• ニュース
  • 大麻関連の最新注目ニュースを配信します。

オクラホマ州の医療用大麻の売り上げ、予想をはるかに上回る

オクラホマ州の医療用大麻産業は、 医療大麻が合法化1年も経たないうちに、 米国で最大の大麻市場の1つに成長しました。

オクラホマ州、税務委員会が発表した税収報告によると、同州における医療用大麻の売上高は、2019年の最初の10カ月間で2億5800万ドル(約283億円)を上回っています。また、年末までには、3億5000万ドル(約385億円)を上回るペースで推移しており、アナリストの予想をはるかに上回っています。オクラホマ州の医療大麻市場は、他の医療用大麻市場 (イリノイ、メリーランド、オハイオなど) をはるかにしのいでいます。患者数も急増し、11月1日時点で21万人近くに達しています。

これは、患者数が2万5千人前後で推移していた、2018年末時点の登録者数の8倍以上となっています。 オクラホマの人口の5%以上が、医療大麻患者として登録されており、米国の他のどの州よりも多くなっています。オクラホマ州の医療用大麻産業は、 合法化されてから1年も経たないうちに、 米国で最大の大麻市場の1つに成長しました。

オクラホマ州税務委員会が発表した税収報告によると、同州における医療用大麻の売上高は、2019年の最初の10カ月間で2億5800万ドル(約283億円)を上回り、年末までには3億5000万ドル(約385億円)を凌ぐペースで推移しており、アナリストの予想をはるかに上回っています。

オクラホマ州の医療大麻市場は、他の医療用大麻市場 (イリノイ、メリーランド、オハイオなど) をはるかに凌いでいます。患者数も急増し、11月1日時点で21万人近くに達しています。これは、患者数が2万5千人前後で推移していた、2018年末時点の登録者数の8倍以上となっています。

オクラホマ州では、人口の5%以上が、医療大麻患者として登録されており、米国の他のどの州よりも多くなっています。

オクラホマ州で医療大麻を合法化した法案:議案No.788、

・取得できる事業免許の数に上限はない。
・医師は、適正だと思われる患者に対して大麻製品を推奨することができる。
・市町村は、大麻薬局の開業を防ぐため、規制をしてはならない。


大麻ビジネスに寛容な規制は、他の州と比べても緩い規制となっており、これをきっかけに、何千もの起業家がオクラホマ州で大麻ビジネスを始めました。11月中旬の時点で、州は以下のライセンスを発行しています。

2,168件の大麻薬局
1,415の大麻加工業者
4,931の大麻生産者



オクラホマ州の大麻市場は、年間7億ドル(770億円)規模に成長する可能性があります。 わずか1年前には考えられなかったことですが、オクラホマ州の医療大麻産業が、現在の規模に達したスピードは他に例を見ません。オクラホマ州が医療大麻の普及を早めた直接的な要因は、他のどの州とも異なり、オクラホマ州当局は医療用大麻の使用にあたり、対象とする医学的疾患を規定してません。

そのため、医療大麻購入のための個人向けライセンスの申請が殺到しました。

MarijuanaJP|マリファナJP 国内最大の大麻総合メディア
大麻に関する正しい知識、正しい情報を発信し、医療用大麻、産業用大麻、嗜好用大麻等 多岐にわたり世界中の人々から必要とされている大麻を伝える、日本人のためのメディアです。マリファナJPでは大麻の関連の情報の発信をしていますが、大麻取締法を犯す事を「扇動、教唆、示唆、ほう助」する内容ではございません。日本では大麻の所持、栽培は違法ですので絶対に使用しないでください。

 

The following two tabs change content below.

K

マリファナJP代表のKです。 日本経済に新しいマーケットを誕生させると共に、日本人に大麻の素晴らしさを伝え、1人でも多くの日本人に大麻に対する正しい理解をしてもらえる様に現在活動しております。
CURA セレクトCBDオイル1000mg

関連記事一覧

  1. この記事へのコメントはありません。