• Hot Topic
  • マリファナについての最新注目情報を配信します。All you need to know about marijuana.

大麻が環境問題を解決?大麻が秘める未知なる可能性

大麻は、産業、医療、嗜好など多岐に渡り人々に利用されています。大麻は、地球にも優しく、ヘンプ栽培は、地球温暖化に対処するコストの安い方法だと言われています。また、大規模な植林も、気候危機に対処するための安価で効率的な方法だと言われています。英ガーディアン紙は7月5日の記事で、サイエンス誌に掲載された新たな分析を引用しています。著者は次のように説明しています。

樹木は成長するにつれて、地球温暖化の原因となっている二酸化炭素を吸収し、貯蔵します。新たな研究によると、世界規模の植林プロジェクトによって、人間の活動によって大気中に排出された排出量の3分の2が除去される可能性があると推定されており、この推測は大きな反響を呼びました。

森林再生は、大量の種の絶滅と環境汚染という重大な問題にも対処するものであり、それらの効果は十分に実証されています。ミシガン大学が2012年に行った調査では、生物多様性が失われた場合、生態系に及ぼす影響は、気候変動や汚染と同程度であることが明らかになりました。森林は多様な形で植物や動物の生命を保護し、樹木は、温室効果ガス(二酸化炭素)を吸収し、葉は、大気汚染の原因となる二酸化窒素やオゾン、ディーゼル車や料理、木材を燃やすことなどで出る有害物質を浄化する効果があると知られています。

今回のサイエンス誌7月号に掲載された分析レビューでは、耕作地や都市部を侵食することなく、世界中で何本の木を新たに植えることができるかが算出されました。調査の結果、17億ヘクタール(1700万㎢)の土地に樹木のない土地があり、そこに、樹木の苗木1兆2000億本を植林可能なことが明らかになりました。この分析によると最も効率的な方法を用いれば、1兆本の樹木を、わずか300億ドルで復元が可能と分かっています。

ガーディアン紙は、スイスのチューリッヒ工科大学のトム・クラウザー教授の言葉を引用して、以下の様に述べました。

「私の心を打つのはその規模です。植林プロジェクトは、トップ10に入るだろうと思っていましたが、他のすべての対策よりも圧倒的に強力です。」

このように述べ、これまで提案された解決策の中で、一番安いと述べました。しかしながら、以下の様にも述べています。

気候危機の解決策としての森林再生の主な欠点は、樹木の成長が遅いことです。このプロジェクトは、森林が十分な炭素隔離の能力に成長するまでに、50〜100年かかる可能性があります。

今回の記事では、大麻が秘める未知なる可能性について説明していきます。

そもそもヘンプ(産業用大麻)とは??

産業用大麻

ヘンプの語源は、古いドイツ語でHanap、Hamprなどの言葉が変化したものです。ヘンプと聞くと、現在は大麻の総称になっていますが、もともとは、大麻から精製される麻などを指していました。また、ヘンプは、大麻のサティバファミリーの一種という意味合いもあります。

ヘンプは、嗜好用で使用することは少なく、産業用として使われることが多くなっています。例えば、人工スポンジやケーブル・リネン・紙・ロープなどに加工されて利用されます。また、ヘンプは、テトラヒドロカンナビノール(THC)含有量が0.3%未満の大麻であり、摂取しても嗜好用大麻のように「ハイ」になる、精神活性効果は、ほとんどありません。

最近では、ヘンプに鎮痛効果や抗炎症性効果があることが研究で分かってきており、医療用として使われます。つまり、ヘンプは医療や産業などに利用される大麻のことを言います。

ヘンプ(産業用大麻)は、植林より低コストで迅速かつ効率的な代替法

木

幸いなことに、植林よりさらに、安価で迅速かつ効率的な代替法が存在します。この代替法は、アメリカで、約一世紀にわたって規制されてきましたが、トランプ大統領が、2018年の農業改善法に署名したことにより、全国規模で合法化されました。これは、繊維、布、油、食品などの目的で栽培され、向精神作用を引き起こさないヘンプ(産業用大麻)と呼ばれています。

ヘンプは、100日間で約4メートルにまで成長するため、CO2をバイオマスに変換するツールとしては最速の部類に入ります。ヘンプは、森林や商品作物よりも1ヘクタール当たりのCO2吸収量が多く、理想的な炭素吸収源であることが証明されています。さらにヘンプは、少量の水と肥料、栄養の乏しい土壌でも広範囲に栽培が可能です。

またヘンプは、ヘンププラスチックとしても有能です。ヘンププラスチックは、ヘンプを使用して作られたバイオプラスチックです。ヘンププラスチックは、リサイクル可能であり、100%生物分解性で製造ができます。石油ベースのプラスチックをヘンププラスチックに代替えすることで生物多様性を促進し、環境汚染を抑制できます。プラスチックは、今では毎分ごみ収集車1台分のゴミが海に投棄されています。

なお、毎年100万匹の海鳥がプラスチックを摂取して死んでおり、90%もの海鳥の腸内にプラスチックが確認されています。マイクロプラスチック(微小なプラスチック粒子)とマイクロビーズ(化粧品、洗顔剤、ボディーソープに含まれる微細なプラスチック粒子)は海のスモッグとも呼ばれていますが、これらのMP(マイクロプラスチック)は、ダイオキシン類やポリ塩化ビフェニール等の有害な化学物質を吸着し、それを食べた魚の体内に蓄積され、最終的には食物連鎖で人間の体内に入ります。

繊維、バイオ燃料としても優秀なヘンプ

大麻

繊維産業も環境汚染が懸念されている産業です。繊維産業であるファッション業界では、CO2排出量が、増加の一途をたどっており、2030年にはCO2排出量が約20億8000万トンになると予測されています。この数字は、年間2億3000万台の車から排出されるCO2の量に匹敵します。

また化学物質も多く使用しているため、染色の際の重金属などの化学物質が海や川を汚染しており、淡水の汚染の20%が、織物加工と染色によるという調査結果もあります。さらに、水も大量に使用しており、Tシャツ一枚を作るために必要な水の量は、2720ℓと言われています。一方ヘンプは、最小限の水で育てられ、有毒な化学物質を使わずに繊維を作ることができます。

さらには、化石燃料の燃焼による環境汚染をも、ヘンプによって改善することができます。ヘンプは、バイオ燃料としての小麦やトウモロコシよりも効率的で環境に優しく、ヘンプ栽培は、土壌の生物多様性を促進し、有害な化学物質の使用で枯渇していた農地を再生させます。

ヘンプは、「雑草」のように生命力が強く、殺虫剤や除草剤を使用せずとも、至るところで成長できます。大部分の林業プロジェクトとは異なり、ヘンプは既存の農地で栽培が可能で、農場の輪作の一部として含まれ、その後の作物の収穫量と利益にプラスの影響を与えます。

ヘンプ栽培は、自己資金で運営可能

お金

ヘンプ栽培は他にも多くの点で利益をもたらしています。ヘンプは、収益性が高いため、環境危機に対する自己資金による解決が植林と比べ容易となっています。2019年4月にフォーブス誌に掲載された「ヘンプは石油化学製品への依存の解決策」という記事によると、ヘンプの収益は、1エーカー(約4,000平方メートル)当たり2万ドルから5万ドル(日本円にして約210万から525万)の範囲だと書かれています。ヘンプは、収益性、収穫量が他の農作物と比べ安定しているため、ヘンプ栽培は、政府の補助金なしでも運営が可能です。

さらに大麻は、燃料だけでなく、プラスチック、繊維、建設資材など、石油化学製品への依存を断ち切ることができます。実際には、数千年もの間、大麻は、産業用や医療用に栽培されてきましたが、今日では、何百もの国で合法的にヘンプ(産業用大麻)が栽培されています。Popular Mechanicsの1938年の記事によると、大麻が全面的に禁止となる以前のアメリカでは、ヘンプは、十億ドルの作物(現在の約160億ドル相当)であり、ダイナマイトからセロファンまで25,000種類の製品に使われていると主張していました。

燃料からスモッグを除去したり、原子力に取って代わるクリーンなエネルギー源を作ったり、土壌から放射性水を除去したり、人間や動物に栄養価の高い食物源を提供したりといった新しい利用法が次々と発見されています。大麻の主成分の一つであるでCBD(カンナビジオール)は、現在アメリカで流行しているオピオイド依存症の治療に役立つことが明らかになっています。

また、紙パルプ用に伐採する必要がなくなるため、森林の減少を防ぐこともできます。USDAの研究によると、ヘンプに植えられた1エーカー当たりのパルプ生産量は、4.1エーカーの木のパルプと同じくらいに生産が可能だといいます。さらに、ヘンプは、木と違い年に2、3回収穫でき、ヘンプで作られたの紙も、木の紙よりも細く、丈夫で長持ちすると言われています。ヘンプは、1883年まではアメリカ最大の農作物であり、世界の紙の80~90%がヘンプを原料としていました。またほとんどの織物、石鹸、燃料、繊維がヘンプを材料として作られていました。

当時のアメリカでは、帆船が製造されていたため、海運業を営むどの国にとっても欠かせない資源でした。初期のアメリカでは、ヘンプの栽培は非常に重要と考えられていたため、農家がヘンプを栽培しないことは違法でした。さらにヘンプは、1631年から1800年初頭まで法定通貨であり、税金を支払うことさえできました。

ヘンプは、競合相手によって違法になった?

やめる

この非常に有効的なヘンプは、他の産業に脅威を与えたことにより、アメリカで1930年代に根拠のない非合法化をもたらした主な要因であった可能性があります。ヘンプは、大麻と違い、向精神作用が非常に少ないため、ハイになることはありません。にもかかわらず、ヘンプは、大麻と同じ植物種であるという理由だけで、1世紀近く禁止され、1930年代にあらゆる形で非難されました。

なぜなら、ヘンプは木材産業だけでなく、石油産業、綿産業、石油化学産業、製薬産業とも競合しました。これらの強力な競争相手によって抑圧されたのではないかと多くの人が推測しています。アメリカの新聞王ウィリアム・ランドルフ・ハーストは、広大な森林地帯を所有しており、その森林地帯を木材パルプ紙の製造に利用しようとしていました。そうなれば、安価なヘンプを原料とする紙は、彼の事業で大きな損失になります。

また、彼は、製紙工程で使用される木材パルプの漂白や、加工に必要な薬品を供給したデュポン社と提携しました。デュポンはまた、ナイロンなどの石油系繊維を導入する準備をしており、ヘンプ繊維は新しい市場と競争していました。

事実、ヘンプは石油産業全体を脅かしました。ヘンリー・フォードは当初、バイオ燃料を原料とするアルコールで走る車を設計していましたが、アルコールと大麻の両方が違法とされたため、今日の産業を支配している、汚染され効率の悪い化石燃料に切り替えることを余儀なくされました。バイオ燃料をベースとするインフラは、分散型の電力網を構築し、巨大な電力会社を頼る必要がなくなるといいます。

まとめ

今回紹介した話は、いずれも新しいニュースではありません。しかしヘンプの歴史家たちは、何十年もの間、ヘンプの無数の使用法と無意味な禁止法について発言していました。先進技術に頼った解決策について議論をするのも良いと思いますが、個人的意見としましては、自然の植物による解決策で土壌、森林、海洋を再生する必要があると思います。

(Jack Herer著『The Emperor Wears No Clothes』 (1992年) 参照;「Hemp for Victory:A Global Warming Solution」 (Richard Davis著、2009年) 。)

MarijuanaJP|マリファナJP 国内最大の大麻総合メディア
大麻に関する正しい知識、正しい情報を発信し、医療用大麻、産業用大麻、嗜好用大麻等 多岐にわたり世界中の人々から必要とされている大麻を伝える、日本人のためのメディアです。マリファナJPでは大麻の関連の情報の発信をしていますが、大麻取締法を犯す事を「扇動、教唆、示唆、ほう助」する内容ではございません。日本では大麻の所持、栽培は違法ですので絶対に使用しないでください。

 

The following two tabs change content below.

K

マリファナJP代表のKです。 日本経済に新しいマーケットを誕生させると共に、日本人に大麻の素晴らしさを伝え、1人でも多くの日本人に大麻に対する正しい理解をしてもらえる様に現在活動しております。
CURA セレクトCBDオイル1000mg
【2020年版】世界中の大麻愛好家が集まる、大麻に寛容なアメリカのホテル8選

関連記事一覧

  1. この記事へのコメントはありません。