アスリートと大麻の関係性:身体の回復における大麻の役割を探る

身体の回復時間を改善し、より良い結果を得るために大麻を使用するアスリートが増えてきています。かつて、大麻消費者を怠け者扱いしていた大麻の汚名は、今や過去のものとなりました。大麻は、運動競技場でも、色々な理由から、徐々に一般に受け入れられるようになってきています。

 

また、トレーニング、競技後の身体の回復を目指しているアスリートにとって、大麻には多くのメリットがあります。アスリートのトレーニングに大麻を取り入れたところ、とても良い結果が得られました。今回は、大麻がアスリートのパフォーマンスを新たな高みに引き上げる方法をいくつか紹介していきます。

大麻は間違いなく、痛みを抑えるための最も有益で副作用の少ない薬の1つです。大麻の薬効は、線維筋痛症、関節炎、椎間板変性症などさまざまな問題に苦しむ人々の痛みを緩和させるのに役立つとして、何十年も前から報じられてきました。アスリートたちは頻繁に痛みを感じています。

 

 

1日に何度も行われる過酷なトレーニングは、体に大きな負担をかけます。競技に向けて1日3回ジムに通っていると、痛みが続くことは間違いありません。ドロップセットをするときのような、トレーニング中に起こる痛みのことを言っているのではありません。

 

 

すべてのアスリートが対処しなければならない2種類の痛みについて話しています。1つは遅発性の筋肉痛です。一般的に知られている「筋肉痛」は、ほとんどの場合「遅発性筋痛」のことを指しています。

 

 

運動して数時間から数日経った後に筋肉を動かすと痛みを感じる、というのがこの種類の筋肉痛です。二つ目は老化とともに訪れる体の衰えによる痛みです。アスリートであれば、何十年にもわたって体を鍛えてきても、肉体を維持するにはそれほど簡単ではないということを知っているでしょう。

 

 

雨が降ると膝の軟骨がすり減ったり、古い肩の傷が広がったりします。いずれにしても、体にかけた負担はさまざまな形で現れます。しかし、多くのアスリートが日常的に抱えている痛みを緩和するためには、大麻の方がはるかに健康的な選択肢となります。

 

 

睡眠の質と量

筋肉を早く回復するためには、最適な睡眠栄養療法の2つが非常に重要です。大麻は睡眠の質を改善するのに非常に役立ちます。トレーニングによる筋肉の損傷は睡眠サイクルの間に修復されます。体の細胞は再利用され、さまざまなホルモンのカスケードが活性化されて筋肉が成長します。

 

 

睡眠時間や睡眠の質に悪影響があると、回復スピードが激減します。多くのアスリートは、睡眠にも非常に気を使っています。アスリートは、格闘技やボディービルのような競技に出場する前に、カロリー制限や減量をしますが、睡眠の質は損なわれてしまいます。この期間中、アスリートたちは寝つきが悪くなり、また目覚めも早くなってしまう場合があります。

 

 

大麻は、睡眠時間と睡眠の質を大幅に改善することが証明されています。アスリートが一晩ぐっすり休めば、パフォーマンスは劇的に向上します。睡眠改善に関して言えば、インディカ種の大麻がおすすめです。高THCでインディカの大麻チンキは、非常によく眠れます。グミやブラウニーなどの大麻エディブルは、余分な砂糖や脂肪が入っているため、医療用の大麻チンキ剤が良いでしょう。

 

 

食欲不振

From Medicalnote

前述したように、回復の際に考慮すべき第二の要素は適切な栄養です。一部のアスリートが直面している問題は、トレーニングで壊れた筋肉繊維を修復するのに十分な食事を1日に摂取できないことです。この超回復を助けるためにタンパク質、脂肪、炭水化物を適切な量だけ摂取しなければ、回復は不十分です。

 

大麻は、必要なカロリー摂取に苦労しているアスリートにとって、非常に役立ちます。アスリートの多くは、1日に3~7食を食べます。もちろん、これらの食事は適切な主要栄養素を効率よく摂取するため、アスリートが外に出てピザなどのジャンクフードを食べるわけではありません。

 

アスリートの中には、食欲が沸かない日などに食欲を増進させるために、高THC大麻を使用している人もいます。また、1日中食欲を維持するために、その日の早い時間にサティバ種の大麻を使用する人もいます。食欲を刺激する方法は他にもありますが、大麻の食欲増進効果は他に類を見ません。

 

食欲を増進させることが知られて