大麻を吸う男女

「10代の大麻使用、嗜好用合法化後は州ごとに9%減少」との調査結果

10代の大麻使用が嗜好用大麻合法化後に減少することが調査で明らかになりました。嗜好用大麻を合法化すれば、より多くの10代が大麻を使用することになると考えている親や社会の人々はまだ大勢います。しかし、この種の研究の中で最も大規模で最新の今回の研究は、まったく逆のことを明らかにしています。

JAMA-Pediatrics誌に発表されたこの研究は、オレゴン州、モンタナ州、カリフォルニア州、コロラド州の研究者らによって実施されました。研究チームは、医療用および嗜好用の大麻が合法的に使用されている地域の高校での調査から得られた情報に焦点を当て、1993年から2017年までのデータを収集しました。

最終的なサンプル数は全米で140万人を超えており、この調査結果は非常に信頼できる調査の1つであり、嗜好用大麻の使用を合法化した州では10代の大麻使用が9%減少したことが明らかになりました。

「医療用大麻の合法化が若者の大麻使用を促進するという証拠はありませんでした。

さらに、嗜好用大麻が合法化された後、若者の間での大麻使用が、実際には減少するかもしれないことを示しました。」

と研究者らは述べています。また、

ドラッグ・ディーラーから身分、年齢確認がある大麻薬局に取って代わり、「10代の若者が大麻を手に入れるのが、より困難になっています。」

と研究者らは述べています。論文の筆頭著者でありモンタナ州立大学の准教授であるMark Anderson氏によると、

「医療目的での大麻合法化後の十代の使用には影響がなかったが、嗜好用大麻合法化後の使用が減少する可能性を示す証拠が見つかりました。」

とAnderson氏は説明しています。同氏はCNNに対し、「これまでの研究よりも政策の多様性に基づいている。」ため、今回の調査結果は「現在までの文献で最も信頼できる」と語りました。また、「最近多くの州で嗜好用大麻を解禁する法案が可決されたため、これらの州の一部では治療後のデータが限られています。」「しかし数年以内に、より多くのデータが得られるようになれば、の推計を更新するのは理にかなっている。」とCNNに語りました。

 

失業者と比べて働いている10代は大麻を使用する可能性が大きい

大麻を吸う男女

10代の大麻使用に関する最近の別の研究では、10代が雇用されているかどうかと大麻の消費習慣との関連が明らかになりました。この研究結果はJournal of Adolescent Healthに発表され、ワシントン州立大学のDr.Janessa Graves准教授率いるワシントン州立大学の研究者らによって実施されました。

彼女と彼女のチームは、学生に過去30日間の大麻の消費について調査し、また彼らの雇用情報をまとめた2010-2016Healthy Youth Studyから得たデータを評価しました。研究者らは、嗜好用大麻が合法化されたとき、高学年の参加者の間で大麻の使用が急増したことを観測しました。この研究のもう1つの興味深い側面は、大麻の消費量が10代の労働環境に完全に依存していることです。

「私が特に強調したいのは、その多くが職場の環境にかかっているということです。」とグレーブスは説明しました。「思春期の人が働きやすい場所もありますが、すべての職場が平等に作られているわけではありません。」さらに、小売業やサービス業のようなフォーマルな職場では、あまりフォーマルでない職場で雇用されている職場と比較して10代の若者が大麻を摂取する傾向が高いことがわかりました。

しかしGravesによると、働いている10代の方が大麻をよく使用する傾向があることは驚くにあたらないといいます。彼女が驚いたのは、10代の若者と高校生の間で消費習慣に違いがあることを示すデータだった。「10代の労働者の方が大麻の使用率が高いことには驚かなかった。」と彼女は言います。

「10代の若者は大人のように振る舞うようになりますが、彼らが成人になるまで大麻を使わないことが彼らの最善の利益だということです。」と最後に彼女は語りました。

 

【関連記事】タバコをやめたい人は必見!CBDが禁煙成功のカギ

 

マリファナJP 大麻(マリファナ)専門のメディア
大麻に関する正しい知識、正しい情報を発信し、医療用大麻、産業用大麻、嗜好用大麻等 多岐にわたり世界中の人々から必要とされている大麻を伝える、日本人のためのメディアです。