• ニュース
  • 大麻関連の最新注目ニュースを配信します。
大麻と測り

2018年医療用大麻の売り上げが41%UP!~アメリカ・アリゾナ州~

株価

また、約61トンの医療用大麻用品がアメリカ国内で消費されています。

 

大麻のバッズの売り上げは40%上昇しており、”エディブル”や”ワックス”等の加工品にいたっては55%上昇しています。

 

医療用大麻の使用患者の登録者数よりも早く大麻製品の売り上げがUPしている!?

医師

現在の医療用大麻を利用できる患者は推定186,000人以上と言われています。

 

2010年にアリゾナ州の医療用大麻の合法化の議論に携わった医師のハンブル氏は「患者の上昇と売り上げの上昇は普通の大麻利用者が皆必要以上に大麻を使用しているわけではない。

 

一部の患者たちが大量に買っている一方で、もう買う必要もないと考えている人もいる」と話しています。

 

医療用大麻を利用できる患者は州のディスペンサリーで大麻を買わずに、闇市を利用して購入する者が多くいます。

 

また、患者の多くは医療用大麻を利用できるライセンスを法の盾としています。

 

この情報はどこまで正確なのか?

笑顔の男性

アリゾナ州の薬局連合の議案院外陳情者であるデメンナ氏は「大麻のバッズのみであれば、量を測ることは容易だから、”エディブル”や”ワックス”などの加工品に使われている大麻の量を計算するのは非常に困難だ。」

 

と述べています。

 

医療用大麻の使用許可カードを発行するには、患者は医師に許可証をもらうために$100〜$200を支払い、国にも$150を支払う必要があります。

 

これらの料金にも関わらず患者が増加しているということは、医療用大麻がアリゾナ州がいかに人気であるかを示しています。

 

医師と国に合わせて約$300ドルを払った、約20万人の患者は合法的にこの製品を利用することができます。

 

アリゾナ州薬局連合の委託を受けたRounds Consulting Groupによる6月の調査によると、州の医療用大麻業界の売上上昇率は現在の段階から落ちるものの、2027年までは年間10%を超えると予測されています。

 

参照

【関連記事】遅かれ早かれ、Amazonが大麻産業に参入する日は必ずやってくる。

マリファナJP 大麻(マリファナ)専門のメディア

大麻に関する正しい知識、正しい情報を発信し、医療用大麻、産業用大麻、嗜好用大麻等 多岐にわたり世界中の人々から必要とされている大麻を伝える、日本人のためのメディアです。

関連記事一覧

  1. この記事へのコメントはありません。