• CBD
  • CBDについての最新注目情報を配信します。All you need to know about CBD.
  • HOME
  • 記事
  • CBD
  • 新たな研究により、大麻に含まれるカンナビノイド「CBD」が新型コロナウイルスの治療薬となる可能性
大麻草と新型コロナウイルス

新たな研究により、大麻に含まれるカンナビノイド「CBD」が新型コロナウイルスの治療薬となる可能性

新型コロナウイルスの感染拡大が続く今日、最悪の場合死に至るこの病気を治し、そして予防できる治療法が開発される日を多くの人が待ち望んでいます。そして、驚くべきことに、可能性のある治療法の中の1つは、「大麻」なのです。

今回は、大麻が新型コロナウイルスの治療薬となる可能性について解説していきます。

新たな研究によると、大麻のCBDが次なるコロナ治療薬になりうる

研究者は、コロナの治療法において様々な可能性を模索しています。一方で、大麻やCBDが重症なコロナ感染者に効くかどうかについて調査している研究者もいます。そして、研究者によって、CBDが効果的だ」とされた方法があります。

その方法を使うと、ACE2や炎症性サイトカインが減少させることによって、肺炎症に効果があり、また抗菌剤のように作用する効果もあるといいます。

しかし現状としては、実際にそのような方法を実験に移行した研究はほとんどありません。最近の研究結果によれば、「大麻由来のCBDが、コロナによって重症化した肺炎患者を救える可能性がある」という理論が裏付けられています。

ジョージア州にあるオーガスタ大学の研究者によると、ARDSや急性呼吸窮迫症候群などのような、コロナ禍において危険な症状にはCBDが効く可能性があるそうです。

この症状は、過剰な炎症反応によって起こるものであり、「サイトカインストーム」と呼ばれることもあります。研究者は、以下の様に説明しています。

「現在、対症療法のような処置以外にARDSを根本的に治す方法はないため、この複雑な症状を治療できる創造的かつ有効な治療法が早急に必要である。」

CBDは、コロナウイルスによる危険な症状の治療に使える可能性がある。研究者によると、CBDは炎症性サイトカインを減少させ、サイトカインストームを抑えることで、新型コロナウィルス感染者を治療できる可能性があるといいます。

例えば、インターロイキン(IL)-6、IL-1b、IL-17のような特定のサイトカインを減らすことで炎症を抑え、その結果、呼吸困難や傷病を治癒できるかもしれないのです。

次に紹介するのはこの理論を裏付ける実験結果です。

実験の紹介

その実験自体は、マウスを被験体として実施されました。まず、Poly(I:C)という方法により、人工的にARDSをマウスに発症させました。これは、重症なコロナ患者に見られる症状に類似しています。

これにより、サイトカインストームが発症しました。その結果、血中酸素濃度が10%減少し、マウスの肺に損傷も発生しました。そして、マウスがサイトカインストームと呼吸困難を併発した後、CBDを投与しました。すると、ARDSの治療においてCBDが効果的であることが判明したのです。

研究者は、以下の様に報告しています。

「CBDでの治療後、マウスの症状が全体的もしくは部分的に回復し、正常の状態に戻った」

大麻由来のCBDは、新型コロナウイルスによる重症な肺炎治療に役立つ可能性がある

特に、CBDを投与したマウスは、サイトカインストームの主な原因であるIL-6が減少し、さらに、他の炎症性サイトカインのレベルも低下しました。

Poly:(I:C)により炎症は悪化したが、研究者は「CBD治療により全ての炎症が回復し、ホメオスタシス(恒常性)も一部復活した」と説明しています。

さらに、CBDを投与されたマウスは、血中リンパ(感染症を抑えるために重要な白血球)のレベルも上昇しました。

研究者はこの発見に基づき、CBDはコロナのような深刻なウイルス性呼吸器感染症の治療において、免疫療法の役割がある可能性があると述べました。

研究者は、以下の様に述べています。

「CBDの抗炎症機能がサイトカインストームを減少させることにより、過剰な炎症を和らげる可能性があるという仮説を、現在あるデータで裏付けられる。また、体内に広がるエンドカンナビノイドシステムと、CBDが持つ潜在的な調節作用をふまえると、コロナやARDSのような様々な炎症の治療において、CBDが有効である可能性があると考えられる」

大麻とCBDの新型コロナウイルスへの効果には、より多くの研究が必要である 

もちろん、研究はまだ初期段階であるため、さらに多くの研究が必要です。特に、実際に新型コロナウィルスにかかった患者を対象に、この理論の実験をする必要があるでしょう。

研究者は、「この治療法をさらに拡大検証していく必要があることは間違いない」と指摘しています。CBDが有効な治療法として普及するまでには、より多くの研究結果が出るのを待つ必要があります。

しかし、少なくとも現在の研究により、CBDが将来的にARDSの治療法になるという望みは持てると言えるでしょう。

マリファナJP 国内最大の大麻総合メディア
大麻に関する正しい知識、正しい情報を発信し、医療用大麻、産業用大麻、嗜好用大麻等 多岐にわたり世界中の人々から必要とされている大麻を伝える、日本人のためのメディアです。マリファナJPでは大麻の関連の情報の発信をしていますが、大麻取締法を犯す事を「扇動、教唆、示唆、ほう助」する内容ではございません。日本では大麻の所持、栽培は違法ですので絶対に使用しないでください。

The following two tabs change content below.

K

マリファナJP代表のKです。 日本経済に新しいマーケットを誕生させると共に、日本人に大麻の素晴らしさを伝え、1人でも多くの日本人に大麻に対する正しい理解をしてもらえる様に現在活動しております。
CBDリキッドランキング

関連記事一覧