• News
  • 大麻関連の最新注目ニュースを配信します。
  • HOME
  • 記事
  • News
  • 昨年、4300人以上が大麻関連犯罪で逮捕、6年連続増加【過去最多−警察庁】

昨年、4300人以上が大麻関連犯罪で逮捕、6年連続増加【過去最多−警察庁】

最終更新日

世界が大麻解禁に向かう一方で、日本は全国的に厳しい大麻禁止令を貫き、大麻の摘発は6年連続で増加しています。

画像出典:中日新聞

2019年に日本の警察官が大麻を逮捕した件数は過去最高で、4,300人以上が大麻関連犯罪で起訴されました。

 

ジャパンタイムズの新しいレポートよると、2019年、4,321人の大麻所持者の検挙は、前年比17%増加しており、大麻の使用や大麻の取り締りの著しい増加を示唆しています。

 

日本は長い間、大麻を危険で違法な麻薬とみなしています。大麻改革法が米国、ヨーロッパ、アフリカ、南米などに急速に広がっているにもかかわらず、日本政府は、現在も大麻の禁止を強く支持しています。

 

また昨年、東京オリンピック・パラリンピック競技大会組織委員会事務総長の武藤敏郎氏は、外国人観光客に対し、「大麻は、日本では合法ではなく、すべての容疑者が起訴される」と注意を促しました。

 

武藤氏は、通訳を通じ、「残念ながら、大麻の使用は法律違反であり、周知徹底が必要です。」と語りました。
(その後、コロナウイルスの影響で延期)。

 

年齢別:日本の2019年の大麻の逮捕者

609人:10代
2,000人近く:20代
残りの逮捕者の大半は中年層
逮捕者全体の0.4%:50歳以上

 

一方で大麻以外の薬物の検挙件数は、2019年は前年より減少しました。

大麻による逮捕者は増加したものの、覚醒剤の検挙件数は、2018年の9,868件から2019年の8,584件へと、前年比で15%近く減少しました。

MarijuanaJP|マリファナJP 国内最大の大麻総合メディア
大麻に関する正しい知識、正しい情報を発信し、医療用大麻、産業用大麻、嗜好用大麻等 多岐にわたり世界中の人々から必要とされている大麻を伝える、日本人のためのメディアです。マリファナJPでは大麻の関連の情報の発信をしていますが、大麻取締法を犯す事を「扇動、教唆、示唆、ほう助」する内容ではございません。日本では大麻の所持、栽培は違法ですので絶対に使用しないでください。

 

The following two tabs change content below.

K

マリファナJP代表のKです。 日本経済に新しいマーケットを誕生させると共に、日本人に大麻の素晴らしさを伝え、1人でも多くの日本人に大麻に対する正しい理解をしてもらえる様に現在活動しております。

関連記事一覧

  1. この記事へのコメントはありません。