• Hot Topic
  • マリファナについての最新注目情報を配信します。All you need to know about marijuana.

大麻に含まれるカンナビノイド「CBG」「CGC」が消化器癌の細胞を死滅させることを発見

最終更新日

新たな調査研究で、2種類の非精神活性化合物カンナビノイドが、ヒトの消化管がん細胞の殺傷に役立つ可能性があることが明らかになりました。

イスラエルの研究開発部門を持つ米国の医療用大麻企業、「Cannabics Pharmaceuticals」は、CBC(カンナビクロメン)とCBG(カンナビゲロール)が腫瘍を壊すのに役立つ可能性のある前臨床試験の結果を発表しました。

この試験は、イスラエルにある同社のHigh Throughput Screening(HTS)研究所施設で実施され、CBCおよびCBGは、他のカンナビノイドと比較して、ヒトの消化器癌細胞の壊死率を大幅に増加させることがわかりました。

CannabicsのCTOで共同創設者のDr.Eyal Ballan氏は声明で以下の様に述べました。

「消化器の癌は、世界中でがんに関連した死亡の主な原因であり、最も広まっています。私たちは今回の研究で得た結果に興味を持っており、この器官系に重点を置くことを検討し、カンナビノイドの異なる抗腫瘍特性をさらに調査します。」

この研究では、CBGが、酸性型のCBGAよりもヒトの胃や骨の癌細胞に対して強い抗腫瘍効果を示すことも明らかになりました。

Cannabics社のカンナビジオール研究責任者であるYaakov Waksman博士は、以下の様に考えています。

「中性カンナビノイドであるCBCとCBGには、カンナビノイド分子が、がん細胞の膜を貫通できますが、酸性型(CBCA、CBGA)では貫通できない。これは、実証された抗腫瘍活性率の違いを説明することができます。」

多くの人は、最も広く研究されているカンナビノイドである「THC」と「CBD」を知っていますが、大麻には他にも多くの天然化合物があり、その多くは、独特の健康効果があります。

CBC(カンナビクロメン)は、抗菌、抗炎症および鎮痛特性を持つ

CBCは、CBDと同様、非精神活性化合物であり多くは若い大麻に発生しますが、少量です。

また、予備研究では、CBCが抗菌、抗炎症および鎮痛特性を持つことが分かっています。

CBG(カンナビゲロール)は、抗菌性、抗炎症性、および腫瘍殺傷特性を持つ

大麻には、CBCの他にもCBGが微量に含まれています。

CBGは、CBCと同様、非精神活性化合物であり、抗菌性、抗炎症性、および腫瘍殺傷特性を持つことが分かっています。

最近の研究では、CBGが世界中の病院で多くの患者に感染している耐性菌「スーパーバグ」を殺すのに役立つことも発見されました。

CBGは、その潜在的な治療特性のため、近年科学界により多くの関心を集めています。

Waksman氏は最後に以下の様に締めくくりました。

「今回の予備研究の結果は、カンナビノイドが抗腫瘍活性をもたらす可能性があり、カンナビノイド抽出物の周辺効果を調べることを可能にします。」

CBG、CBGが消化器がん患者の治療に有効かどうかをさらに調査する追加の臨床試験を実施する予定です。

大麻に関する研究は、まだ始まったばかりです。今後、さらに多くの大麻に関連する研究結果がどんどん出てくるでしょう。

大麻はまだまだ未知なる可能性を秘めています。今後の研究に期待ですね。

MarijuanaJP|マリファナJP 国内最大の大麻総合メディア
大麻に関する正しい知識、正しい情報を発信し、医療用大麻、産業用大麻、嗜好用大麻等 多岐にわたり世界中の人々から必要とされている大麻を伝える、日本人のためのメディアです。マリファナJPでは大麻の関連の情報の発信をしていますが、大麻取締法を犯す事を「扇動、教唆、示唆、ほう助」する内容ではございません。日本では大麻の所持、栽培は違法ですので絶対に使用しないでください。

 

The following two tabs change content below.

K

マリファナJP代表のKです。 日本経済に新しいマーケットを誕生させると共に、日本人に大麻の素晴らしさを伝え、1人でも多くの日本人に大麻に対する正しい理解をしてもらえる様に現在活動しております。

関連記事一覧

  1. この記事へのコメントはありません。