• NEWS
  • マリファナ(大麻)関連の最新注目ニュースを配信 Hot topic news about marijuana
株価

2019年アメリカで注目されている大麻関連企業株TOP3

2018年は主にカナダの大麻関連企業に注目がありましたが2019年は、アメリカに注目が集まっています。

たばこやアルコールに次いで合法的な嗜好品として拡大が期待できるビジネスでもあるため、アメリカ市場で取引をしている方は必見です。

今回はその中でも2019年注目されているアメリカの大麻関連企業TOP3を紹介していきたいと思います。

 

大麻関連企業
From ftmig
大麻関連企業
From ftmig

アメリカでCBDを使った健康商品をメインで販売していて、アメリカで群を抜いて1位をとってる大麻関連企業です。

2018年の第3四半期に4800万ドルの売上を記録し、前年同期比で75%の増加となりました。同社はまた、この期間中に870万ドルの利益を計上し、2017年の最初の3四半期から71%の増加となりました。

キャロッツウェブホールディングスの製品は、アメリカで大麻の合法化を行うことで小売店や消​​費者にさらに広く受け入れられる可能性があります。さらに、同社はそのラインナップを飲料、動物栄養、その他の健康関連製品に拡大する予定です。

 

2.Liberty Health Sciences リバティーヘルスサイエンス社

大麻関連企業
From terpenesandtesting
大麻栽培工場
From puffpuffpost

 

リバティーヘルスサイエンス社は、元々は、カナダのマリファナ関連会社ですがアメリカ市場で上場していまして、リバティーヘルスサイエンス社はフロリダ州で市場シェア15% を獲得しています。

2019年に工場と販売店360店を完成予定で、市場シェアはさらに増加が予想されています。

Arcview Market Research and BDS Analyticsによると、フロリダで州の医療用大麻の市場は17億ドルになると予想をしています。

同社はフロリダ州に正式に許可の得ている14店舗ある調剤薬局のうちの一店舗を保有していて、さらに同社が2019年、Liberty 360という調剤薬局を立ち上げ、開店すればさらに市場シェアは大幅に拡大する可能性があります。

さらに同社は、オハイオ州で販売店を増やす予定を発表してます。

また、プレミアムラインのCBD商品をアスレチック、健康、ペット、美容用にカテゴリーを分け、それぞれの販売を拡大していく予定だと発表しています。



3.Scotts Miracle-Gro スコット ミラクル グロー社

大麻関連企業CEO
From forbes
大麻関連企業
From finance

 

同社は、Hydroponicsという農業方法で大麻の育成を早めることに成功しています。

2018年の始まりでは株価の動きが激しかったですが、2019年は急成長を予想されています。

2019年1月現在、アメリカでは11州で嗜好用大麻が合法となっており、33の州で医療用大麻が合法となっている。

ミシガン州が投票により嗜好品の合法化が可決され、イリノイ州、ニュージャージー州、ニューヨーク州でも近い未来で合法化すると予想されている。

これらの州を合わせると、カルフォルニア集の人口を超えており、さらなる増収が見込まれています。また本業であるガーデニング製品の売り上げも好調です。

 

 

まとめ


 

米国は大麻(マリファナ)を正式に合法化していますが、食品医薬品局は依然としてCBDを規制する権限を持っています。

CBDに大しての法律はまだはっきりしていないため、いつどう変わってもおかしくありません。

食品医薬品局が、キャロッツウェブホールディングス社

やリバティーヘルスサイエンス社のような企業の見通しを覆す様な発表をする可能性もあります。

今後のアメリカ政府の対応にも引き続き注目するべきですね。

 

【関連記事】大麻ビジネスに参入しているアメリカンセレブ


マリファナJP 大麻(マリファナ)専門のメディア

大麻に関する正しい知識、正しい情報を発信し、医療用大麻、産業用大麻、嗜好用大麻等 多岐にわたり世界中の人々から必要とされている大麻を伝える、日本人のためのメディアです。

The following two tabs change content below.

K

マリファナJP代表のKです。 日本経済に新しいマーケットを誕生させると共に、日本人に大麻の素晴らしさを伝え、1人でも多くの日本人に大麻に対する正しい理解をしてもらえる様に現在活動しております。

関連記事一覧

  1. この記事へのコメントはありません。