• CBD
  • CBDについての最新注目情報を配信します。All you need to know about CBD.
  • HOME
  • 記事
  • CBD
  • CBDは花粉症に効果的?CBDオイルで季節の悩みの対策をしてみよう!

CBDは花粉症に効果的?CBDオイルで季節の悩みの対策をしてみよう!

毎年春になると猛威をふるう「花粉症」。

花粉症が原因で春が嫌いになるほどの人も多いのではないでしょうか。

そんな花粉症に対して、CBDが効果的かもしれないといわれており今注目を集めています。

毎年春になると憂鬱な気分になる方も多い中、CBDが花粉症に対して効果があるとなればかなり嬉しいですよね。

そこで今回はCBDの花粉症に対する効果について解説していきます。

花粉症ってどんな症状?

まずは「花粉症」について、何が原因でどんな症状が引き起こるのかについて把握していきましょう。既存の花粉症治療で採用されている方法についても解説していきます。

①花粉症の原因

花粉症は、スギやヒノキといった植物の花粉が目や鼻の粘膜に触れることで「かゆみ」「くしゃみ」「鼻水」といった症状を引き起こすアレルギー。

日本人の約25%が花粉症だといわれており、花粉が多く飛散する春の時期にかかる人が多いため「季節性アレルギー性鼻炎」とも呼ばれています。

花粉症を引き起こす植物はスギ、ヒノキ以外にも約60種類(※日本)もあるといわれており、鼻や目だけでなくのどや皮膚へのかゆみといった症状も生じます。

②花粉症のメカニズム

花粉症のメカニズムについて体内でどのような現象が起きているのかを解説します。まず、花粉が私たちの目や鼻を通じて体内に侵入してきます。

体外から入ってきた異物に対してリンパ球が抗体(IgE抗体)を作り出します。

抗体ができてから、再び花粉が体内に侵入すると、目や鼻の粘膜にある肥満細胞の表面にある抗体と結合し、肥満細胞からヒスタミンと呼ばれる化学物質が分泌することで花粉を体外へ放出しようとします。

その結果として、くしゃみや鼻水、涙といった症状が起きます。また、花粉が体内へ侵入しないよう鼻づまりを引き起こします。

③花粉症の治療法

花粉症の症状が引き起こる原因としては、体内に侵入した花粉を外に出すために、ヒスタミンが分泌されることにあります。

そのため、抗ヒスタミン剤といった治療薬を服用するのが、花粉症の一般的な治療法となっています。

しかし、抗ヒスタミン剤には副作用として眠気を伴うものも多いため、就寝前など服用するタイミングが限られます。

その他、目薬や点鼻薬など花粉症の症状を抑える医薬品もドラッグストアなどで入手することができるでしょう。

さらには、マスクやアイウェアなどを着用して花粉の侵入を防ぐ対策や、花粉の抽出液で作成した医薬品を投与することで体質を改善し、アレルギー反応を弱めるといった根本的な治療も行われています。

【参考】
花粉症ナビ:花粉症とは

CBDは花粉症に効果がある?

CBDが花粉症に効果があるのかについて解説していきます。気になる効果についてですが、CBDが花粉症自体を解消するのに効果的であるという研究結果は出ていません。

しかし、CBDの持つ効果によって花粉症の症状を緩和させる可能性については報告されています。

では、CBDのどのような作用によって花粉症の症状を緩和させるのかみていきましょう。

①CBDがヒスタミンレベルを低下させる

2015年に行われた研究では、CBDを投与することでCB1受容体を活性化させることで、肥満細胞の発現率を低下させ、ヒスタミンを放出させるのを止められることが報告されています。

CBDを摂取することで身体調整機能のエンド・カンナビノイド・システム(ECS) を活性化させ、免疫機能を調整することで、花粉に対する過敏な反応を抑えるのを助けてくれます。

そのため、CBDには花粉症の症状を抑える働きがあると期待されています。

CBDの抗炎症作用が花粉症の症状を緩和させる

CBDの代表的な効果の1つに「抗炎症作用」が挙げられます。

花粉が原因によるアレルギー反応で生じた炎症に対して、CBDを摂取することで炎症を抑え、症状を緩和してくれるといわれています。

炎症を抑え、副鼻腔を開くことによって鼻づまりを防ぐのにも役立ちます。

【参考】

THIN GREEN THE BORDER:Can cannabis be the perfect cure for hay fever?(大麻は花粉症の完璧な治療法になるのか?)

elevate:Can CBD help hay fever?(CBDは花粉症に効く?) 

CBD&CURE:CBDが花粉症に効く?マスクがない今こそ、インナーケアから始めよう

花粉症におすすめなCBD商品は?

CBDアイソレートとCBDオイル

花粉症に対してCBDが効くと考えられる理由としては「免疫機能の活性化によるヒスタミン放出の抑制」「抗炎症作用による症状の緩和」が挙げられます。

では、実際に花粉症対策としてCBDを取り入れる場合、どのようなCBD製品を選べばいいのでしょうか。

花粉症対策に向いているCBD製品について詳しくみていきましょう。

①CBDリキッドは喉や気道を刺激するので非推奨

CBDリキッドは、VAPEを使って蒸気化したものを吸引することで、肺からCBDを摂取していきます。

CBDの代表的な摂取方法ではありますが、花粉症対策という観点から見れば喉や副鼻腔を刺激してしまうため、症状の緩和には不向きです。

ただCBDを摂取するだけではなく、目的を考えた摂取方法が必要になるでしょう。

②CBDオイルなどの舌下摂取・経口摂取がおすすめ

CBDオイルなどの使った舌下摂取や経口摂取であれば、喉などに負担をかけることなくCBDを摂取することができます。

舌下摂取や経口摂取の場合、持続時間が長いという特徴もあるため、花粉症対策にも向いています。

CBDオイルをそのまま摂取するのもいいですし、好きな飲み物や食べ物に混ぜて摂取するのもおすすめです。

花粉症対策でCBDを使うときの注意点

CBDを使い始めるときは、体質に合うかどうかをよく確認するようにしてください。

CBDを始め、希釈用に使われるオリーブオイルやMCTオイル、ヘンプシードオイルなど、さまざまな原因でアレルギー反応が引き起こることが考えられます。

CBDによってアレルギー反応が生じるのは極めて稀だとはいわれていますが、初めての方は少しずつ身体の反応を確かめながら使用してください。

また、薬などを日常的に服用されている方は、使用前に医師と相談することが推奨されています。

花粉症でCBDを使ってみた人の口コミ

花粉症対策にCBDを取り入れてみた方の口コミを調査してみました。実際にCBDを使ってみて花粉症の症状がどのように変わったのか、リアルな声をみていきましょう。

実際にCBDを使っている方の中にも「花粉症の症状が楽になった」という声が多くみられました。

これは試してみる価値があるのかもしれませんね。

まとめ:花粉症でお悩みの方はCBDを試してみよう!

CBDを摂取することで体内の免疫機能を活性化し、ヒスタミンの放出を抑制することで、花粉症の症状を和らげることが研究によって報告されています。

毎年春になると花粉症のせいで憂鬱な気分になっている方は、CBDを試してみると症状を改善できるかもしれません。

今後研究が進められる中で、CBDの花粉症に対する効果もより明らかになってくると考えられるので、花粉症対策の選択肢の1つとして知っておきましょう。

マリファナJP 国内最大の大麻総合メディア
大麻に関する正しい知識、正しい情報を発信し、医療用大麻、産業用大麻、嗜好用大麻等 多岐にわたり世界中の人々から必要とされている大麻を伝える、日本人のためのメディアです。マリファナJPでは大麻の関連の情報の発信をしていますが、大麻取締法を犯す事を「扇動、教唆、示唆、ほう助」する内容ではございません。日本では大麻の所持、栽培は違法ですので絶対に使用しないでください。

The following two tabs change content below.

K

マリファナJP代表のKです。 日本経済に新しいマーケットを誕生させると共に、日本人に大麻の素晴らしさを伝え、1人でも多くの日本人に大麻に対する正しい理解をしてもらえる様に現在活動しております。

関連記事一覧