大麻を吸いながら映画を見るカップル

【ハイの時に見たいおすすめ映画14選】大麻映画を見てチルしよう

大麻を吸うと、音楽が良く聞こえたり、食べ物がいつもより美味しく感じたり、リラックスしたり集中力が増したりする効果があります。

特に集中力が上がる効果を好む人も多く、大麻を吸って仕事をしたりするとより集中でき生産性が上がるとも言われています。

その他にも大麻を吸って映画やドラマを見ると、いつもより集中し映画やドラマの世界観に引き込まれていきます。

なので大麻と映画は非常に相性が良いものになっています。日本ではあまり馴染みがありませんが、海外の映画では当たり前のように大麻を吸うシーンが登場します。大麻関連の映画を見ながら大麻を吸うと、今以上に大麻についての愛が深まり温かい気持ちになります。

そこで今回は、大麻を吸った時におすすめの映画を14選紹介していきたいと思います。もちろんブリブリで見ても面白いですし、しらふで見ても面白いので大麻好きの方には是非見てほしいです。

スモーキングハイ

この映画は大麻が大好きなわんぱくな二人組の男が、行く先々で騒動を巻き起こしていく映画です。

アメリカで制作されたコメディ映画で、とにかくおちゃめな二人組の男が大麻を吸って笑ったり勘ぐったりしていて面白いですよ。

大麻好きが大好きな420にちなんだシーンも登場します。

WEED THE PEOPLE

これは、医療大麻でがんを治療する5人の小児がん患者とその家族の物語を軸に、医療大麻を巡る社会状況や専門家の意見、サポートする人々の姿を描くドキュメンタリーです。

日本では大麻が医療用・嗜好用ともに非合法ですが、果たしてそのままでいいのか?

それを考えるきっかけになります。嗜好品として大麻を使用している人も多いですが、医療用でも非常に有効で可能性のあることがこれを見ればわかるでしょう。

グラス・イズ・グリーナー: 大麻が見たアメリカ

画像出典:Net Flix

この映画には、あの大麻好きで有名なUSラッパーのスヌープドッグが出演しています。

ジャズやヒップホップを発展させ、人種的不平等を礎とした麻薬戦争に火を付けた大麻。

その大麻をめぐる米国の紆余曲折を専門家たちが振り返ります。

この映画ではアメリカでの大麻の軌跡を知ることができます。日本と照らし合わせてみるとより楽しめますよ。

ハイスクール マリファナ大作戦

成績優秀な高校生ヘンリーは、不良の友人ブローに誘われ初めて大麻を吸う。

しかし不運なことに、翌日学校で薬物の一斉検査が行われることに。

退学を恐れた二人は、全校生徒に大麻入りブラウニーを食べさせて検査を撹乱する作戦に出るが……

この映画は、アメリカの高校生によくあるような友達に大麻を誘われて吸うという設定の爆笑学園コメディ映画です。

学校中がハイになりとても面白いですよ。

ハッパGOGO

この映画は、世界で初めて大麻を合法化した南米ウルグアイをテーマに制作されています。

合法化したのはいいものの国内に大麻がないことに気づいた大統領が、ある親子にアメリカから大麻を持って帰ってこいというミッションを出します。

そのミッションをクリアできるのか、見ているだけでハラハラドキドキする映画です。

ザ・ジェントルメン

この映画ではイギリスの麻薬王のマフィアストーリーを暴力たっぷりにコメディタッチに描写しています。

大学生がマリファナビジネスを始め、裏社会でのし上がってい行く姿が面白いです。

マリファナをはじめとするマフィアなどの裏社会のことが描かれていて社会勉強にもなりますよ。

ザ・ビーチ

この映画はレオナルドディカプリオ主演の映画です。舞台はタイ。

この映画は、新しい事をしようとしても結局、同じ事の繰り返しのリチャードが、一人の男と出会い、夢の楽園について知り、その夢の楽園を目指す映画です。

夢の楽園は、外界からは完全に遮断された場所にあり、真っ白な砂浜に、どこまでも透き通った綺麗な海、しかも大麻が大量に自生していて、朝から晩まで吸い放題だという。

この映画を見ると、大麻と自然を感じることができます。

バッドにはまるシーンもあり面白いですよ。

ファストコンボイ

この映画は、スペイン南部からパリまで車で大麻を密輸する運び屋たちの運命を描くクライムアクションです。

大麻が乗った積み荷を狙うマフィアの襲撃や警察の追跡をかわしながら目的地を目指す男たちの攻防が、迫力のカースタントと共に映し出されています。

ハーフベイクド(ミスター・ナイスガイ/保釈金大作戦)

小学生の頃に吸ったマリファナにハマった仲良し4人組。大麻を吸ってラリった挙句、馬を殺して逮捕されたケニー。

ケニーのケツを守るため、保釈金を稼ぐためマリファナを売ることを決意する。

この映画はそんなめちゃくちゃな設定で描かれています。

ゆるいコメディで非常に笑える映画となっています。

バッド・チューニング

この映画はラフィティ・コメディの快作です。

高校の新学期が始まる日、新入生には恒例の尻叩きの洗礼があり、そこから逃れようとかけ回る坊やたちを追う先輩らの珍騒動に始まり、その夜は歓迎パーティ。

ビールや麻薬でボーッとしたり、女の子を誘惑したり、、、

このような、青春を感じるような映画です。

この映画を見ると学生気分に戻れるので面白いですよ。

アリ・G

この映画は、カラーギャングが政治家になるといった設定のイギリスコメディ映画です。

大麻で平和交渉をしたり、教育改革では大麻をいくらで仕入れていくらで売れば儲かるのかを教えたりとめちゃくちゃ。

下ネタ、ドラッグネタ、政治ネタ、人種ネタありの映画ですので、下品な作品です。

そういった下品な作品が好きな方にはかなり笑える映画です。

麻てらす~よりひめ岩戸開き物語~

この映画は日本の大麻を題材にしたドキュメンタリー映画です。

日本でも、身近な植物として育てられてきた大麻。その伝統は米よりも長いと言われてます。消えようとしている日本の大麻文化を、今に、そして次世代に伝えるための映画となっています。

この映画を見れば、日本人と大麻について考えるきっかけになるはずです。

the legend of 420

この映画は、大麻をポジティブに評価し、合法化を求めるサイドから作られた映画です。

大麻の肯定的な意見を中心に話を進めていて、大麻の教材ビデオのようなドキュメンタリーです。

大麻を吸いながらこの映画を見ると、大麻の素晴らしさに改めて気づくでしょう。

東京の片隅にある奇妙なアパート「ギザギザアパート」で自堕落な共同生活を送る草太と楽人の秘密は、大麻の密売で生活していること。

ニワトリ★スター

深夜のバーでアルバイトをする草太と楽人は自堕落な共同生活を送っていた。

草太の秘密、それは大麻の半端な末端売人である事。

一般人が大麻の売人をしていたので、ヤクザから目を付けられて、、

そんな日本映画です。

現実でもありそうなストーリーで思わず感情移入してしまうぐらい面白いですよ。

まとめ

いかがだったでしょうか。今回は大麻を吸った時におすすめの映画を14選ご紹介しました。

大麻好きの方なら、大麻を吸って大麻映画を鑑賞するのもいいですよ。

大麻コメディ映画を見て笑い転げるも良し、大麻ドキュメンタリー映画を見て大麻について真面目に考えるのも良しです。

友人や家族と大麻を吸って大麻映画を見て、大麻について語り合うのもいいですね。

そうすることで大麻に対する愛がより深まっていくでしょう。

マリファナJP 国内最大の大麻総合メディア
大麻に関する正しい知識、正しい情報を発信し、医療用大麻、産業用大麻、嗜好用大麻等 多岐にわたり世界中の人々から必要とされている大麻を伝える、日本人のためのメディアです。マリファナJPでは大麻の関連の情報の発信をしていますが、大麻取締法を犯す事を「扇動、教唆、示唆、ほう助」する内容ではございません。日本では大麻の所持、栽培は違法ですので絶対に使用しないでください。

The following two tabs change content below.

Kohei

マリファナJP代表のKです。 日本経済に新しいマーケットを誕生させると共に、日本人に大麻の素晴らしさを伝え、1人でも多くの日本人に大麻に対する正しい理解をしてもらえる様に現在活動しております。
CBDリキッドランキング

関連記事一覧