• NEWS
  • 大麻関連の最新注目ニュースを配信します。

タイ内閣 医療大麻の栽培法緩和を承認

画像出典:Bangkok post 今年の1月15日、チェンマイのサンサーイ地区にあるメージョー大学が運営する制限農家に植えられたマリファナの穂先を刈り取る、保健大臣のAnutin Charnvirakul氏(File photo)

 

内閣は火曜日、保健省の方針を原則的に承認した。この方針は、麻薬法の改正により、患者や医師、心霊治療家が医療や営利目的での大麻の栽培を可能にするものである。

政府の副報道官であるTraisulee Traisoranakul氏は、以下のように述べている。

「昨年規定された大麻規制を修正するために、保健大臣のAnutin Charnvirakul氏が提出した方針を内閣が承認した」 

もし修正案が可決されれば、診断書が発行された患者、医師、心霊治療家や民間療法家が、治療目的で大麻を栽培することが可能になるだろう。

また、この修正案では、医薬品メーカーの第5種麻薬の生産、輸出入、所持も認められている。

「現行法で大麻の生産や輸出入が認められているのは、国家機関と、国家機関との業務中という条件の下で許可されている者のみであり、医師や民間療法家は治療目的での大麻の栽培が許可されていない」

とTraisulee氏は述べている。保健省は6月5日、修正案を検討する専門家からの見解を得るため、公聴会を開いた。

「草案は現在、下院審議会での検討に先立ち、審査のために法制委員会へ送られたと見られる。その後、審議会は草案を下院に提出するだろう」

 

とTraisulee氏は述べた。内閣は、修正案の可決により医療大麻メーカーの国際市場への参入が可能になることを望んでいる。

マリファナJP 国内最大の大麻総合メディア
大麻に関する正しい知識、正しい情報を発信し、医療用大麻、産業用大麻、嗜好用大麻等 多岐にわたり世界中の人々から必要とされている大麻を伝える、日本人のためのメディアです。マリファナJPでは大麻の関連の情報の発信をしていますが、大麻取締法を犯す事を「扇動、教唆、示唆、ほう助」する内容ではございません。日本では大麻の所持、栽培は違法ですので絶対に使用しないでください。

The following two tabs change content below.

K

マリファナJP代表のKです。 日本経済に新しいマーケットを誕生させると共に、日本人に大麻の素晴らしさを伝え、1人でも多くの日本人に大麻に対する正しい理解をしてもらえる様に現在活動しております。
VapeMania CBD Liquid No.1

関連記事一覧

  1. この記事へのコメントはありません。