• List
  • 全ての記事一覧

【タイ】ヘンプの栽培 、輸入、輸出を認める省令が閣議決定

最終更新日

タイ内閣が、昨年、ヘンプを麻薬リストから除外しようとしたのを機に、ヘンプの栽培、輸入、輸出を認める省令を閣議決定しました

政府の副報道官であるTraisulee Traisoranakul氏は、以下の様に述べました。

新しい規制は、既存のヘンプ規制に上書きします。新たな規制により、タイで登録された個人や法人が、商業目的でヘンプを栽培することが可能になります。

栽培資格を得るためには、法人は、株式保有率に規制があります。

少なくとも株式の3分の2以上をタイ人が保有しているか、経営陣と同数でなければなりません。

許可されれば、個人や法人は、ヘンプを生産、販売、所持、輸入、輸出することができます。

この動きは、ヘンプを商品作物として普及させ、タイ固有の品種を改良することを目的としています。

また、伝統的にヘンプの素材を使って服を作っていた家庭は、許可証があれば、最大1600平方メートルまでをヘンプ栽培に使用することが認められます。

昨年7月、保健省は、チェンマイ、チェンライ、ナン、タク、ペッチャブンの各州で、ヘンプの栽培を許可しました。

食品医薬品局(FDA)によると、タイの多くのヘンプは、THCとCBDの濃度が低く、繊維品質が非常に優れています。

FDAは、ヘンプが、多くの食品や化粧品の主要成分として使用できるため、多くの利益を得ると考えています。

MarijuanaJP|マリファナJP 国内最大の大麻総合メディア
大麻に関する正しい知識、正しい情報を発信し、医療用大麻、産業用大麻、嗜好用大麻等 多岐にわたり世界中の人々から必要とされている大麻を伝える、日本人のためのメディアです。マリファナJPでは大麻の関連の情報の発信をしていますが、大麻取締法を犯す事を「扇動、教唆、示唆、ほう助」する内容ではございません。日本では大麻の所持、栽培は違法ですので絶対に使用しないでください。

 

The following two tabs change content below.

K

マリファナJP代表のKです。 日本経済に新しいマーケットを誕生させると共に、日本人に大麻の素晴らしさを伝え、1人でも多くの日本人に大麻に対する正しい理解をしてもらえる様に現在活動しております。

関連記事一覧

  1. この記事へのコメントはありません。