「大麻の合法化はアルコールへの関心の低下に結びついている」という新たな研究結果

大麻の合法化は、アルコールへの関心が低下すると新たな研究により発表されました。

 

この研究では、嗜好用大麻が合法化されている州の若者は、大麻への関心が低いことも明らかになり、大麻合法化によって未成年の大麻使用が増加しないことを示す以前の研究が裏付けられました。

 

大麻の合法化の影響を調査する新たな研究が、アルコール業界にとっては痛手になるでしょう。

 

『Marketing Science』誌に掲載された今回の研究は、大麻が合法化されたことで、アメリカ人のアルコールへの関心が低下したことを明らかにしました。

 

この調査を実施するために、シラキュース大学とジョージア大学の研究者らは、アメリカのウェブポータルが2014年1月から2017年4月の間に記録したデータを調査しました。

 

Marijuana Momentによると、この研究は「大麻、アルコール、タバコ産業に関する2800万以上の検索と1億2000万の広告インプレッションを含んでいます。」

 

この期間に大麻を合法化した州のデータを調査したところ、ネットでのアルコール検索数は大麻合法化直後に11%減少したことがわかりました。

 

しかし、たばこの検索数は8%増加しましたことが明らかになりました。

 

これらの結果から、研究者らは大麻の合法化が「アルコールについては検索数と広告効果が減少するが、タバコについての検索数は増加することが分かりました。

 

 したがって、大麻はアルコールの代替品と考えられますが、タバコの代替品とは考えられない。」と結論付けました。

 

「アルコール業界が大麻の合法化に懸念を抱くのは理由があるようで、もしアメリカで連邦法で大麻が合法化されれば、市場の下落を避けるためのクリエイティブな戦略が必要になるかもしれない。」

 

とジョージア大学の助教授で本研究の著者であるPengyuan Wang氏は声明で述べました。

 

実際、多くのアルコール関連企業はすでに大麻業界に参入する道を選んでおり、大麻関連企業と提携して大麻成分を注入した製品を開発したり、大麻関連のベンチャー企業の株を購入したりしています。

 

アルコール業界の中には、アルコールを完全にあきらめて、独自の大麻事業を立ち上げた人も出てきています。

 

この調査では、大麻のネット検索が、嗜好用大麻を合法化した州で17%増加したことも報告されています。

 

しかし、この検索数の増加は成人にのみで19歳以下の個人による大麻のネット検索の数は「大幅に減少」しました。

 

これらの調査結果は、大麻合法化に反対する多くの人々が主張しているように、嗜好用大麻の合法化は子どもが大麻の使用を高めないことを示す以前の研究を支持しています。

 

別の研究によると、嗜好用大麻が禁止の州で未成年の使用が増加しているにもかかわらず、嗜好用大麻が合法な州での未成年の間での大麻の使用率は8%減少しました。

 

「嗜好用大麻が合法化された後に広く世間の関心を集めているのとは対照的に、未成年は興味を得るというよりむしろ興味を失っているようだ。」

 

とWang氏は述べました。

 

まとめ

今回の研究では大麻が合法化しても未成年の使用率が減少することが明らかになりました。

 

未成年による大麻使用の増加だけを懸念している政策立案者は、今回の研究結果により、自分たちの立場を考え直したいと思うかもしれないですね。

 

 

[関連記事]ほとんどの嗜好用大麻は実際には医療目的に使用されている!?新たな調査結果

マリファナJP 大麻(マリファナ)専門のメディア
大麻に関する正しい知識、正しい情報を発信し、医療用大麻、産業用大麻、嗜好用大麻等 多岐にわたり世界中の人々から必要とされている大麻を伝える、日本人のためのメディアです。