• CBD
  • CBDについての最新注目情報を配信します。All you need to know about CBD.
  • HOME
  • 記事
  • CBD , NEWS
  • 米国のヘンプ市場は2022年までに売上1億ドル(約110億円)を超える見込み。
産業用大麻

米国のヘンプ市場は2022年までに売上1億ドル(約110億円)を超える見込み。

米農務省 (USDA) が発表した最新の報告書によると、米国の大麻市場は毎年指数関数的成長をしています。

米国では、大麻ブームにより、CBDが、国内の多くの健康食品店、サンドイッチ・ショップ、ガソリンスタンドに置かれるようになりました。

そして、この農作物の人気は当分下がらないと言われています。

実際、連邦政府からの新たなレポートによると、今後数年間で大麻の販売がさらに増加すると予想されています。

米農務省の当局者は、【米農務省のヘンプ規則】「ヘンプとCBDビジネスのためのハンドブック」 で、米国のヘンプ市場の年間売上高は、来年2500万ドル(約27億5000万円)に達し、2021年には6400万ドル(約70億4000万円)を超え、2022年には1億ドル(約110億円)を上回ると予想しています。

ヘンプ(産業用大麻)は、2018年に連邦レベルで合法化され、それ以来、同国の新たな人気農作物となりました。

カリフォルニア州からニューヨーク州まで、農業従事者たちは、ヘンプ栽培に軸足を移してきました。

CBDはすでに、市場に出回っているあらゆる健康食品に含まれていたり、何かと話題となっていますが、USDAの専門家は、州の法律の拡大や地元での大麻栽培プログラムによって、今後さらに市場が飽和状態になると予測しています。

米農務省は10月下旬、THC検査の義務化や消費者の透明性を高める措置など、米国の大麻業界に対する厳格な規則を発表しました。

米農務省の規制が、大麻業界にどのような影響を及ぼすのか、もっと詳しく知りたい方は、こちらから無料でダウンロードできます。大麻ルール

マリファナJP 国内最大の大麻総合メディア
大麻に関する正しい知識、正しい情報を発信し、医療用大麻、産業用大麻、嗜好用大麻等 多岐にわたり世界中の人々から必要とされている大麻を伝える、日本人のためのメディアです。マリファナJPでは大麻の関連の情報の発信をしていますが、大麻取締法を犯す事を「扇動、教唆、示唆、ほう助」する内容ではございません。日本では大麻の所持、栽培は違法ですので絶対に使用しないでください。

The following two tabs change content below.

K

マリファナJP代表のKです。 日本経済に新しいマーケットを誕生させると共に、日本人に大麻の素晴らしさを伝え、1人でも多くの日本人に大麻に対する正しい理解をしてもらえる様に現在活動しております。
CBDリキッドランキング

関連記事一覧