千人もの人々が、死亡しているだけでなく、多くの人々がニコチン依存症や中毒に苦しんでおり、健康や生活の質に、深刻な影響を与えています。

 

少し前まで、たばこは、主に葉巻やパイプ、噛みタバコで消費されていました。今日では、そのリストに製造タバコが含まれるようになりました。※製造タバコとは、現在コンビニなどで売られている一般的なタバコのことを指します。

 

その結果、アメリカでは、毎年およそ5人に1人がタバコの消費が原因で死亡しています。

 

また、喫煙が、早死の最大の原因であることもわかっています。米国をはじめとするいくつかの国では、予防可能な病気の中で、最も多くなっています。

 

しかし幸いなことに、ニコチン依存症や中毒を克服するのに役立つ自然療法の一つは、大麻とCBD(カンナビジオール)の使用です。

 

今回は、大麻でニコチン依存症から抜け出す方法を紹介していきます。

喫煙者が知っておくべきニコチン依存症に関する重要な情報

タバコ

タバコには、体に有害な物質が200種類以上含まれています。

 

さらに、タバコの煙には、4000種類の化学物質が含まれており、その中には、200以上の有害物質が含まれ、発がん性物質は50以上も含まれています。

 

有害物質の中でも有名なのが以下の3つです。

 

・ニコチン
・タール
・一酸化炭素

そのほかにも、ペンキ除去剤に使われるアセトンや、アリの駆除剤に含まれているヒ素、車のバッテリーに使われているカドミウムなど、体に非常に有害な物質がタバコの煙にはたくさん含まれています。

 

また、タバコの煙中のタールおよび発がん性物質が、タバコ関連のがんの主要な原因であると一般的に考えられていましたが、ニコチンが実際に腫瘍の発達を促進する可能性があるというデータも近年の研究によって示されています。

 

さらには、タバコの煙中の発がん性物質は、肺がんを引き起こすだけでなく、大腸がんおよび直腸がんなども引き起こす原因があることが知られています。

 

喫煙は「百害あって一利なし」と言われるように、身体への悪影響が、非常に多い嗜好品です。

 

ニコチンによる依存性も強いため、簡単には止められないのも事実です。また、ある研究では、以下の様に指摘しています。

 

「ニコチンのほかにタバコの煙の成分も、ニコチン中毒の一因になります。タバコは、ニコチンを素早く脳に届けるだけでなく、その中毒性を高めるために添加物や工学的な特徴を取り入れて設計されています。ニコチンの吸収速度と脳への到達速度が速いため、薬の効果を強める激しい【ラッシュ】が生じます。」

 

またニコチンを吸い込むと、数秒で体内の肺に入り脳に入ることも分かっています。

 

このように人々はこの感覚、すなわち急速な「ラッシュ」にとりつかれ、何度もタバコを吸いたいと感じてしまいます。

ニコチン依存症が喫煙者の健康に与える影響

喫煙する女性

長年、たくさんの科学者や研究者が、ニコチンが脳や身体のさまざまなシステム、機能に及ぼす影響を調べてきました。

 

残念なことに、ニコチン依存症とタバコ中毒は、生活の質、健康、身体的、そして精神的にも健康を著しく損なう可能性があります。

 

ニコチンに依存すると、習慣、感情の変化という形で身体的、行動的変化を経験する可能性があります。

 

そのため、喫煙者は、タバコを吸うと落ち着いたりリラックスできたりしますが、タバコを吸わないとニコチン切れに伴う、「イライラ」「集中力の低下」「食欲の増加」「うつ」など様々な離脱症状が現れるようになります。

 

ニコチンは、気分を変えるような感情や身体的な効果を脳内に作り出して伝達するため、短期的な快感が生じ、喫煙者はそれ以上のものを求め続けます。

 

タバコの煙を肺に吸い込むと、ニコチンが体内の血液中に急速に放出され、1回の吸入で数秒以内に脳に到達し、本来ある神経伝達物質の代わりに脳内報酬回路に刺激を与え、快感を感じます。

 

また、喫煙は身体のすべてのシステムに悪影響を与える可能性があり、以下のような健康上の問題につながる可能性があります。

 

・肺疾患
・癌
・脳卒中
・心臓病
・心血管疾患
・生殖疾患
・骨粗鬆症
・白内障など

ニコチン依存症は、身体的および精神的な健康上の問題をもたらすことがありますが、以下のような精神的な影響を及ぼす可能性もあります。

 

・うつ病
・不安
・虚無感
・気分変調
・過敏性など

生活を変えてしまうニコチン離脱症状と治療法

握手

しかし禁煙に成功している人は、年間で約3%にすぎません。

 

禁煙しようと決意しても失敗してしまうには、ニコチン依存症という薬物依存によるものです。禁煙しようとすると、さまざまな離脱症状が現れます。

 

ニコチンの離脱症状には多くのものがあり、一般的に次のような症状が起こります。

 

・気分の変動
・孤独感
・虚無感
・自尊心、自信の低下
・不安など

ニコチンの離脱症状が、苛立ち、ストレス、睡眠障害、怒り、集中力の問題に現れる可能性さえあります。

 

ただし、一度禁煙をすると一般的に、通常、鬱、下痢、渇望、空腹感の上昇、落ち着きのなさなどの身体的および精神的な離脱症状を経験します。

大麻とCBDは、ニコチン依存とタバコの習慣性依存を断ち切るための救世主?

CBDオイル

禁煙外来など利用可能な従来の治療法に加えて、大麻と大麻に含まれるカンナビノイドであるCBD(カンナビジオール)は、個人にさらなる害を与えることなく、多くのニコチン離脱症状の治療に役立ちます。

 

近年、さまざまな研究により、大麻は他のいくつかの違法な物質ほど中毒性がないことが明らかになっています。

 

具体的には、CBDは、依存性がなく向精神作用もないため、ある研究によると、CBDがタバコを吸いたい気持ちを低下させ、特にニコチン依存症を抑制するに役立つ可能性があることが明らかになりました。

 

また、習慣性依存に焦点を当てた2013年の研究ではCBDが喫煙者、特にニコチン依存症のある使用者の喫煙を、減らすのに役立つことが明らかになりました。

 

CBD吸入器を使用した研究の参加者は、プラセボを使用した被験者と比較して喫煙する本数が40%減少したことが分かりました。

 

さらに、大麻とCBDは、ニコチン依存と習慣性依存に関連する離脱症状 (頭痛、過敏性抑うつ、不安、睡眠障害、パニック発作、不穏状態、渇望) の軽減と治療に役立ちます。

ニコチン依存症や、離脱症状を治療できる大麻の品種

大麻

気分やイライラを和らげる:Pineapple Kush、Blue Dream、Harley Mandala
・頭痛を和らげる: Purple Haze、Green Crack、Lemon Kush、G6
・不眠症の改善: Skywalker、Granddaddy Purple、God’s Gift

喫煙者は、さらなる肺への刺激と呼吸器の問題の悪化を避けるために、喫煙の代わりに気化、経口摂取、経皮投与、または局所投与などの方法で大麻やCBDを摂取することがおすすめされています。

 

さまざまな種類の大麻と摂取方法を試し、自分に最適なものを見つけることが非常に重要です。

まとめ

タバコによる有害な病気の発生や生活の質の低下を防ぐためにも、タバコやそもそもの喫煙をやめることをお勧めします。

 

大麻とCBDはニコチンの離脱症状を緩和し、健康状態を改善することにより、禁煙を自然に助けてくれるので、試してみてはいかがでしょうか。

 

MarijuanaJP|マリファナJP 国内最大の大麻総合メディア
大麻に関する正しい知識、正しい情報を発信し、医療用大麻、産業用大麻、嗜好用大麻等 多岐にわたり世界中の人々から必要とされている大麻を伝える、日本人のためのメディアです。マリファナJPでは大麻の関連の情報の発信をしていますが、大麻取締法を犯す事を「扇動、教唆、示唆、ほう助」する内容ではございません。日本では大麻の所持、栽培は違法ですので絶対に使用しないでください。

 

The following two tabs change content below.

K

マリファナJP代表のKです。 日本経済に新しいマーケットを誕生させると共に、日本人に大麻の素晴らしさを伝え、1人でも多くの日本人に大麻に対する正しい理解をしてもらえる様に現在活動しております。

関連記事一覧

  1. この記事へのコメントはありません。